復縁後の記念日はどうする?数え方や決め方、距離の縮め方を紹介!
3692 Point
更新

復縁後の記念日はどうする?数え方や決め方、距離の縮め方を紹介!

復縁後の記念日はどうする?復縁したカップルの場合は、付き合い始めた日が2つありますよね。一体どの日を記念日にすればよいのでしょうか?数え方や決め方、距離の縮め方をご紹介!

復縁後は、大切な記念日はいつにするか、改めて決めることがおすすめ。 彼と長続きするためにもしておきたいことです。 記念日の数え方や決め方にあわせて、距離の縮め方もご紹介します。

一度別れてまたよりを戻したカップルの場合は、付き合い始めた日が2つあります。 一体どの日を記念日にすればよいのでしょうか?

自分だけで勝手に決める、友人に意見を聞いてみて決める、なども考えられますが、相手とよく話し合って、互いに納得した日に決めるのがベストでしょう。

復縁した場合記念日はいつ?

alt:カップル手つなぎ

pexels.com

一度別れて復縁したときには、記念日はいつにするのがいいのでしょうか?復縁してから、記念日をいつにするかには、さまざまな決め方があります。

復縁前にはじめて付き合った日をそのまま記念日としてあつかう、または復縁前のことはカウントせずに、復縁した日からスタートの気持ちを込めて記念日として設定する。 そのどちらでもなく、はじめてお互いが知り合った日にする、の3つの候補があげられますが、いったいどれにするのが一番いいのでしょうか?

付き合った日にすると、2つのうちどちらにするか迷ってしまうので、2人がはじめて出会った日にするというのもいいかもしれませんね。

付き合い始めた日

はじめてお付き合いを始めたときを記念日にする、というのもひとつの選択です。 復縁したカップルには、ふたりが付き合い始めた日が2回あるわけですから、どちらの日にするか非常に迷うところでしょう。

何らかの理由で別れはしたけど、やっぱりお互いが必要だと感じ復縁し、初心を忘れないためにも、別れる前のはじめて付き合った日を記念日としてあつかうというというのが一番スタンダードかもしれません。

こうすることによって、交際を始めた頃のフレッシュな気持ちを思い出すことができるかもしれませんね。

ふたりがお付き合いを始めたときの新鮮な気持ちを忘れたくないというカップルに多い選択です。

復縁した日

記念日を復縁した日にする、というのも、選択肢のひとつだといえます。 一度別れたけれども、気持ちを新たにしてより強い絆で結ばれたと考える場合に、この日を選ぶことが多いようですね。

これは、はじめて付き合ったときよりも、一度別れたあとまた交際を始めたときの気持ちの方が大切だと考えているから。

一度別れることを決めたけれども、その後またどうしても交際したいという気持ちに至ったということ、それだけふたりがお互いを必要としていたということにフォーカスを当てているのです。

その気持ちに気づき、それを実際に行動に移したその日を記念日にしようということなのです。

二人が思い入れのある日

二人が思い入れのある日を記念日にするというのもいいかもしれません。 その場合、はじめて会った日、はじめてキスした日など思い入れの強い日ならいつでもいいでしょう。

思い入れの強い日というのがポイントです。 お互いに絶対忘れられない日、すぐに思い出せる日、がよいと思います。 長く付き合っていれば、そのような日がいくつかあるのではないでしょうか?

せっかく別れを乗り越えてまた付き合い始めたのですから、またすぐに別れたくないはずです。

お互いに絶対忘れられない日をふたりの新たな記念日にして大切にすることによって、絆がより強まり、より長く交際していけることでしょう。

二人で相談して決めた日

二人で相談して決めた日、というのもありかもしれません。 区切りをつけるために、二人で相談し納得し合って決めた日でもよいでしょう。 たとえば、当初の記念日と復縁日の中間などです。

お互いが納得できれば、いつでもいいともいえます。 季節の変わり目はイベントが少ないですから、その頃にふたりが納得できるエピソードがあった日があれば、その日にしてもいいかもしれませんね。

いずれにせよ、ふたりの気持ちがピッタリ重なり合うことが大切です。

片方だけの思い込みにすぎなかったり、片方がもう片方に無理やり押し付けたようなものだったりだと無理があります。 互いに大切にしたいと納得した日がよいでしょう。

復縁後の記念日の数え方はどうする?

alt:手つなぎ

pexels.com

それでは、復縁後の記念日の数え方はどのようにしたらいいのでしょうか? 別れていた期間の日数を入れるかどうかなど、記念日の数え方についてご紹介していきたいと思います。

復縁後、記念日をいつにしたらいいかわからないときは、すべてリセットして新たに数え直すのがいいかもしれません。

新たな記念日を復縁した日に定めて、これまで交際していた期間は考慮に入れず、新たに数える数え方です。

復縁した日から数え直す

復縁した日から数え直す、というのもひとつの方法です。 復縁を新たな区切りとした場合、過去に付き合っていた期間のことは考えず、ゼロから数え直すやり方です。

別れる前に付き合っていたときのことよりも、復縁した後、これからをより大切にしていこうという考えが表れています。

大事なのは、過去よりも現在と未来なのです。 過去も含めて数えると、思い出したくない嫌なことまで思い出してしまうかもしれません。

ふたりの再出発の日を大切にし、これからもっと素晴らしい時間を共に過ごしていこうと思っているカップルにピッタリの数え方ではないでしょうか?

復縁前から続けて数える

復縁前から続けて数えるのも、ひとつの方法です。 別れていた時間も2人のために必要だった時間と考えるときには、この方法がいいかもしれません。

復縁後のこれから、だけでなく、はじめて付き合い始めた頃、別れていた間も含め、ふたりが出会ってからのすべての時間を大切で必要なものだったと考える場合になります。

嫌なことを思い出してしまう可能性よりも、過去にふたりが共に過ごした時間を大切にしたい気持ちの方が大きい場合です。

一度別れてしまっても、別れる前の思い出は美しいままなのです。 復縁したあとも、ふたりが共に過ごしたすべての時間を大切にしていこうとお互いが納得した場合にいい方法ですね。

二人が納得していれば問題ない

どの方法をとるにせよ、ふたりが納得していれば問題ないということですね。 数え方に決まりはないため、ふたりがよいと思う方法であればベストであるといえます。

問題になるのは、ふたりの気持ちが不一致の場合です。 片方が、相手の気持ちを無視して強引に決めてしまったり、片方が相手の気持ちを勘違いしたりしていた場合などになります。

大切なことは、ふたりでよく話し合い、お互いの気持ちをよく確認することです。 お互いに納得がいくまで、何度でも話し合う時間をとりましょう。

長く付き合っているからといって、何も言わなくてもわかり合えるというわけではないのですから。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー