好き同士なのに別れる理由。男性心理と辛い別れを乗り越える方法も紹介

好き同士なのに別れる理由。男性心理と辛い別れを乗り越える方法も紹介

カップル

好き同士だけど別れた方がよいケース

離れていく男性

好きであっても、別れた方が良いケースも存在します。 不倫関係にある、将来のビジョンが違う、精神的に辛い、恋人がいることで成長ができない、などの場合です。

不倫関係の恋愛では、周りの人を巻き込んで不幸になることが多いです。 将来のビジョンがあまりにも異なっている場合では両者が、付き合っていくことが精神的に辛い場合では、片方が我慢を続けることになるでしょう。 恋人がいることで成長できない場合は、状況次第で一旦は別れることが必要になるでしょう。

将来の見えない恋愛

将来の見えない結婚と聞くと非常に寂しい響きがありますが、好きになってしまった場合はどうしようもありません。 ただ、今、目の前の恋が必ずしもうまくいくわけではないことは覚悟しておく必要があります。 特にどちらか、もしくはその両方が既婚者である場合は、大きな覚悟と決断が必要になる時期が必ず来ます。

ただどのような事情があるにせよ、不倫関係は肯定されるものではないと知っておくことが大切。 どちらかが不倫関係を続けることに罪悪感や不安感を感じ、別れるという決意をしたのならそれを認め受け入れましょう。

多くの場合、必ず誰かが傷つくことになるでしょう。 あなたが傷つく、誰かを傷つける前に別の道を探す方が賢明です。

結婚や子育てなどに関する考え方が違い過ぎる

人はそれぞれ価値観や考えが違って当然ですが、結婚や子供をつくるとなると大きく話が変わってきます。 また、今、お付き合いしている相手と将来的なビジョンまで見据えるとなおさらです。 それは、お互いのライフスタイルや人生設計にも大きく影響してきます。

仕事を続けたいと考える女性と育児に専念してほしいと考える男性。 逆に男性に仕事をしてもらい、女性が家庭に入りたいという方もいるでしょう。 男性が育児や家庭のことに積極的かどうかも大きく影響してきます。

二人の意見の違いははじめのうちは我慢できたとしても将来的に大きなほころびとなります。 どちらかが我慢・妥協しても幸せになるのは難しいためお互いが幸せでいられる相手を見つけてください。

精神的に辛い・疲れた

お互いの異性への交遊関係、金銭感覚、他人への接し方、社会常識の有無など、好きな気持ちはあるが価値観の違いや問題点が多すぎて、どちらかが常に我慢ばかりしている関係もあります。 相手の問題点よりも好きな気持ちの方が大きい場合は、寛大な心で許せることもあるでしょう。

相手の駄目なところを許すことで、愛している(されている)喜びを感じることもできます。

一方で、相手と自分の違う点ばかりが目に付くようになり始めると、その感情は大きく変化します。 これまで我慢してきたことができなくなりはじめ、相手に対して苛立ちを感じるようになります。 好きだという気持ちがあるにしても、一方的にストレスを感じ続けるのには限度がありますので、最悪な関係になる前に別れてしまった方が幸せな場合もあるでしょう。

恋人でいることでお互いが成長できない

恋人でい続けることでお互いが成長できないケースもあります。 中には、一緒にいることで成長はおろか、さまざまな面でマイナスの方向に進んでしまうカップルもいます。 一緒にいる時間が大切すぎて友達をおろそかにして友情関係を壊したり、相手のことを考えるばかりで仕事に力が入らず降格、離職してしまったり、付き合いを反対する家族との仲が決裂してしまうことも。

いくら好きでも、一緒にいて成長できない相手と関係を続けていけば、いずれ後悔することになります。 くわえて、恋人がいないことが寂しいからとりあえず付き合っているなど、何となく続いている関係ではとても幸せは望めないかも。 あなたの時間は有限で人生もかけがえのないものです。大切にしましょう。

好き同士で別れる辛さの対処法

並んで座る男女

お互いに好きな感情があるのに別れるのはとても辛いことです。 ここではその乗り越え方、対処法をご紹介します。 なぜ別れるのかをきちんと考え納得する、一緒にいることのデメリットを考える、自分の時間を充実させる、新しい出会いを求めるなどの方法で、別れたあとの気持ちの整理、気持ちの切り替えを行っていきましょう。

なぜ別れるのかをきちんと考えて納得する

別れたあとに前に進むためには、なぜ別れるのかをきちんと考えて納得しておく必要があります。 別れることになった理由にもいろいろな要因があります。 理由が一つでないこともあるでしょう。

お互いの立場の違いにより女性側と、男性側の理由が異なることも。 別れることになったきっかけに気が回らずそのときの感情に押しつぶされたり、傷つくことを恐れ理由をあいまいにしたり、そのような状態では前に進むことはできません。

男性から別れ話を切り出されたとき、ショックで呆然とするのではなく、男性側の立場や状況、その言葉を口にしなければならなかった心情を考えてみる必要があります。

その瞬間、その言葉に反応するではなく、お互いがお互いを理解し、尊重した結果であればきっと前に踏み出す鍵となります

一緒にいることのデメリットを考える

好きなままなのに別れる場合、未練ばかりが先行します。 そのときに有効なのは、一緒にいることのデメリットが何かを整理して考えることです。

恋愛関係を続けていけば友人や家族をないがしろにしてしまう、趣味や仕事に心から打ちこむことができず失敗を繰り返してしまう、会うと喧嘩になってしまいイライラが募ってしまう、金銭的・時間的・精神的な余裕がなくなってしまう、付き合っていると相手の嫌な面ばかり見えてくるなど、そのときどきの状況に応じてさまざまなデメリットがあります。

どんなに相性の良いカップルであっても、全く不満のないカップルはいるでしょうか。 別れるまでに、この人と付き合っていくことのデメリットを整理しておくことで、別れの寂しさを埋めることができます。

自分の時間を充実させる

別れは辛く、苦しいものです。 その心の隙間を埋めるには、自分の時間を充実させることが一番です。 友達と女子トークや女子会で盛り上がって寂しさを紛らわせる、傷心旅行に出かけてリフレッシュをはかる、夢中になれる趣味に打ち込むなどです。

友達と話すことで自分の気持ちや感情が整理されたり、明るい雰囲気で気分を上向きにしたりすることができます。

旅行に出かけるのも良い手です。 思い切って遠くに旅行に行くと、いつもと違う場所での新鮮さも味わえますし、まだ見ぬ景色に感動することもあるでしょう。

この機に新しいことに挑戦して、夢中になれる趣味を見つけるのも良いですね。 彼との別れがきっかけとなり、美意識が高まったり、資格を取得して新しいステージに立てたりもします

新しい出会いを求める

新しい男性との出会いは、過去を忘れるチャンスです。 合コンや友達の紹介など、出会いの機会や場所を探してみてください。 いろいろな男性とコミュニケーションをとることで、別れた彼と一緒にいたときには知らなかった、感じなかった新しい発見もあるでしょう。

最初はあまり深く考えるのはやめ、友達になれそうな人、気が合う人、趣味が同じ人がいれば、積極的に話しかけ交流しましょう。

新しい恋人になってくれるなら誰でも良いと投げやりになるのではなく、まずは友達や仲間になれそうな人を探してください。 ゆくゆくはその中からでも、本当に自分が一緒にいたい人、尊敬できる人を見つければ良いのです。

新しい出会いは過去を忘れるチャンス、というだけではありません。 新しい出会いこそが、幸せな未来を手に入れる鍵となります。

決断できない場合は距離を置いてみる

好きだけれど、別れが頭をよぎる。 でも別れたときのことを考えてもまだよくわからないという人は、一度恋人と距離を置いてみることをおすすめします。 一度距離を置き、相手と別れたときのことをシミュレーションしてみましょう。

距離をおいても、相手のことを気にせずに快適な生活が今までと同じように送れているのであれば、好きだけど別れるという決断は間違っていないといえます。

しかし、距離をおいてみた結果、恋人がいなくて寂しくてたまらない、恋人のことが気になって仕方ない、というならば、実際に別れるのはもう少し待った方が良いかもしれません。

また、恋人のことを知っている友達に相談してみるのも良い方法です。 当事者だけでは気が付きにくい自分と恋人の状況を、客観的な視点からアドバイスしてもらえるかもしれません。

好き同士でも別れた方がよい恋愛もあるので客観的に判断しよう

向かい合う男女

お互いに好き合っていても、別れた方が良い場合もあります。 二人の関係を冷静に見つめ、客観的に判断しましょう。別れる原因が解消され、考え方や環境などが変わったなら、復縁できる可能性もあります。 そのときには、本当にお互いが幸せになれるでしょう。

しかし先のことはわからないものです。まずは現在の二人の状況や、お互いの精神面、周囲との関係性を含め、決断しましょう。 どのような決断であれ、しっかりと考えたうえでくだしたのですから、納得のいく未来を掴むことができるはずです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)