結婚できないと言われた彼氏と別れても復縁する方法などご紹介
3761 Point
更新

結婚できないと言われた彼氏と別れても復縁する方法などご紹介

結婚願望のある女性と、そうでない男性。結婚できないからという理由で別れを告げられたら、復縁は可能なのでしょうか。復縁を望んだ時に考えるべきことや、復縁しやすくなる方法を紹介します。

「大好きな男性と結婚したい!」と、結婚願望がある女性なら誰しもが一度は思うことでしょう。 しかし、いざ彼氏に結婚願望を打ち明けたら、断られて振られた…という人も少なくありません。 それでも彼とのお付き合いをあきらめられないときには、どうしたらよいのでしょうか。

今回は、結婚できないと言われて別れた際に、復縁は可能なのかどうかを解説。 復縁しやすくなる方法や、復縁してうまくいくパターンと、そうではないパターンも紹介します。

男性が結婚できないと思う理由

落ち込む女性の肩に手をのせる男性

pexels.com

男性が「結婚したくない」と言う場合、大きく分けてふたつのパターンがあります。 ひとつは「結婚願望自体がない」というものと「今は結婚する時期ではない」というもの。 ここではどちらも解説するとともに、どのような心理が働いてそういう発想になっているのかを説明します。

自由がなくなる

そもそも結婚願望がない男性にありがちな理由としては、あらゆる自由がなくなることに抵抗があるというもの。

これは特に、自由な生き方にあこがれる男性にとってはとても重要な問題。 独身のうちは、仕事上がりや休みの日に自由に時間を使えますし、趣味にこだわってお金を使うこともできます。

しかし、結婚するとそれだけでさまざまな制限がかかってしまうことが想像つくため、「この自由がなくなるのは嫌だ」と思ったら、結婚に魅力を感じられません。

責任が増える

結婚は、あらゆる責任とセットになっています。

最近は共働き夫婦や専業主夫を選択する夫婦も増えていますが、多くの場合は経済的に、男性が家族を養う割合が増えやすいもの。

また、結婚するというだけで親族同士のつながりも増えますし、子どもが生まれるとなると責任をもって育て上げる義務もついてきます。

それらの責任を上回るほどの魅力を結婚に感じられない男性にとって、結婚はただ重荷が増えるだけのものとしか思えません。

幸せそうな夫婦を見ていない

育った環境において両親が不仲であったり、親が結婚したことを後悔しているのを見ていたりする場合も、結婚についてネガティブなイメージを持つ傾向にあります。

また、周りで結婚している夫婦の影響も絶大。 いつもお互いの愚痴を言っていると、いずれ自分もそうなるのだろうと思ってしまうもの。

お小遣い制でやりくりしていたり奥さんの尻にしかれていたりして、自由を奪われているように見えると、さらに結婚生活に魅力を感じられません。

周りに不幸そうな夫婦や旦那さんが多いほど、男性は結婚に希望をもてなくなります

ひとりの女性を愛し続けることへの不安

気が多く性的に奔放な男性は特に顕著ですが、ひとりの女性に法律的に縛られることに強い抵抗を感じる男性もいます。

そういう気質でなくとも、「今は好きだけど、いずれ好きでなくなる日が来るかもしれない」「もっと魅力的な女性が現れるかもしれない」と思ってしまうのはある意味、自然なことです。

一度結婚してしまうと、ただの恋人のようにあっさりお別れということができないので、慎重になるのは仕方ないといえるでしょう。

自信がない

これは根本的に自分自身に自信を持てていない男性に起こりがちですが、経済的な不安から結婚をためらうこともあります。

相手の女性が養ってもらいたい願望が強かったり、子どもを望んでいたりする場合には特に不安は増すでしょう。

自分ひとりで家族全員の生活の面倒を見る、あるいは自分と奥さんの家族の生活の面倒も見なければいけない可能性があるとなれば、経済的に先行きが不安になってしまうということです。

女性の口元

pixabay.com

ほかに打ち込むものがある

結婚願望がないわけではなくとも、ほかに打ち込みたいものがある場合は、どうしても結婚は後回しになりがち。

たとえば、起業したてで事業を軌道に乗せたい場合や、どうしても時間もお金も費やしたい趣味がある場合などがそれにあたります。

特に独立したての自営業者の場合は、自分ひとりの生活でも精いっぱいなことも。 さらに従業員がいるとなれば、日々の売り上げを上げることで頭がいっぱいです。

家庭に費やすお金や時間を割くということを、優先できない男性もいるのです。

家庭の事情

複雑な家庭事情を持つ男性も、結婚に消極的な場合があります。

このご時世ではだいぶ減ってはいるものの、親族問題や家系のしがらみで誰とでも結婚できない人もいます。 また、いわゆる毒親持ちで、とてもではないけれど結婚できる環境にないという人も。

そうでなくとも、親の介護問題や、兄弟がひきこもりであったり重い病気を抱えていたりする場合には、結婚してさらに多くの家族を養うということが現実的ではないと考えるのもやむを得ないのかもしれません。

結婚を急ぐ理由がない

漠然と「いつか結婚したい」と思っている男性でも、「そのうち運命の人が現れたら」「結婚せざるを得ない事情が発生したら」としか思っていない男性もいます。

これは結婚したくないというよりは、結婚を急ぐ理由がなく、決め手に欠けるという状態。

こういう人は、周りの結婚ラッシュや出産ラッシュを経て、幸せそうな夫婦が周りに増えてくると途端に関心がわくこともあります。 また、親の衰えを目の当たりにして、「孫の顔を見せてあげたい」と思った時に積極的になることもあります。

彼女を結婚相手として見られない

これは非常に女性としてはシビアな現実ですが、結婚はしたいものの、付き合っている彼女を結婚相手として見られない男性もいます。

表面的にはほかの理由をつけていつつも、中には別れて違う人と付き合ったらあっさり結婚してしまったというケースも。

これは彼女との関係性に問題を抱えていたり、彼女に家庭的な要素を感じられなかったりするときに起こりやすいこと。 今一度、ふたりの関係を見直す必要がありそうです。

男性に結婚できないと思わせる女性とは

携帯電話で話す女性

pexels.com

「結婚したくない」という男性の気持ちが、結婚にネガティブなのではなく、「今の彼女との結婚」にネガティブという場合もあります。 なかなか女性としては悲しい現実ですが、なぜそう思われたのかをおさえることが、復縁を望んだ時の展開を大きく変えます。

依存心が強い

依存的な気持ちが強い女性は、男性から結婚相手としては敬遠されがちです。 たとえば、相手に対して「わたしを幸せにしてもらいたい」という発言や態度が目立つ女性や、結婚したら養ってもらいたいという気持ちが露骨な女性が挙げられます。

結婚生活はふたりで作っていくもの。 長い人生の中で、困難に直面した時にいっしょに乗り越えていこうとする気概のある女性がパートナーでないと、男性としては不安に思ってしまいます。

結婚へのプレッシャーが強い

女性が結婚したいからといって、男性に結婚のプレッシャーを与えすぎると、男性は重たさを感じてしまいます。 ダイレクトに結婚をせかされることにも抵抗を感じる人もいますが、無言で圧をかけられることも嫌がる男性は多いというもの。

いつか結婚したい、その気になれれば結婚したいと思っている男性ほど、いざ気持ちも固まっていないのに前のめりでこられると、引いてしまうのです。

なお、こうした結婚願望が強く無言の圧をかけてくる女性には、依存的な女性が多い傾向もあります。

束縛が強い

依存的な女性の典型的なNG行動が、激しい束縛です。 付き合っている段階から、彼の行動を逐一チェックしたり、こまめな連絡を義務づけたり、友達と遊びに行くことにさえ小言を言ってくるような女性に対しては、多くの男性が結婚したいと思えないことでしょう。

「結婚したら不安が減るから、そこまでしなくなる」と言う女性もいますが、男性はそう思っていません。 会社の付き合いにさえ口を出されることにもなり、「女性との連絡なんてもってのほか!」となってしまうのも想像がつくため、結婚に消極的になります。

結婚に夢を見すぎている

男性は結婚に対して夢見がちな女性に対しても、結婚後にあらゆるギャップが発生した時の不安を感じてしまいます。

当たり前ですが、どんなに幸せそうに見える夫婦や家族も、まったく苦労がないわけではありません。 それなりに大変なことも多いなかで、それを見せないようにしているだけの可能性もあります。

しかし、そういった部分に想像力が働かず、楽天的な女性に対しては、「本当に結婚しても大丈夫だろうか」と思ってしまうのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー