歯科医師と結婚するためには?良し悪しを理解してふさわしい女性に!
3048 Point
更新

歯科医師と結婚するためには?良し悪しを理解してふさわしい女性に!

結婚相手の第一志望は歯科医師!…なんて簡単に言っても、歯科医師そのものを理解しなければ非現実的です。未来の結婚のために、ここで必要な知識を身に付けていきましょう!

歯科医師との結婚は女性が憧れるもののひとつです…が、今は憧れているだけなんじゃないでしょうか? それに、歯科医師の現況や結婚に際しての良し悪しを知らないと、「こんなはずじゃ」を起こすかも。

ここでは、歯科医師の結婚について知るところを解説します。 お目にかなう、またふさわしい女性になるために、今から精一杯頑張りましょう!

結婚の前に歯科医師を知ろう

歯医者の男性

pexels.com

ここでは、まず始めに歯科医師の仕事や実際のところをご説明します。 歯科医師と結婚するためには、歯科医師のことをきちんと理解しなくてはお話になりません。 さらに現実を知ることで、本当にあなたが歯科医師と結婚したいかの是非を問うこともできるでしょう。

どんな仕事?

歯科医師とは医療従事者の一種で、歯学に基づきむし歯などの治療や診察、診断、治療、予防、そして公衆衛生の普及を担う職種です。

歯科医師国家試験に合格し、厚生労働大臣より歯科医師免状を与えられた、れっきとした国家資格を有する仕事となります。

歯科医師と言えば「歯」を想像しますが、その他口腔粘膜や顎骨、舌、さらには唾液腺まで幅広く治療を手がけることができるんです。

「むし歯」、「メンテナンス」、「抜歯」が主だった仕事内容ですが、実は口腔内であれば多くは携われます。 ただし、「歯」ということで「矯正」なども歯科医師の領分と思いきや、咬合に関する診療は畑違いになるようです。

年収はどの程度?

歯科医師の年収は。平成30年賃金構造基本統計調査によると、平均で800万円弱となります。 ただし年齢により振れ幅が大きく、20代は下手をすると300~400万円程度と、少し心もとない印象を受けるでしょう。

ですが30代になると飛躍的に伸び、800~900万円台に落ち着くことが多いとされています。 加えて役職や勤め先などでも異なり、勤務医であれば600万円程度が平均、院長クラスであれば1,000万円を超えるようです。

つまり、同じ歯科医師でも一律「年収○○万円」というわけではないんですね。

休みはどのくらいあるの?

歯科医師の休日は勤務医であれば勤め先に依存、開業医であれば任意…ではあるものの、どちらにせよ週休2日なのが一般的です。

開業医であるなら、平日のいずれかと土日のどちらかで、2日の休日を設定しているところが多いようです。 最も多いのが水曜日(または木曜日)と日曜日の2日、若しくは平日のいずれかを半日診察にして、日曜日を休むところが多いでしょう。

その他年末年始、祝日などが入ることで、平均で言えば週2日よりも少し多くなります。 いずれにせよ、「休診日」という観点でほぼ確実に週1日以上は間違いありません。

他の医療従事者との違い

歯科医師は、開業医が非常に多いことから、他の医療従事者とは一緒くたにできないところがあります。 それは「夜勤がない」ことで、歯科医は携わる医療分野的に、基本24時間体制を求められません。

これが脳外科、内科、整形外科などになると、救急外来や救急車の対応のために夜勤が入り込むことがあるんですよね。

しかし歯科の分野には緊急性がなく、「日中で診察できるもの」なので、24時間体制を求められなければ夜勤もないわけです。

開業医であれば結局夜勤はありませんけど、内科医などは通院されている患者さんから、突然連絡があるなんてことも。

コンビニより多い

開業歯科医が、コンビニの数より多いのは有名な話ですし、実際統計でもその通りとなっています。 となると飽和状態なのが想像できますけど、実際に見る限り閑散としているところと、混雑しているところと二極化していませんか?

理由は診療所の歯科医師の「技量」で、つまりは「上手な歯科医師さんの下にはたくさんの患者さんが通う」わけです。

よって歯科医師の将来性は、「当人の技量」で大きく変わってしまうことを念頭に置いた方がいいでしょう。 要約するなら、**結婚するなら「上手な歯医者さん」**ということです。

歯科医師と結婚するメリット

親指を立てる男性

pexels.com

歯科医師と結婚した場合、あなたのご想像のとおりのメリットがあります。 基本的には女性が求める、男性の理想がいくつか詰まっているので、ここをご覧になることで夢がさらに広がるでしょう。

改めてメリットをご覧いただいて、これからの婚活に対して気を引き締めてくださいね。

収入が高い

歯科医師と結婚する際に得られるメリットとして、女性視点で最も大きいのはやはり収入が高いという部分です。

30代になれば年収900万円を超えることも少なくなく、可処分所得で600万円を超えるはずですので非常に大きな手取りです。

一般的な中小企業の会社員であれば、同年代で年収400万円を超えないことなんてザラですので、それを考慮すると極めて魅力的だと言えます。

お金だけでメリットを考えるのもいかがなものかと思いますが、生活という現実があるんですから高収入は切実な希望ですよね。

休みが多い

歯科医師の平均休日は週に2日となり、世間と比較すれば「とても」休みが多いと言えるでしょう。 しかも基本的に突発的な仕事がないので、週に2日を休診日としているならそこは確実に休診日となるんです。 一般企業であれば週休2日なんてお飾り、休日出勤は少なくありませんしそもそも平日もサービス残業です。

ただし、積極性のある歯科医師の場合は、休診日にセミナーなどに参加することが多いので、結局は休診日であっても「休み」じゃないことも。

ですがそれにより、歯科医師としての技量や知識の向上が見込めますし、それで診療所が繁盛する…となると、難しい問題ですね。

社会的地位がある

歯科医師は社会的地位の高い職業です。 なぜなら、国家資格である歯科医師免状を持つ、国に認められた医療従事者になるからです。 そのため**社会的な信用度も高く周囲からの印象は上々**、信用が必要な契約などで有利に働くでしょう。

結婚して生活をしていくためには、社会的な信用というのは契約だけに限らず、どの場面でも極めて重要かつ必要になります。

社会的な信用を、最初から勝ち取っている歯科医師が結婚相手であれば、結婚だけでなく人生のメリットとなるでしょう。

ただし、モテるモテないで言えばはっきり言ってモテる、だから恋愛事情も円満そのものでライバルは多いと考えてください。

歯のケアをしてもらえる

夫に歯のメンテナンスや治療をしてもらえるという、歯科医師との結婚ならではのメリットもあります。 何せ夫は歯のプロ、ちょっとでも異常が見られたらチェックしてもらえますし、異常があればすぐさま治療してもらえます。

昨今は生活習慣の大きな変化により、歯や口腔内のトラブルが右肩上がりです。 あなたも例外ではなく、歯や口腔内に何らかのトラブルの種が潜んでいるかもしれません。

しかし歯科医師が夫となれば、トラブルを放置するなんてことはなくなりますので、いつまでもお口の健康を保つことができるでしょう。 しかも無料…至れり尽くせりですね。

独立開業が多く気兼ねがない

コンビニよりも多い開業歯科医だけに、夫となる歯科医師が開業する可能性は極めて高く、それにより気兼ねがありません。

と言うのも、会社員であれば企業勤めとなり、つまりは「雇われ」…気苦労は、妻にも波及することは間違いないでしょう。

しかし開業すれば、代表取締役は夫…つまりあなたは社長夫人であり、その診療所のトップの片割れという立場です。

最高位に位置しているんですから、雇われより気兼ねがありませんし(開業ならではの気苦労がありますが)、比較的自由に動けると言えます。

医療従事者で自慢できる夫

少し俗な言い回しになりますけど、夫が医療従事者というだけで自慢できます。 世間は医療従事者に対して、**一般的な会社勤めの人よりも敬う傾向があり、世間の評価が高い**と言えるんです。

このような言い方は、民間に勤められている夫の皆さんに失礼なんですけど、医療従事者は「格が高い」と思われる傾向があるんですよね。

そんな夫ですから、胸を張って夫の職業を言えますし、むしろこちらから言いたいくらいの気持ちになるんじゃないでしょうか。

ちょっと人間の浅ましさが出てしまっていますが、ママ友の駆け引きあたりに使うくらいなら、関係の悪化を招かない限り構わないでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー