結婚したいけど24歳は早い?遅い?メリット・デメリットをご紹介
4363 Point
更新

結婚したいけど24歳は早い?遅い?メリット・デメリットをご紹介

24歳になったあなた、そろそろ結婚したいとか考えていませんか?でも24歳で結婚したいだなんて…早いのでしょうか?遅いのでしょうか?ここで現実を客観視してみましょう。

24歳で結婚したいあなた、でもきちんと結婚の現実を理解されていますか? 24歳と言えばまだまだ若く、結婚したいだなんてまだまだ早いと周囲に言われているんじゃないでしょうか。 それとも逆に、24歳になったんだからそろそろ結婚を…なんて言われているかもしれません。

一体どっちが正しいんでしょうか? ここでは24歳の結婚に関する**基本的な知識と、メリットデメリット**をご紹介しますので、じっくり考える材料にしてみてくださいね。

24歳で結婚したい人が知っておくこと

結婚する二人

pexels.com

ここでは、24歳という年齢で結婚がしたい女性が知っておくべきことについてご説明します。 様々な面で「24歳の若さ」を実感できると思いますけど、結婚に関しては二人の決断によるところが大きいでしょう。

ですので、何歳で結婚するのがベストというものはなく、あくまでご自身の判断となります。

日本人が結婚する平均年齢

昨今の日本人は、平均結婚年齢が男女ともに30歳を超えています。 よって、24歳で結婚した場合は統計的に「かなり」早いと言ってもいいでしょう。

現代は生き方の多様化、女性の社会進出により、必ずしも女性が結婚をしなくていい、結婚だけが人生じゃなくなったという背景があるんですよね。

そして思いのほか社会に身を置きたい女性が多い、そして結婚のありかたに疑問を抱く女性が多かったようで、この平均年齢となっています。

そのため24歳で結婚したいという願望は、昨今では「え?そんなに早く結婚するの?」といった意見を招くことも。

早い結婚に問題はない?

実のところ24歳という部分は特に問題なく、計画性やお金が十分にあるならいくつに結婚しても差し支えはないと言っておきます。

逆に言えば、計画性やお金がない場合、いつになっても結婚はできない、または結婚することで弊害が生まれる可能性があるでしょう。

結婚は、特に資本がものを言います。 お金がすべてじゃありませんけど、お金がなくてははっきり言って何もできませんし、まともな結婚生活はままならないでしょう。

加えて、お金がないことで夫婦関係はギクシャクしやすくなるので、計画性と特にお金だけはきちんと備えてから結婚を考えましょう。

出産に関しては問題なし

出産については、24歳はまさに適齢期と言えるでしょう。 出産適齢期の10代後半~30代前半の中に位置し、染色体異常の確率が25歳未満のため1/2,000以下、体力も20代前半であるためにピークとなります。

上記のことから、出産に差し当たり最も負担がない、赤ちゃんの問題の可能性も低い、比較的安全に出産ができるという結論になります。

世間的には「早い結婚」と解釈されていますが、生物学的には問題がないどころか、結婚して子どもを産むなら今!と言わんばかりです。

結婚を考えると同時に出産も考えるのが普通で、一般的には不安に思うところなんですけど、そこまで不安視する必要はなさそうです。

そもそも「遅い」って?

30代を過ぎての結婚は、周囲から時に「遅い」と言われることがありますよね。 あなたの場合は24歳で結婚したいと考えているんですから、その際周囲はどのように思うんでしょうか。

世間からの印象については、同年代であれば早いと思われつつも、何か事情のある結婚とまでは思われない可能性が高いと言えます。

中高年以降であれば(特に団塊世代)、24歳という年齢での結婚は適齢期、逆に遅いくらいと言われるケースが少なくありません。

つまり結婚の早い遅いはその人の感性であって、そもそも「遅い結婚」の定義などありませんから安心してください。 二人が結婚するタイミングがベストであって、そこに早い遅いなどは存在しないんです。

その決断はきちんと考えた末のものか

24歳で結婚したいと考えるあなたですけど、その決断はきちんと考えられた末でのものなのかが問われます。 実際24歳はまだまだ若く、周囲からすれば軽い気持ちで考えている、結婚を軽く考えていると捉えられかねないんです。

憤りを感じられるかもしれませんが、実のところ結婚の決断が正しかったのか、後悔しないのかなどを本当にしっかりと考えられましたか?

もし周囲の意見にちょっと思うところがあるのなら、改めて結婚についての是非を自分に問いかけるようにしてください。 そして改めて考えることで、あなた自身が本当に結婚したいという気持ちに気づけることにつながります

24歳で結婚したい場合のメリット

ランニングをする女性

pexels.com

ここでは、24歳で結婚した場合のメリットについてご紹介します。 基本的には若いことがメリットに対して直接影響していますので、いかに若い時分での結婚が有利かがご理解いただけるでしょう。

結婚を後押ししてほしい気持ちがあるなら、ここはきちんと抑えておいてくださいね。

皆が一緒に成長できる

24歳という若さで結婚した場合、家族が皆で一緒に成長できるメリットがあります。 24歳なんてまだまだ若い年齢、伸び代は大きいですし、夫が近い年齢ならあなたと同じく成長できるでしょう。

子どもたちは子どもなんですから成長して当たり前、家族が一体となって伸びていく様は微笑ましいと言えます。

それに、共に成長することで絆も深まりやすいですし、家族の結束という面ではとても堅固なものとなります。 子どもたちとの距離も近くなりますし、何でも話し合える明るい家庭を築き上げることができるでしょう。

将来をゆっくり考えられる

若くして結婚すると、将来をゆっくりと丁寧に考え、計画性を伴わせた老後になりやすいでしょう。 平均結婚年齢よりも、10年近く若い24歳で結婚することから、時間はそれこそたっぷりとありますよね。 だから考える時間は、平均年齢で結婚した人よりも文字通り「10年分」、考える余裕があるわけです。

序盤こそは子育てなどで忙しない毎日でしょうけど、時がくれば子どもたちも巣立ち夫婦の時間が取れます。 その時点で40歳前後…となればいくらでも話し合えますし、焦りがないことから問題点も解決しやすいと言えます。

体力面で非常に有利

20代前半と30代以降…体力勝負をすれば、生活習慣が影響するものの多くは勝負になりません。 20代は伊達ではなく、しかも前半であることから体力は人生のピーク、いくらでも動けるんじゃないでしょうか?

そんないくらでも動ける年齢で子育てをするわけですから、パフォーマンスに優れるのは当たり前、細かなフォローも効きます。

これが30代後半となると、中には休日は疲れて動けない、まただらだらと過ごしてしまうなんてあるかもしれません。

自分のこともやれて、子育てもできる、家事も全力でこなせる20代は、結婚するに際して極めて大きなメリットになるんです。

早くて30代後半で自由になる

女性

pexels.com

子が親の手を離れるのは高卒からになりますが、24歳で結婚した場合は状況によって30代後半で自由になれます。

と言うのも、本来の計算で行くと18歳が高校卒業となりますので、24歳で結婚した場合は42歳で自由になれる計算です。

しかし入学する高校によっては県外で、今は地元から離れた高校に通うことも珍しくないんです。 となると実質中学を卒業した時点で、ほぼ手が離れることになります。 30代で子どもが手を離れる…まだまだ動ける年齢ですし、青春をもう一度謳歌できるチャンスになりますよ。

職場復帰なら20代でも可能

子どもが手を離れないにしても、職場復帰程度なら20代でも十分視野に入ります。 今は幼稚園も保育園も一元化され、無料化となっていることから、保育園にも預けやすくなっていますよね。

もっとも、保育園に関しては待機児童の問題もありますので、そのあたりはお住まいの地域事情を確認するといいでしょう。

そして子どもを保育園に預けられた場合、20代で職場復帰ができることになる…という算段です。 ただし、期間がかなり空いてしまうことから、これまで積み上げてきたものの多くは失ってしまいます。 ですので、とにかく社会に身を置いていたい女性向けのやり方と言えますね。

恋愛に振り回されない

24歳で結婚となると、通常はまだまだ恋愛を楽しみたい年齢であることから、「恋愛経験不足」になりがちです。

周囲を見渡せば分かるでしょうけど、まだまだ友人は「彼氏募集中」なんて、若々しいことを言われている人もいるんじゃないでしょうか。

ですが恋愛というものはそのすべてが良き思い出、良き出会いというわけじゃなく、悪い何かをもたらすこともあるでしょう。

悪い何かにより振り回されることもあれば、精神的な負担になることもあり、必ずしも恋愛は素敵なものとは言えないんです。

しかし、若くして結婚することで恋愛に振り回されませんし、恋愛が結婚を目的とする性質もあることから、余裕の気持ちを維持できるでしょう。

若いママになれる

くだらないと思われるかもしれませんが、「若いママ」というのは意外とメリットになりますよ。 若いママというのは、夫視点でも子ども視点でも嬉しいもの。 何故なら、自分の妻または母がいつまでも「綺麗なまま」だからです。

綺麗な妻、母は周囲も憧れるところです。 現代は晩婚化が進んでいることから、男性や子どもが夢描く「若いママ」は減りつつあると言えます。

ですがあなたがまさに若いママであり、夫も子どもも態度には出さないものの、内心は誇らしげにしていることが想像できます。 ただしそのような評価を受けるためには、品性を持ち落ち着いた見た目であることが条件になるでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー