携帯チェックするのは逆効果!やめられない心理と浮気防止策を紹介
3250 Point
更新

携帯チェックするのは逆効果!やめられない心理と浮気防止策を紹介

リスクの多い「彼氏の携帯チェック」。それでも行ってしまうのは、浮気への不安から。今回は、携帯チェックをやめられない女性心理を解説するとともに、浮気防止策について紹介します。

「付き合っている彼が、もしかしたら浮気しているかも…」「モテそうな人だから、浮気されないか心配…」そんな思いから、彼の携帯電話をチェックしたいと思う女性もいることでしょう。

しかし、彼氏の携帯を見る方法を調べている女性や、携帯チェックがやめられない女性は、一度立ち止まって、根本的な問題解決をしてみませんか?

今回は、携帯チェックをしたくなる心理や、そもそも浮気を防ぐにはどうしたら良いのかを解説します。

携帯チェックの方法を知りたい人は要注意

スマートフォンを持つ女性

pexels.com

女性として不安になる気持ちはあるでしょうが、携帯チェックはおすすめできない行為。 携帯チェックの方法を知りたくて調べている女性は、ぜひ思いとどまってください。

ここでは、携帯チェックをおすすめしない理由や、注意点について紹介します。

法律的に問題がある行為

たとえ恋人であっても、相手に無断で携帯電話の中身を見るのは、法律的に問題がある行為です。

いまや携帯電話はプライバシーの宝庫。 さまざまな個人情報や、仕事にまつわる機密情報もたくさん保存されています。

そんな携帯電話を無断でチェックすることは、法律的に見るとプライバシー権の侵害にあたるおそれがあります。 携帯電話を無断でチェックした場合に罪に問われるという旨は、厳密には法律に明記されていません。

しかし、プライバシー権の侵害が適応されてしまうと、場合によっては損害賠償請求が発生することもあるのです。

信頼関係を失う行為

携帯電話をチェックするのは、多くは彼がほかの女性と浮気しているのではないかという不安に襲われたときでしょう。

しかし、どんなに疑わしいことがあり不安に襲われたからといって、誰しも自分のプライバシーを断りなく見られることは、当然ながらいい気持ちがしないもの。 たとえやましいことがなくても、個人的な情報をなんでもかんでも人に見せたいとは思わないものでしょう。

携帯チェックの事実がわかったとき、「そんなに疑われていたんだ」というショックにつながることもありますし、なにより「こっそり自分の秘密を盗み見ていた」ということで、彼女への信頼はガタ落ちになります。

浮気の証拠にならない

そもそも携帯電話に残っている通話記録や、LINEやメールでの履歴は、浮気の証拠にはなりません。

仮にほかの女性との肉体関係をにおわせる文面があっても、「冗談のつもりだった」「社交辞令だよ」などいくらでも言い逃れはできるからです。 肉体関係の有無がはっきりしないような内容であれば、なおのこと。

また、そもそもやりとりを消されているようでは、なにも見つかりません。

証拠にもならないものを突きつきけるより、むしろプライバシーの侵害というリスクのほうが大きいため、携帯チェックにはメリットはないといえます。

彼氏や旦那の携帯チェックがやめられない女性の心理

スマートフォンを持つ女性

pexels.com

携帯チェックを行うリスクを自覚している女性も多いことでしょう。 しかし、それでもやめられないという人も多いはず。

なぜ、いけないことだとわかっているのに彼氏や旦那さんの携帯チェックをしてしまうのでしょうか。 ここでは、携帯チェックをやめられない女性心理を解説します。

自信がない

パートナーの携帯電話をチェックしたがる女性は、自分に自信がありません。

自信がなく、自分がないがしろにされることを当たり前のように感じていると、ほかの人には目につかないところでさえネガティブにむすびつけてしまいます。

たとえば仮に本当に浮気されていたとしても、自信がある女性であれば堂々と彼に接するでしょう。 浮気が自分の価値に直結していないので、彼に対してたとえ怒ったり別れたりしたとしても、「ないがしろにされた自分はダメな女だ」とも思いません。

自信がない女性は、浮気されたら自分を否定された気持ちになるので、すこしでも疑惑があれば追求しないと気が済まないのです。

不安で仕方ない

たとえ客観的に見ると浮気の心配がなさそうなパートナーであっても、自分に自信がない女性は「いつかほかの女性に奪われるかもしれない」という思い込みが強くあります。

少しでもそれを疑うような出来事が起こると、異常なまでに不安になってしまうのです。

また、「一度でも浮気があったら別れを切り出されてしまうかも」「彼に別れられたらどうしよう」と不安が増幅してしまいます。

こういうタイプの女性は、携帯チェックも「浮気を見つけたらただじゃおかない!」という気持ちよりは「浮気がないと信じたい」から安心を得るためにチェックするという性質もあります。

相手をコントロールしようとしている

相手への支配欲が強い女性は、恋人という肩書きがあるからといって、パートナーを所有物のように扱う傾向があります。

たとえパートナーでも、相手はあくまでも他人。 自分とはちがう価値観をもつ人間として、尊重されるべき存在です。

しかし、「恋人なんだからこれくらい当たり前」と思っている女性にはそれが通じません。 「恋人なのだからわたしひとりを愛するべき」という大前提のもと、自分ルールに則って相手を縛ろうとしてしまいます。

携帯チェックもそのひとつ。 「恋人なのだから、相手のプライバシーは見て当然」という考え方があるのです。

相手のことを思いやれていない

自分で自分のことを愛せておらず、大切に扱えていない女性は、周りに大切に扱われることで自分の存在価値を確かめようとします。

そのため、「大切にしてほしい」「愛してほしい」という気持ちに歯止めが利かなくなって、暴走してしまうのです。

自分のことは大切に扱ってほしいと思う反面、パートナーには思いやりが欠如しやすいのもこのタイプ。 自分が愛されることに必死すぎて、相手を思いやる余裕がありません。

そのため携帯チェックに関しても「見られたらいやだろうな」という思いやりよりも、「わたしを愛してくれているのか確かめたい」気持ちのほうが上回ってしまい、行動に起こしてしまうのです。

携帯チェックが無意味な理由

スマートフォンを持つ女性

pixabay.com

携帯チェックをやめられない女性心理をふまえたうえで、「でも、携帯チェックは効果的なのでは?」と考えている人もいるかもしれません。

しかしそもそも携帯チェックは、やっても良いことがほとんどありません。 ここでは、携帯チェックをやる必要性がない理由について解説します。

束縛されても浮気する人はする

携帯チェックで浮気がバレる程度の男性は、まだかわいいもの。 本当に浮気性の男性は、携帯チェックされる可能性すら見越して、巧妙に浮気をします

つまり、どんなに束縛しようが、浮気する人はどんな手段を使ってでも浮気をするのです。 携帯チェックにひっかからない男性のほうが、巧妙な分信用がおけないといえます。 携帯チェックでシロだからといって、安心はできないのです。

しかしこうやって考えれば考えるほど、相手への疑惑は深まる一方。 常に猜疑心に襲われてしまうため、心の落ち着く暇がなくなってしまうでしょう。

束縛されることで余計に嫌気がさす

実際に男性が浮気をしているかどうかよりも重要なのが、女性が束縛することで相手の男性を窮屈にしているということ。

「自由にするとなにをするかわからない」と考えて束縛する女性がいますが、浮気はどんなに警戒していてもされるときはされます。

そしてたとえその時点で浮気をしていなくとも、相手の男性からするとどんどん嫌気がさしてしまい、やがては浮気につながる可能性もあるでしょう。

携帯チェックをしていることがばれたり、なにか疑わしいものを見つけて問い詰めたりしたところで、相手は反省どころかますます心を閉ざしてしまいます

事実に関係なく信頼関係にヒビが入る

もし、浮気を疑うような内容が携帯電話から見つかったとして、それを問い詰めたところでなんの解決にもなりません。

それどころか、浮気の事実がクロかシロかよりも、もっと重大な問題がふたりのあいだに生まれます。 それは携帯チェックから問い詰められたことによる、「疑われて携帯チェックまでされた」や「自分の都合で相手のプライバシーを勝手に見る女性なんだ」という相手の女性への不信感です。

一度抱いた不信感はなかなか消し去りにくいもの。 浮気がどうか以前に、男性はこういった価値観の彼女からどんどん心を離してしまうことでしょう。

浮気以外の情報までのぞいてしまう

携帯チェックをするということは、浮気に関する情報だけでなく、あらゆる個人情報をのぞいてしまうということでもあります。

万が一携帯チェックがバレたときの男性の不快感は計り知れません。 また、機密情報がある場合には仕事上でも影響をもたらす場合があります。

さらに、たとえば彼女に対する愚痴や、周りの女性との他愛ない社交辞令や雑談、友人との下ネタなど、浮気とまでいかず怒るほどではないけれど、不愉快に感じる話題や気まずく感じる話題もあるはず。

それを見たところで、お互いにはなんのメリットもありませんし、溝が深まるだけといえるでしょう。

周りからの評判が下がる

携帯チェックのみならず、彼女が束縛する傾向があり口うるさい印象がつくと、結果的には周りの友人たちが彼女のことを敬遠しはじめます。

「あいつの彼女、束縛がひどいから」「どうせ飲みに誘っても気にしなきゃいけないんでしょ?」と遊びの予定を立てるにも仲間から誘われなくなったり、陰で悪く言われたりもします。

男性にとってはまったく喜べないこと。 彼女の尻に敷かれている印象がつくことで、人によってはこれほど恥ずかしいことはないと考える人もいます。

やがて「自分のことをかっこ悪く見せる彼女」に対して嫌気がさしてくるでしょう。

疑えば疑うほど深みにはまる

携帯チェックをしてしまうほど不安なときは、どんな出来事にも疑いをもってしまいやすくなります。

自分自身が不安定な状態で一度疑いだすと、たとえ携帯電話に浮気の証拠が見つからなくても、「でも信じられない。何か隠しているのかも」と思ってしまいます。 心の平穏が訪れず、いつも苦しさを抱えてしまうことに。

それどころか彼が本当に潔白でも、行動が疑わしく見えてしまうため、彼の立場からすると「身に覚えのないことで常に疑われている」状態。

これではふたりの間に信頼関係が構築できるわけはありませんし、やがてギクシャクしてお別れを迎えてしまいます。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー