セックスは初めてだと痛い?処女膜や初体験の痛みを軽減する方法を解説
2413 Point
更新

セックスは初めてだと痛い?処女膜や初体験の痛みを軽減する方法を解説

初めてのセックスに不安はつきもの。とくに、初体験で痛みを感じるかどうかは気になるところでしょう。今回は、処女膜のしくみや痛みが出る原因、初体験の痛みを緩和する方法などを紹介します。

初めてのセックスは痛いもの…ということがよく言われています。 これから初体験を迎える人にとっては、痛みに対する不安がついてきてしまうのも仕方がないこと。 また、初めてのセックスが痛かったために、2回目以降のセックスにためらいを感じてしまう女性もいることでしょう。

今回は、どんなケースのときに初めてのセックスで痛みを伴いやすいのかを解説。 処女膜のしくみや、痛みが発生する原因を説明したうえで、初めてのセックスで痛みを軽減する方法を紹介していきます。

セックスは初めてだと痛い?

ベッドに横たわる女性

pexels.com

初めてのセックスで痛みを感じるかどうかには、実は大きな個人差があります。 つまり、痛い人にとっては耐えがたいほど痛いですし、最初から気持ちよく感じられる人もいるということ。

少しでもセックスの痛みを減らすために、まずはどんな状態のときにセックスで痛みを感じやすいのかをおさえておきましょう。

処女膜が破れる

処女膜が破れると痛みを伴うと思っている女性は多いでしょう。 処女膜とは、ペニスが通る穴である膣口付近にある、リング状の粘膜のヒダのこと。 正式には「処女膜輪」と言います。 このリング状のヒダから、月経の血液やおりものが出るようになっています。

はじめての挿入時には、ペニスによって処女膜に切れ目が入るため、裂けて出血することがあります。 処女膜が伸びるだけの場合もあり、切れ目が入るだけで処女膜そのものがなくなるわけではありません。 最初のセックスで切れ目が入るときに痛みを伴いますが、その後は徐々に痛みはなくなります

膣内が濡れていない

処女膜が破れることそのものよりも、実は初めてのセックスでは膣内が十分に濡れていないため、痛みを感じる人も多いのです。 濡れない原因としては、体質的な理由というよりも初めてのセックスによる緊張が原因。 濡れるかどうかはリラックスできているかどうかにも左右されるので、どうしても初めてだと不十分なまま挿入を試みることが多くなります。

また、緊張すると体がこわばり、筋肉も固くなりがち。 膣内も筋肉ですから、挿入時にほぐれておらずに痛みとして感じることもあります。

最初の数回は気持ちよさを感じにくい

初体験が痛いのはわかるとして、一体いつまで痛みが続くのでしょうか。 統計的に、最初の数回は気持ちいいと感じられない女性が多いそう。 これはやはり緊張からくる濡れにくさや、筋肉のこわばりが原因と言えます。

初体験や2回目から気持ちよくなれる女性は割合としては少なく、3回目以降でようやく徐々に気持ちよさを感じられるようになることが一般的です。 もし、いつまでたっても気持ちよさを感じられず痛みが強いようであれば、処女膜がほかの人に比べて厚く硬い処女膜強靭症の可能性も。

また、最初のころのセックスの痛みがトラウマになり、恐怖から緊張が増して濡れにくくなる女性もいます。

処女膜が破れると出血する?

赤い花

pexels.com

初めてのセックスで気になるのが「処女膜」の存在でしょう。 「話には聞いたことがあるけれど、本当に処女膜が破れると出血するの?」と疑問に思っている女性も多いかもしれません。 ここでは、処女喪失時に本当に出血するのかどうかを解説。

処女膜のしくみについておさえておきましょう。

処女膜とは

処女膜とは、ペニスが通る膣口のすぐ内側にある、粘膜のヒダのこと。 このヒダには元々リング状の穴が開いていて、直径2cmほど、大体小指1本分くらいの大きさとなっています。 これは、月経時の出血やおりものの分泌のために必要な穴なのです。 また、タンポンを入れることができる大きさでもあります。

処女膜の位置としては、膣口から入って1~2cmほどの、かなり浅いところにあります。 セックス経験のない女性の中には、手鏡で女性器をのぞいてみたときに、かろうじて処女膜が見える人もいます。 形や厚さには個人差があるものの、おおよそ厚さは1mm程度で、半月型やドーナツ型が多いようです。

必ずしも出血するわけではない

処女膜は必ず切れ目が入って裂けるわけではないので、初体験であっても出血しない人もいます。 日ごろからひとりエッチをする習慣のあった女性の中には、もうすでに処女膜に切れ目が入っていて初体験時には出血しない場合もあります。 さらに、定期的に激しい運動をする習慣のあった女性も、初体験時に出血しないことが。

これは、運動していると反動で処女膜が開くため、挿入時にも痛みや出血が起こりにくくなるからです。 膣も筋肉なので、運動することで膣周りの筋肉が連動するからだと言われています。

処女喪失で出血しないのはおかしいことではない

「処女だから喪失するときには出血するのが当たり前」と思われがちですが、実際はそうでもありません。 意外にも初体験時から出血しないという女性は多いです。 また、痛みも個人差があり最初からそこまで痛くないという人もいます。

処女喪失をするときには出血しないとおかしいという思い込みがあると、変に初めてのセックスで緊張してしまいます。 かえって痛みを増しやすいため、注意が必要。 また、緊張から濡れず摩擦が大きいため、それが原因で出血してしまうことがあります。

初めてのセックスで痛いときの原因

膝を抱える女性

pexels.com

初めてのセックスや2回目以降のセックスで痛みを感じる場合には、いくつかの原因があります。 多くの場合は、何度か回数を重ねることで自然と痛みが緩和され、気持ちよく感じられていくものですが、中にはそうではないケースも。 ここでは、セックスで痛みを感じるときの原因を解説します。

想像していたよりもはるかに痛い場合や、回数を重ねても解消されない場合には、根本的な原因の除去が必要となることでしょう。

処女膜強靭症

処女膜は柔らかい靭帯のため、初めてのセックスで破れやすく、最初こそ痛みを伴うものの徐々に痛みが緩和されていくのが通常です。 しかし、いつまでたっても痛いと感じる人の中には「処女膜強靭症」という症状を抱えているケースもあります。

これは、柔らかいはずの処女膜がほかの人に比べて厚かったり硬かったりして、破れにくいという生まれつきもの。 日常生活では何ら影響がなく、月経異常もないため気づきにくいもの。 初体験時の痛みが強烈だったり、挿入が行えなかったりして初めて判明します。

初めてのセックスで激痛を伴った場合や、2回目以降もいつまで経っても痛みが取れない場合には、一度婦人科を受診してみるのがいいかもしれません。

膣の委縮

膣が委縮してしまう場合にも、初めてのセックスや2回目以降のセックスで痛みを伴うことがあります。 通常、膣委縮は加齢に伴って女性ホルモンのエストロゲンが減少することで起こるもの。 エストロゲンの減少に伴い膣内部の潤いがなくなるため、膣そのものが固くなり、また膣壁は薄くなって弾力がなくなってしまいます。

さらに、膣の血行も悪くなるため、指1本通らなくなってしまうことも。 若い世代の女性に膣委縮が起きてしまう場合や、なんらかの原因でホルモンバランスが乱れたときと考えられます。 たとえば、過度なダイエットや大きなストレスがかかったときなどに起こりやすくなります。

膣口が伸縮しない

ペニスが通る膣口が伸縮していない場合も、挿入時に痛みを感じます。 よく「膣が狭い」という表現をすることがありますが、実際には出産時に子どもが通れるだけの広がりはあるので、膣そのものが狭いということはありません。 それよりも、膣の伸縮性によって痛みが出るかどうかが変わると考えられます。

伸縮性は、潤いに影響されます。 更年期以降の女性は閉経後に潤いがなくなり、膣が乾燥あるいは委縮することで伸縮性が低下します。 基本的には、若い世代の女性には潤いはあるはずですが、緊張していると十分に潤うことができません。 精神的なものからくる潤い不足が、膣口の伸縮を妨げている可能性があります。

濡れにくい

女性は、性的に興奮すると膣分泌液の量が増え、膣内の潤いが増します。 この状態を一般的に「濡れる」と表現します。 十分に濡れていると挿入時に摩擦がないため痛みを感じにくいのですが、濡れ方には個人差があります。

濡れにくい原因としては、前戯が不足しているか、過度な緊張が考えられます。 とくに、初めてのセックスの場合は緊張してしまうことはやむを得ないでしょう。 また、最初の頃のセックスで激しい痛みが伴うと、「セックスは痛いもの」という刷り込みから、何度セックスをしても緊張がほぐれず、痛みがいつまでも続いてしまいます。

初体験の痛みを軽減する方法

花を持つ女性

pexels.com

初体験で痛みを感じるのは怖い…と不安になっている女性は、少しでも初体験の痛みを軽減する試みをしておくのがおすすめ。 ここでは、来るべき初体験の日までに、自ら準備できることをまとめました。 初体験で痛みを感じ、2回目以降のセックスにためらいがある女性にもおすすめの方法です。

ひとりエッチで慣らしておく

初体験の前にひとりエッチ…そう言うと抵抗がある女性もいるかもしれません。 しかし、初体験を気持ちいい思い出にするために、ひとりエッチを充実させておくのは効果的な方法。 とくに、挿入を疑似体験するためには、ラブグッズを使ってみるのもおすすめです。

処女膜には2cmほどの穴が開いていますから、その程度の細めのバイブであれば、処女膜を破ることなくひとりエッチをすることも可能。 また、どうしても挿入に抵抗がある場合は、ローターを活用して入り口付近での出し入れやクリトリスへの刺激を楽しむのもいいでしょう。

なによりも、濡れやすい体づくりが初体験を気持ちよくするポイントとなります。

リラックスできる環境で臨む

初めてのセックスで痛みを伴わないためには、濡れやすくなるシチュエーションづくりが大切。 緊張しているとどうしても濡れにくくなってしまうので、できるだけ緊張しないリラックスできる環境でセックスを行いましょう。 場所選びも重要で、誰かに見られたり声を聞かれたりする心配のないプライベート空間を重視すること。

さらに、彼とのラブラブな時間をまったり楽しんだり、お風呂でいちゃいちゃしたりして緊張をほぐすのもいいでしょう。 お気に入りのアロマや音楽を活用するのもおすすめです。

ローションを使う

どうしても濡れにくい心配がある女性は、ローションや潤滑ゼリーを使うのもいいでしょう。 最近では、タンポンのような形状のプッシュ式のローションも販売されています。 セックスの前に仕込んでおいてもいいかもしれません。 ジェルが多めのコンドームも販売されているので、彼にお願いしてそういったタイプのゴムをつけてもらうのもいいでしょう。

また、初めてのセックスで痛みを感じた場合には、恐怖心を取り除く意味でも、彼にそのことを伝えてこういったラブグッズを使う提案をしましょう。 痛みが毎回続くと、トラウマになってしまいます。

▼【PR】KOIMEMOおすすめローション▼
彼が病みつきになる新感覚ローション

2人の時間がいつもとは別格に!彼との愛情をさらに深めるきっかけを作るローション

https://www.lovecosmetic.net/

痛みがあるときは我慢しない

なによりも、痛みがあるときには我慢しないことが大切。 彼に遠慮して言いにくいかもしれませんが、あまりにも痛い状態で無理してセックスを続けると、やがて自分のトラウマになってしまいます。 それでは、いつまで経っても緊張して濡れにくく、セックスを気持ちいいと感じられなくなります。

セックスはあくまでもパートナーとの大切なコミュニケーション。 無理をせずにお互いを思いやったセックスをすることで、より信頼が増すはず。 信頼関係が深まると、緊張もほぐれ自然と濡れやすい体ができてくるはずです。

コミュニケーションをとりながら挿入する

初めてのセックスには不安はつきもの。 だからこそ、きちんとコミュニケーションをとりながら挿入することが大切です。 セックスを痛いと感じるのは、濡れにくいから。 濡れやすくするためにはリラックスした状態で、パートナーに心も体もゆだねることが欠かせません。

大好きなパートナーを信頼していればいるほど、緊張はほぐれやすくなります。 挿入時の痛みがある場合は伝えつつ、気持ちのいいところがあればそれも伝えていきましょう。 セックスの最中に、愛をささやくような言葉を伝えあうのもおすすめです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー