銀行員を結婚相手にしたい!男性が求める条件や出会い方を解説
4201 Point
更新

銀行員を結婚相手にしたい!男性が求める条件や出会い方を解説

景気が低迷している状況でも、安定して高収入が得られる職業の銀行員。結婚するなら経済的な不安のない職業の人がいい!そう考えている女性にぴったりの相手だと言えるでしょう。性格面、デメリットは?

結婚するなら、銀行員の人としたい! そう思った時はどうすればよいのでしょうか。 銀行員を結婚相手とすることでのメリットはいったいなんなのか、よく確認してみましょう。 メリットがあればデメリットもありますよね。

それから、銀行員とはどのようにすれば出会うことができるのでしょうか。 日ごろ接点のない人が結婚できる確率はどのくらいでしょう。 今回は、出会い方などの他にも銀行員の男性が結婚対象の女性に対して求める条件をご紹介します。

銀行員と結婚したい理由とは?

お金

pexels.com

みなさんはどうして銀行員と結婚したいと思うのでしょうか。 ほかの職業と比べて、銀行員にはどんな特徴があるのでしょう。 銀行員とはどんな仕事で、メリットはどういう点であるのかを解説していきます。 結婚相手を選ぶ参考にどうぞ。

高収入だから

第一に、安定した生活を希望するということがあるでしょう。 銀行員の収入は高く、ある年の金融業・保険業の平均年収は615万円となります。 同年の全体平均は432万円ですので、かなり高収入と言えるでしょう。 人生を共にする結婚相手の収入としては、なかなか安定した生活が見込めるものではないでしょうか。

また、銀行は他業界に比べて倒産するリスクが極めて低いため、不祥事を起こしたりしない限りは急な離職をすることもありません。 高い生活水準を求める女性でなくとも、生活の安定という視点で銀行員は素晴らしい結婚相手と言えます。

まじめな人が多い

銀行員はまじめで誠実な性格でなければ務まらないと言われています。 お客様のお金を預かるわけですから、信用されるような人柄でないといけません。 人と接する際は丁寧で失礼のない態度をもって臨まなければなりませんし、お金を扱うので少しのミスも許されません。

個人情報の取り扱いという点でも同じく、ミスはできないのです。 そんな仕事を続けられてきた人はおのずとまじめであり、堅実で信頼できる人物でしょう。 また、営業の仕事であればコミュニケーション能力も高く、話し上手なため結婚生活も楽しく順調に送れるのではないでしょうか。

お金の知識が豊富

銀行員は経済や金融、それにまつわる法律に関する知識が豊富です。 資格取得者であったり、専門部署での経験が長かったりと、その知識はより深いものになるでしょう。 結婚生活において、たとえば住宅ローンを組んだり将来のために投資をしたりするかもしれません。 そういった場面で銀行員の専門知識は非常に役立ち、頼りになるのです。

一般的にお金を取り巻く状況は決して余裕のあるものではないでしょうが、知識があれば人生を優位に進めることができると言えます。 人によってそれぞれレベルの差があるとはいえ、勉強熱心な人が多く一緒にいて安心感を得られるでしょう。

若いうちに結婚を考える人が多い

銀行員は男女とも結婚年齢が早いのですが、それはなぜでしょうか。 まず、信用第一の業界で家庭を持っている者はより不正を働きにくいとされます。 前時代的な考えにも思えますが、出世にも影響するのです。

また、取引先やお客様に年長者が多いため彼らに結婚をすすめられることも。 人生経験を積むために早く結婚をする人が多いそうです。

それから、銀行員は非常に転勤が多く数年に一度の支店異動が当たり前となります。 地方に転勤となった場合は遠距離恋愛になることもあるので、相手との結婚を急ぎ落ち着きたいと考えるのは自然なのかもしれません。

親や親せきから祝福されやすい

結婚相手が銀行員だとわかれば、親や親せきに反対されるということはまずないのではないでしょうか。 銀行マンはその堅実さや社会的信用の高さからイメージが良く、家族には喜んでもらえる職業です。 友人や知人からもうらやましがられることでしょう。

また銀行員という職業は社会的な評価も高いため、結婚して家族になることのメリットとしてローンの審査に通りやすいことが挙げられますね。 新車を買ったり、マイホームを購入したりするときも困ることは少ないでしょう。 銀行員との結婚生活は人生の幅を広げることができるのではないでしょうか。

専業主婦になりたい

銀行員は平均年収が高く収入も安定しているため、専業主婦になりたい人は結婚して夢を叶えられる可能性が高いです。 大手に勤めていれば、30代後半で年収1,000万円を超えることもあると言われています。

もちろんこの仕事をしている男性は多忙を極めていますので、専業主婦として夫を支えることが求められることも少なくありません。 食事や家事という面で生活の基盤を整えてあげながら、収入はしっかり管理して自分の自由に使えるお金も得られるという生活に憧れる人は多いでしょう。

夫が堅実な分、他の人より裕福な暮らしができるかもしれませんね。

結婚相手が銀行員の場合のデメリット

カード

pexels.com

良いことばかりに思える結婚生活ですが、一方どんなデメリットがあるのでしょうか。 高収入できらびやかに見える生活も、思わぬことが煩わしく感じられるかもしれません。 この章では、銀行員との結婚の不利な点もご紹介していきます。

短期間での転勤が多い

銀行員は2~3年の短期間で部署異動や転勤があります。 総合職ならなおさらで、全国に支店がある大手銀行に勤めていれば数年に一度必ず引越しをしなければならない生活になります。

行ったこともない土地に住まなければならず、場合によっては夫の単身赴任も覚悟しておかなければなりません。 夫は「結婚するならついてきてくれるのが当たり前」だと考える人も多いでしょう。

辞令は本当に直前で、早くても1ヶ月前、遅ければ2週間前に突然告げられることもあります。 夫は仕事の引継ぎで残業に追われるため、引越しの準備は妻が1人でしなければならないのです。

身辺調査されることがある

銀行はお金を扱う場所であり信用がなによりも大事です。 銀行に勤める本人はもちろん、その結婚相手の身辺調査をもする場合があることを頭に入れておきましょう。

特に、全国に支店があるような大手のメガバンクでは銀行員の結婚相手も信頼のおける人であるべきだとし、身辺調査をすることもあるようです。 銀行員と顧客の関係では仲良くなることが難しく、飲み会ひとつ行うだけでも仕事関係の催しとして会社に報告し記録することが必要となってきます。

コンプライアンス上、銀行員との結婚は他業種と比べて厳しいところがありますね。

会社の付き合いが多い

銀行員は普段の仕事も忙しい職種ですし、飲み会や会食も回数が多いです。 異動や転勤が多いですから、歓迎会や送迎会も頻繁に行われます。 お酒の付き合いが日常で頻繁にあると、一緒に生活している妻は食事の予定、スケジュール管理など大変な思いをしますが、職業的な特徴としてそれを許してあげられる必要が出てきます。

日々の仕事に加えてそのような忙しさがあると気持ちのすれ違いが生まれることも覚悟しておかなければならないでしょう。 結婚する前に、銀行員という職業における付き合いの重要性について考えておいた方がいいかもしれません。

彼の精神的負担が大きい

ある銀行員の方の体験によれば、銀行はうつ病の罹患率が高いと考えられるそうです。 仕事内容が全般的にハードであるため、強い精神的負担を抱える人が多いようですね。 体育会系の明るい人であっても、業界の雰囲気や人付き合い、仕事の内容が大変であることからうつ病を発症する人が少なくないようです。

真面目で誠実な性格でないと務まらない銀行員ですが、うつ病はそういった性格の人がかかりやすい病気ともいわれています。 精神的にハードな仕事に就いて、毎日つらそうな顔で出勤する夫を支える自信が持てるかどうか、少し想像してみた方がいいでしょう。

結婚式費用が高額になりやすい

銀行員という仕事は付き合いを重視するため、結婚式の規模が大きくなりがちなようです。 ある銀行員の結婚式費用は500万円にものぼったそうです。 今まで同期、友人の結婚式に参加し、内容的に同レベルの式を挙げなければならないということで相乗的に派手な演出へ傾いていった部分もあるようですね。

気がつけば多くの費用がかかっていきます。 職場の直属の上司、支店長、次長、さらには同じ支店の同僚も招待すると参加者も多くなり、その中で席次を考え、スピーチを依頼し、乾杯の依頼をし……とやらなければならないことも多いです。

社宅の付き合いがある

銀行員は福利厚生のひとつに社宅があり、持ち家の人以外は原則住むことになるようです。 家賃が安いのは良いのですが、その分上司や同僚との付き合いがついて回ります。

社宅の人間関係は複雑で、上司の妻には常に気を遣いますし、性格の合わない人に当たってしまうと大きなストレスになるでしょう。

転勤した先の社宅では一からまた人間関係を構築することになりますし、良いものになるとも限らないのです。 もちろん社宅以外の住居に住むことも可能ですが、平社員は社宅を拒否することによってイメージが悪くなるという話もあるので要注意です。

銀行員はモテるため浮気の心配がある

結婚しているからと言って妻一筋とは一概に言えず、単身赴任をしている銀行員には浮気のリスクがぬぐえません。 銀行マンと聞けば安定して高収入な職業だと考え、彼氏にしたいと思う女性は多く、モテるのです。

単身赴任だけではなく、残業や飲み会の多さに生活がすれ違って浮気されてしまうケースも少なくないでしょう。 真面目で誠実な性格だと言われる銀行員ですが、女性関係について実は遊んでいる人もいるようですね。

合コンでも引っ張りだこになる職種であり、一度ロックオンすれば結婚までもっていきたいと考える女性が多いでしょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー