一人暮らしで寂しいから彼氏が欲しい…彼氏を作るコツと一人を満喫する方法
2088 Point
更新

一人暮らしで寂しいから彼氏が欲しい…彼氏を作るコツと一人を満喫する方法

一人暮らしを始めて間もない場合、一人でいることに寂しさを感じる人はたくさんいます。一人暮らしを寂しいと感じる理由や彼氏の作り方を知り、本当に彼氏が欲しいかを再度確認してみましょう。

一人暮らしは、自分の時間を満喫できるだけでなく、家族がいないからこそ得られる解放感なども満喫できます。 しかし、その反面にぎやかさなどに欠けるので、寂しさを感じる人もいます。

彼氏を作れば寂しさを解消できると思う人もいますが、彼氏の存在が一人暮らしの寂しさをすべてカバーするわけではありません。

一人暮らしでしか味わえない、自立した生活を目指し、素敵な女性になれるチャンスでもあるのです。

彼氏作りだけでなく、一人暮らしそのものを満喫できる女性にステップアップしましょう。

もしかしてずっと1人!?出会いに悩んだら
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

一人暮らしが寂しいと感じる理由を知ろう

寂しい女性

pixabay.com

進学や就職などで、長らくお世話になった実家を出るとなると、寂しさを感じやすくなります。

まずは、一人暮らしの何に対して寂しさを感じやすいのかを確認してみましょう。 漠然とした寂しさは不安を大きくしますが、寂しさの理由を把握することで不安を和らげ、寂しさを増幅させにくくなります。

自分の性格なども考慮して、寂しさを感じやすくなる理由を確認してみましょう。

にぎやかだった家族の声がしないため

家族の人数が多く、家族仲が良い家庭で育った場合は、一人暮らしをしたときに寂しさを感じやすくなるかもしれません。

家族の人数が多いと必然的に人の声が多い環境になり、家族仲や良いと誰かと気軽に話せる状態が常に整っています。

一人暮らしは、自宅には自分しかおらず、ひとりなので話し相手もいません。 ひとりで家にいて、身近で信頼する人の声が聞こえないとなると、ふとしたときに寂しさを感じる可能性が高くなります。

彼氏を作れば寂しくないと思い込んでいる

一人暮らしの寂しさは、彼氏ができれば解消できると思い込んでいる人もいます。 たしかに大好きな人が彼氏になって一緒に時間を過ごすことは、とても楽しくかけがえのない時間といえます。

しかし、寂しさを紛らわすことを第一にして彼氏を作ると、相手の男性にべったりと依存してしまう可能性が高くなるので要注意。

相手の男性に依存してしまうと、彼と少し離れただけでいろいろな妄想ばかりが先走るようになり、相手の男性に大きな負担をかけてしまいます。

寂しさは彼氏を作れば紛らわすことができるから、彼氏が欲しいと思うのはよくありません。

落ち込んでいても誰も慰めてくれない

仕事や学業に精を出し、成果を得られているときは、一人暮らしをしていても寂しさは感じにくいものです。

しかし、何らかのミスをしてしまい、上司や先輩から叱責されて精神的に落ち込んでいる状態で帰宅すると寂しさを感じやすくなります。

帰宅しても、落ち込んだ自分に声をかけてくれて慰めてくれる存在がいない。 そうなると、寂しさだけでなく孤独感を覚える人もいるかもしれません。

体調不良のとき誰も助けてくれない

体調不良のときは、精神的にも弱りやすくなるものです。

寝ていれば治りそうなものでも少し寂しいと思うのに、風邪をこじらせたりはやりの感染症などを患って体調がひどくすぐれなかったりとなると、心も体に比例して弱りやすく、誰かに支えてほしいと思いやすくなります。

一人暮らしだと、気軽の頼れる存在は近くに居ません。 甘えたい、食事の準備をしてほしいなど、願望はわいてもかなえてくれる人がいないとなると、寂しさを感じやすくなります。

一人暮らしだからこそやっておきたい彼氏を作るまでの準備

解放感を感じる女性

pixabay.com

彼氏作りを始める前に、一人暮らしだからこそ身に着けられるスキルにも注目してみましょう。

彼氏を作り始めてから急いで何かを習得し始めようと思っていても、なかなか思い通りにいかないものです。 せっかく素敵な人を見つけて恋をするのであれば、相手からよい印象を持ってもらいたいと願う女性必見!

一人暮らしで身につけられる、しっかり者の女性になるためのポイントをご紹介します。

生活習慣の見直し

一人暮らしに慣れてしまうと、休日や帰宅後はついだらけた格好で生活してしまいがちです。 リラックスできる空間つくりは大切ですが、だらけきった生活はよくありません。

彼氏を本気で作りたいと思っているならば、生活習慣の見直しを行いましょう。

使った食器をこまめに洗い、ごみをため込まずに捨てるなど、日々の小さな積み重ねを習慣にしておくことが大切です。 部屋の衛生面の維持や部屋にこもりやすい臭いなどを軽減、撃退できます。

家の中をきれいに保つ

男女問わず、一人暮らしをしていると部屋の中が汚れがちになります。 部屋が散らかっていても親がいないので小言を言われないので、忙しい日々を過ごしていると掃除などを後回しにしてしまいがち。

ふと気が付くと、ずいぶん前の日付の食品の残骸が部屋に転がっていた、という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

意中の人がいるのであれば、いつ彼が家に遊びに来てもいいようにしておきましょう。 整理整頓ができた、臭いのこもっていない部屋を維持できるようにしておくことをおすすめします。

女性らしさについて見直す

一人暮らしに慣れてくると、家で着用する服装が適当になってきます。 それだけでなく、家の近くのコンビニなどに出向く場合も、服装やメイクに頓着しないまま外出してしまうのも増える傾向です。

一人暮らしに慣れることは重要ですが、身だしなみに気を使わなくなるのはよくありません。 気合を入れてメイクして着飾る必要はありませんが、最低限の身だしなみを整えてから外出するようにしましょう。

女性らしさを忘れない身だしなみを整えることが、出会いのチャンスにもつながります。

自立した生活ができているかを見直す

きれいな部屋

pixabay.com

一人暮らしの女性は、男性にとって「自立した生活がしっかりできていそう」と好印象を持たれることが多いものです。

実家暮らしで買い物や料理、公共料金の支払いなどを自分ですべて行っていたとしても、実家暮らしというだけで親に頼っているような印象を持つ人もいます。

一人暮らしをしているだけで男性から好印象を持たれやすいのであれば、その期待を裏切らないような自立した生活が送れるようにしておきましょう。 支払いの期日などをきっちり守ることが、その第一歩となります。

ひきこもりにならない

休日になると一人の空間を満喫すべく、誰とも会わず自宅に引きこもってだらだら過ごしてしまうことが圧倒的に多くなってしまうのはもったいない行動です。

たまには引きこもって自分の好きなことに没頭することも大切ですが、休みのたびに引きこもってしまうとかえって疲れてしまうこともあります。

休みの日だからこそフットワークを軽くして、アクティブに行動できるようにしておきましょう。 友人から声がかかったら、すぐに外出できるくらいの身軽さが理想的です。

料理や基本的な家事のスキルを身に着けておく

一人暮らしになって、スーパーのお惣菜やコンビニ弁当に頼りきりの生活になっているという人は、少なくありません。

お惣菜や弁当は忙しいときや疲れているときに重宝するアイテムですが、毎日頼ってしまうと栄養バランスがとりにくくなり、ごみも増えてしまいます。

せっかく一人暮らしをしているならば、自炊の腕を磨きましょう。 また、家の中を清潔に保つためにも、最低限の家事のスキルを身につけておくことも重要です。

元カレのものを処分しておく

元カレからの贈り物や元彼が置いて行った忘れ物などは、家の中に留めておかないようにしましょう。

元彼からの贈り物はできる限り早い段階でリサイクルに出すなどして処分し、置き忘れていったものは元彼に連絡をして引き渡して家の中をスッキリさせておくことで、新しい恋をスタートさせやすくなります。

元彼のものを勝手に処分してしまうと取り返しのつかない事態になりかねないので、勝手に処分せず置き忘れのものをどうすべきか話し合うことをおすすめします。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー