薬剤師の男性は彼氏として魅力満載!出会いの場や好みの女性を解説
2542 Point
更新

薬剤師の男性は彼氏として魅力満載!出会いの場や好みの女性を解説

薬剤師は、将来有望で仕事がなくなる可能性の低い職業です。薬剤師の男性が彼氏になった場合発生するかもしれないデメリットやメリット、出会いの場などについての情報をまとめてご紹介します。

次の彼は、絶対結婚を視野に入れたお付き合いをしたい! 彼氏の職業には少しこだわりたい女性にぜひ知ってもらいたい、薬剤師という職業をご紹介します。

薬剤師という職業は、どんな仕事なのでしょうか? 薬剤師の男性を探す前に、まずは薬剤師の男性と付き合うデメリットを知ってしてきましょう。

注意点を把握して上で、交際のメリットや出会いの場、どんな女性を好きになりやすい傾向なのかをチェックして、理想的な男性像を膨らませてみてください。

もしかしてずっと1人!?出会いに悩んだら
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

薬剤師の彼氏!知っておきたいデメリット

薬剤師の男性

pexels.com

薬剤師の男性と交際するにあたり、注意点などはしっかりとは把握しておくと交際後のトラブル軽減につながります。

彼と長い時間を共に過ごし、仲良く楽しい時間を過ごすためにも、交際すると起こる可能性のあるデメリットを把握しましょう。

薬剤師は忙しい職業

薬剤師は、患者さんの体調に合わせて薬を選ぶ仕事です。 患者さんの持病や体の状態などを考慮したうえで、身体に影響が出ず現在の病状に一番合った薬を選んでいます。

薬の数は非常に多く、その中から患者さんに合うものを選ぶのは、常に神経をすり減らす作業です。 患者さんの身体の状態によっては、薬によって体調が悪化してしまう可能性もあるので、気が抜けません。

専門知識の量が膨大なので、薬剤師になれる人は限られています。 限られた人しか就けない職業だからこそ代えの人材も少なく、トイレ休憩さえ確保できない人もいるほど多忙です。

冬場はインフルエンザなどの伝染病が流行しやすくなるので、特に忙しい時期になります。

女性が多い職場

薬剤師を職業としている人の割合は、女性が男性よりも多い傾向です。 女性薬剤師は女子力の高い人が多いので、自然と男性薬剤師の女性を見る目は肥えやすくなります。

女子力が高いということは魅力的な人が多いので、浮気が心配になる女性もいるかもしれません。

病院勤務の場合は、同僚の女性薬剤師だけでなく、看護師とのやり取りもあるので仕事上とはいえ女性とやり取りする機会は増えやすくなります。

プライドが高い人も多い

薬剤師は、患者さんに対して薬の内容や効果を説明し、服用方法の指導を行う立場の職業です。

たくさんの知識を身につけるにあたり、長年努力と勉強を積み重ねてきたことが、現在の誇りになっている人もいます。

人にもよりますが、自分は他人よりも偉いと思っているケースもあるのです。 このタイプの人は、誰かから指摘を受けることを煙たがるプライドが若干高い人といえます。

奨学金の返済があるかも

薬剤師になるためには、薬学部を卒業することが必須です。 薬学部への進学、通学はほかの大学よりもお金がかかります

大学に通うにあたり、奨学金制度を利用しているかもしれないので、就職後に返済をしている可能性があります。

月給から返済分が引かれていることもあるので、想像しているよりも手取り給料が多くないということも実際にあります。

また、薬学部はほかの学部よりも通学する年数が長いため、返済に時間がかかるかもしれないことを知っておきましょう。

薬剤師の彼氏と付き合うメリット

笑顔の薬剤師の男性

pexels.com

薬剤師の男性と交際すると、どんなメリットがあるのでしょうか? 限られた人しか就けない仕事だからこそほかの職業では得られない知識や、患者さん相手の仕事だからこそ身につくスキルなど魅力がたくさんあります。

職が安定している

薬剤師は、職場が豊富にあるため将来的に職がなくなる心配が非常に低いです。 今勤めている職場を離れたとしても、比較的近い場所に別の就職先が見つかる可能性も十分にあります。

職がなくならない、再就職しやすいということは、ほかの職業では少ないものです。 職が安定しているからこそ、未来への期待が膨らみ、いざ関係が進展した際も比較的スムーズに周囲にも交際関係を認めてもらえやすくなります。

残業が少ない

薬剤師として病院に勤務している場合、病院が閉院時間を迎えると薬剤師の仕事も終了することが多いです。

ドラッグストアに勤務している場合でも、お店が閉店してしまえば行う業務は限られてきます。

残業が比較的少なく、短い時間で終われるのも薬剤師のメリットです。 時期にもよりますが、ほかの職業のように長時間のサービス残業が頻繁ということは非常に少ない傾向です。

柔らかな口調で話してくれる

薬剤師は、体調がすぐれない人やその家族を相手に薬の効果などを解説する業務も請け負っています。

薬を受け取る相手の年齢層の幅が広いのも、大きな特徴。 お年寄りから子どもまで毎日接する機会があるので、口調が自然と柔らかになり、優しい言葉を選んで話してくれる人が大半です。

物腰が柔らかいということは、友人はもちろん両親に彼を紹介したときに、彼に対して相手が好印象を抱きやすくなるメリットもあります。

知識が豊富

薬剤師は博識で、薬の知識を膨大に持っています。 似ている薬でも効果の違いを分かりやすく解説してくれる、薬のスペシャリストなのです。

普段から気になっている薬に対する質問をぶつけたときも、スマートに解説してくれる可能性が高いです。

今飲んでいる薬についての疑問点などの相談も可能なので、彼の知識を借りることによって安心して薬を服用できます。

地方の薬局の方が高収入なことも

薬剤師は、どこでも同じくらいの月給で仕事をしていると思っている人が多いかもしれません。 しかし、薬剤師の場合は、地方で勤務する方が収入が高くなる可能性があります。

地方は、薬剤師の人数が不足気味です。 人材不足ということは、自然と月給も上がりやすくなります。

彼が、将来的に地方移住も考えているといった場合でも、収入に関しての心配は低いといえます。

学歴が高い

薬剤師になるためには、薬学部への入学と通学、卒業が必須です。 薬学部は入学することそのものが難しいほどの高い偏差値が求められ、そこに入学して学び卒業しているとなれば必然的に高学歴となります。

学歴だけが全てではありませんが、学歴を気にする両親であったとしても、薬剤師が高学歴であることは把握していることが想定できます。 いざ結婚の話になったときも、学歴面で問題が生じることはほとんどありません。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー