膣洗浄でデリケートゾーンも美しく!正しい膣の洗い方と守るべき注意点

膣洗浄でデリケートゾーンも美しく!正しい膣の洗い方と守るべき注意点

オトナの恋愛

女性特有の悩みが膣洗浄で変わる?

元気な女性

ここでは膣洗浄をしていない女性の、ありがちな悩みをご紹介します。

もっともそんな悩みは、膣洗浄でほとんどは変わる結果となります。今はとりあえず現実を受け入れ、キレイな膣を目指す心構え作りとしてください。

生理後の違和感や不快感

だらだらと続く生理…違和感しかありません。また、終わっても不快感に悩まされる女性は少なくありません。長々と付き合っていたら、すでに2週間…月の半分を生理に追われることも意外と多いです。

膣洗浄をすれば、膣内までに限りますが、違和感や不快感の元である血液を、おおむね洗い流せるでしょう。違和感や不快感の元がそこからなくなれば、自然とすっきりした感覚、気持ちになれます。

しかしPMS(月経前症候群)やその他病気を発端とした出血の場合、洗い流しても根本的な解決にならず違和感、不快感は残るので要注意です。気になる症状があれば、膣洗浄ではなく「医療機関」を念頭に置いてください。

おりものが気になる

「おりもの」はまさに女性特有の悩みであり、気に掛けている人はとても多いでしょう。おりものが多い、おりもので下着が着色するなど、鬱陶しくて仕方がありませんよね。体の自浄作用はあくまで「排出」を主眼としていることから、おりものの量や着色までは調節できません。

しかし、人の手を加える…つまり膣洗浄をすることで、体内に残るおりものをある程度排出することができます。何回も生理用品を変えなくていい、また下着への着色も防げることから、非常に有効だと言えるでしょう。

ムレやかゆみがある

生理中でなくても、ムレに悩まされる女性はかなり多いことが想像できます。どうしても部位的に密閉に近い空間となっているので、ムレが起こりやすくなっています。

もっとも単にムレているだけなら、まだ深刻な域には至っていないとでしょう。かゆみなど、皮膚のトラブルを起こすことがあるため、如何に清潔に保つことが重要かわかるかと思います。

そこで膣洗浄で、定期的にキレイにする、そしてそれが清潔さの維持につながることからムレの解消が期待できるのです。ムレたとしてもある程度清潔さを維持できるので、かゆみなどの皮膚のトラブルを起こす可能性も減るでしょう。

挿入時の痛み

膣洗浄をしていないと、セックスの際にアンダーヘアを巻き込むこともあります。かなり痛むので、それせいでエッチな気分を害されてしまう場合も少なくないんでしょう。もっともこの場合は、膣洗浄と言うよりもデリケートゾーンのケアと言う方が適切ですね。

膣洗浄の際に、一緒にアンダーヘアのケアも行っておくと、より一層美しい女性器を保てるでしょう。アンダーヘアは見た目の問題もありますので、個人差はあるもののできるだけ処理をするのが望ましいでしょう。

性感染症

膣洗浄は「洗い流す」ことから、感染症を引き起こす細菌などの侵入を阻む可能性があります。膣カンジダ、細菌性膣症など、膣のトラブルは感染症も含まれています。

もっとも、膣洗浄をすれば性感染症にかからないわけではありません。目に見えないところのため、何をしても感染してしまう時は感染してしまいます。

よって、何か問題があれば膣洗浄で対処しようとはせずに、すぐに医療機関に相談するようにしてください。何かあっては取り返しのつかないほど大切な場所です。素人知識ではなく専門家に聞くのが一番です。

セックスでの悩みが膣洗浄で防げる!?

悩む男性

ここでは、膣洗浄をしないことで考えられる彼氏の反応をご紹介します。

しかし、膣洗浄で悩みを解決することであなたが傷つくような反応は抑えられます。心当たりがある女性は、後述する膣洗浄の方法をご覧いただいて実践していきましょう。

彼が何も言ってくれない

最もよくあるパターンで、彼女が気づきにくい反応ですが、文字通り「反応なし」の男性が少なくありません。

膣洗浄をしないことで、多くの場合「ニオイ」心配されるでしょう。実際彼氏も気になるところではないでしょうか。しかし女性に対して、膣に関する内容の指摘は極めててデリケートな問題です。

そのため、大多数の男性は言わない傾向が非常に強いです。もっとも、何も言ってくれないのであれば、あなた自身も気づけません。

普段から何も言わないに加えて、膣のことであなた自身が気になることがあるのなら、一度あなたから彼氏に発信してもいいでしょう。

口でしてくれない

膣のニオイや汚れが分かった際に、口でしてくれないのは多くの男性によくある反応です。つまり、「臭い」のです。臭いものに自分からわざわざ近付こうとは思わないため、ショックかもしれませんが自然な反応です。

おおよそあなたが言葉で口でしてほしいと言っても、のらりくらりとかわされてしまうでしょう。もっとも、逆に言えばそのタイミングが自分の膣環境に気づけるチャンスです。

事実を知ることでかなりのショックを受けるかもしれませんが、改善の機会と割り切る気持ちが必要です。

アソコに触れようとしない

エッチの際、彼氏が彼女の膣に触れるのは当然の光景ですが、膣洗浄をせず環境が悪い状態だと触れてもくれない可能性があります。この言い方もショックかもしれませんが、彼氏からすると汚いものに触れるような感覚になります。

エッチをするのに、相手の膣が汚いと思うなんて本末転倒に感じるでしょう。しかし男性の一部は、どうにも「手」と「男性器」の扱いが違うようで、「触れられないけど挿入は大丈夫」と考えるケースもあります。

そのため、なかなか女性は自覚できませんが、あからさまに触ろうとしない場合が多いので、彼氏に注視すれば意外と簡単に気づけます。

エッチそのものを避けられている

エッチそのものを避けられてしまうのも、女性の膣環境が悪化した場合の彼氏によくある反応です。彼女の膣から強いニオイが発せられているのをすでに知っていて、萎えてしまっているのです。

セックスのたびに、そんなニオイを嗅がなければならないと分かっているからこそ、火中に飛び込もうとしないわけです。ニオイが強いだけならまだしも、もし悪臭なら…何かと理由を付けて、彼氏は逃げようとするでしょう。

しかも「避けるだけ」でやはり何も言わない場合が多いので、彼女側が自覚するまでにかなり時間を要することもあります。

においを指摘される可能性も

通常、女性の膣のニオイとか状態などは、口にするのもためらうほどデリケートな問題です。大多数の男性は、ほとんどの場合口出すことはありません。注意なんて考えられないでしょう。

しかし、あまりに度が過ぎる、またニオイがキツ過ぎるなどがあると、いくらデリケートな問題だとしても口を出してくる可能性があります。

しかもこれまでずっと我慢していた、さらに本来口を挟めなかった領域だったことから、彼氏は我慢の限界を超えてしまったかもしれません。

もっとも、逆に言えば彼女に踏み込んでくれる彼氏であり、それだけ大切にしたい気持ちの表れとも考られます。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事