膣洗浄でデリケートゾーンも美しく!正しい膣の洗い方と守るべき注意点

膣洗浄でデリケートゾーンも美しく!正しい膣の洗い方と守るべき注意点

オトナの恋愛

膣洗浄以外のデリケートゾーンのケアとおすすめアイテム

お風呂セット

ここでは膣洗浄以外の、デリケートゾーンのケアをご紹介します。

膣だけを洗浄しても、他の重要な部分がおろそかでは結局良い膣環境は維持できないためです。なお、膣洗浄以外のケアに使える便利なアイテムも、併せて紹介します。

泡パックでケア

お風呂でシャワーも大丈夫ですが、あまり時間がなく早めにデリケートゾーンをキレイにしたい人は泡パックがおすすめです。

膣用のパック使用することでお手軽に、そして負担なくケアができるようになります。

世間にはさまざまな泡パックアイテムがありますが、中でも「ジャムウ・ハーバルソープ」がおすすめです。デリケートゾーンに限らず、体の各部位の黒ずみやニオイの元などをすっきりと洗い流してくれます。

しかも保存料、安定剤などを一切使用していない自然派の石鹸ですので、使用の際にも安心です。パーム油も含まれていることから保湿効果にも期待できますので、これまでとの違いが実感できるでしょう。

 

 

 

アンダーヘアの処理

アンダーヘアも巻き込みなどが懸念されるので、処理の対象と考えた方がいいでしょう。つまり、「トリミング」です。長い陰毛はカットすることで巻き込み防止、見た目を整えることにつながります。

その他、生理中の不快感の解消やムレの防止、また彼氏が愛撫しやすくなるなどのメリットもあります。

ただし、アンダーヘアの処理は安易にやってしまうと、再度生えそろうまでに時間がかかることから慎重にしなければなりません。

下記のリンクに、アンダーヘアの処理方法を基本から解説していますので、ぜひご覧いただき適切な処理を目指せるようにしてください。

【処理するかどうか】アンダーヘアーを処理するメリットと処理におすすめの方法とは?

みなさんはアンダーヘアーに関して悩んだことはありませんか?女性なら一度は考えたことがある話題であるアンダーヘアーとデリケートゾーンの関係。処理したいけどどうすればいいのかわからない人も多いでしょう。ここではアンダーヘアーの処理のメリットや方法についてまとめていきます。

ムダ毛処理の方法はどうしてる?気になるアンダーヘアのお手入れ方法まで詳しく紹介!

気になるアンダーヘアのお手入れから、おすすめのムダ毛処理用グッズまで紹介します!自分にピッタリのお手入れ方法がきっと見つかるはず。正しいお手入れでツルツルのお肌を目指しましょう!

 

性感染症に気をつける

「洗う」また「ケア」だけがキレイなデリケートゾーンを維持するわけではありません。性感染症を防ぐ視点を持つことも重要です。性感染症は膣内のさらなる環境悪化、そして悪臭を伴うことも少なくないためです。

もっとも「感染症」となりますので、注意するのはあなただけでなく彼氏も同じことです。避妊の観点だけではなく、性感染症を防ぐ観点を持って、コンドームの使用を欠かさないようにしましょう。下記のリンクに、一般的なものから斬新なコンドームがあるので、一度彼氏と選んでみてはいかがでしょうか?

コンドーム一覧

膣洗浄のあとで気をつけること

注意

最後に、膣洗浄後に気をつけなければならないことを解説します。

膣環境の維持は膣洗浄も大きく関連してはいますが、気をつけるべきことをないがしろにしてしまうと、やはり環境悪化の可能性が高くなってしまいます。

簡単なことなため、きちんと覚えておいてくださいね。

膣洗浄は短期間で繰り返さない

膣洗浄の回数は、最大でも1週間に一度だけで、それ以上のサイクルで行ってはいけません。あまり高い頻度で膣洗浄を行うと、常在菌が全て洗い流されることにより膣内phバランスが崩れてしまうからです。

また、刺激による粘膜の荒れやかゆみ、また荒れた箇所に雑菌が侵入してしまう恐れもあります。

膣洗浄をしても子宮までには届かないことから、洗浄後でも不快感や違和感を感じることは少なくありません。子宮から下りてくるものに関しては、膣洗浄ではフォローしきれないためです。

しかし、一度膣洗浄をした後は、最低でも1週間は自浄作用に任せておくようにしてください。膣洗浄を繰り返して膣内はキレイになっても、皮膚や粘膜が耐えられないのです。

毎日のケアは膣口までにとどめる

デリケートゾーンを毎日ケアされている人は多いと思われますが、あくまで「膣口」までにとどめておくようにしてください。

膣内はデリケートゾーンの中でも、極めてデリケートな器官となりますので、ケアを繰り返すことがかえって膣環境の悪化を招いてしまう可能性があるためです。

専用の美容液があったとしても、そのほとんどは膣口までのフォローです。内部は膣の自浄性に任せて、前回膣内ケアをした1週間以上経過したときに、初めて次の膣内のケアを考えるようにしてください。

なおビデに関してですが、これも日常的に使用することから毎日のケアに当てはまります。ビデはできるだけ弱めに、10秒以上は当てないように、優しく洗浄するようにしてください。

膣洗浄で不快感を解消し彼とのラブタイムを楽しもう

健やかな女性

膣洗浄は、場所がそもそも見えないところだけにおろそかになりがちです。しかし、将来子どもを産む場所、そして彼氏とのエッチで最も深く関わる場所だけに、実は女性の体の中でもお手入れの重要度が高いところになるのです。

今回でしっかりと膣洗浄に関わる知識を得られたと思うので、これからは見えないところでも素敵な女性を目指せるでしょう。

膣洗浄で違和感、不快感を解消して、彼氏と素敵なラブタイムを過ごせるよう頑張ってくださいね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事