感じないのはなぜ?感じにくい原因と快感のあるエッチに改善する方法

感じないのはなぜ?感じにくい原因と快感のあるエッチに改善する方法

オトナの恋愛

彼氏とエッチをしていてもなかなか感じない、または感じにくいと思ったことはありませんか?ここでは、感じない人へその原因と快感のあるエッチに改善する方法をご紹介します!

彼氏と何度セックスをしても全然感じない…なんてことはありませんか? 感じないのには、れっきとした原因があると考えられます。 そのため、感じないことに焦りや不安を感じていたとしても、安心してくださいね。

まずは、感じない原因をきちんと把握しましょう。 さらに気持ちのいいセックスの方法を理解することで、より改善されることも。

ここでは、感じない女性が素敵なセックスライフを送れるための知識をご紹介します。

感じない原因とは?

ポーズを取る女性

まずはどうしてセックスをしても感じないのか、考えられる原因の紹介から始めます。 感じない原因を理解すれば、解消に向けて動きやすくなることでしょう。

セックスに集中できていない

セックスの最中にセックスに集中できないのは、よくある感じない原因のひとつです。 余計なことを考えやすい傾向なのか、別のことを考えてしまっていて集中できなくなっているようです。

明日のことや最近のこと、今ある悩みなど、何か思い当たる節があるのではないでしょうか。 快感を得るためには、一定の集中力を必要とします。

ほかのことに意識が傾いてしまうと、快感を得るための集中力が分散するため、気持ちよくなるまでに至らないわけです。 セックスに慣れてきて気持ちに余裕があったり、マンネリ気味だったりするカップルにありがちな原因です。

彼氏のテクニック不足

彼氏のテクニック不足も、感じない原因のひとつとしてあげられます。 彼氏がまだセックスに慣れていない、または初体験となればどうしても手探りになってしまうものです。

セックスを「上手くやろうとする」ことに重きを置いているため、「彼女に気持ちよくなってもらおう」という気持ちが疎かになりがちなことも。 そんな手探りのセックスがゆえに、ぎこちなさからスムーズにセックスを進行できずに、結果気持ちよさを得られないようです。

セックスの進め方や触れる場所、力強さなど「そうじゃない」感が強いのではないでしょうか。 若年層のカップルや恋愛経験が少ないカップル、セックス未経験の場合に起こりやすい原因とも言えます。

膣のうるおい不足

膣のうるおい不足により感じない、それどころか痛みを伴ってしまうケースもあるでしょう。 濡れていなければセックス以前の問題ですし、無理やり挿入をすると痛みを感じてしまいセックスどころではなくなることも。

うるおい不足に関しては、女性側の気持ちの高揚や興奮が足りておらず、受け入れ準備が整っていないことが考えられます。 シチュエーションが悪い、ムードが足りないなどセックスの雰囲気ではないことや、体質的に濡れにくい、恐怖心が勝ってリラックスできていない可能性があるのです。

さらに、気の早い彼氏であったり、あなた自身がセックスに慣れていなかったりする場合にもありがちと言えるでしょう。

不感症や気持ちよさを感じにくい

いわゆる「不感症」で感じない、または不感症とまではいかなくとも感じにくいケースがあります。 いくら彼氏が頑張っていても、どれだけ本人がセックスに集中していても、快感を得られないのです。

不感症の原因は、心因性の原因と神経生理学的な原因があるため、一概には言えないことが多いようです。 心因性の原因は、心の負担を取り除くことで改善の可能性はあると考えられます。

しかし、神経生理学的な原因は医療機関の分野のため、気がかりなことがあれば受診することをおすすめします。 惰性で関係が続いているカップル、または強いストレスを抱えている人に表れやすい現象です。

恥ずかしい気持ちが強い

セックスに対して、恥ずかしい気持ちが強すぎることも感じない原因です。 気持ちにブレーキをかけてしまうことにより、快感よりも理性の方が上回ってしまっているということですね。

セックスは本能、恥ずかしさは理性。 相反する気持ちがぶつかりあえば、いつまで経っても気持ちよくなれないのは当然とも言えます。 さらに、快感を得るには一定の集中力が必要ですから、恥ずかしさから集中できないケースも。

今の状況を変えたい、恥ずかしいから何とかしたいなどの気持ちが強いため、快感を得るどころではないのでしょう。 初体験の女性や、セックスをイヤらしいものと思ってしまう女性にありがちです。

性器の問題

感じない原因には、双方またはどちらかの性器に問題がある場合も少なからずあるようです。 たとえば、彼氏の性器が性感帯に当たらない、彼女側の経験が少なく性器が未成熟であるなどです。

性感帯に刺激を与えられなければ快感を得ることは難しいですし、性器が未成熟の場合は、快感を得る前に「慣れ」が必要でしょう。 そこで質問ですが、あなたは男性器がどのような形状かきちんとご存知でしょうか?

ある程度の形状は想像できると思います。 しかし、長い・短い・太い・細いなど、かなり個人差があるのです。 また、女性側も浅い・深いなど膣の形状には個人差がありますので、二人の性器がまったく噛み合わない場合、快感を得るための工夫が求められます。

まだ体が慣れていない

セックスに対して、まだ体が慣れていないとなかなか快感は得られません。 体がセックスを理解していないため、セックスによる気持ちよさがどういうものなのか、何で快感を得られるかがわからないのです。

つまりは、女性側のセックスに対する知識や経験がまだまだ不足しているということ。 さらに、知識が不足しているためにセックスも手探りで、それにともない快感を得ようとするための集中力も欠けてしまいます。

加えて初体験、またはほぼ経験がない場合に感じやすい恐怖心や理性が邪魔をしている可能性も考えられます。

感じない女性に対する男性の本音

悩む男性

ここでは、感じない女性に対する男性の本音をご紹介します。 感じないあなたを見た彼氏が一体何を思うのか…。

参考になるところも多いでしょうし、男性の本音を知ることで改善のヒントになるかもしれませんね。

嫌われている

彼女が感じないと、嫌われていると考える男性は少なくありません。 男性は一定の割合で、セックス中の女性の反応を見て、愛情度を推し量るところがあるようです。

感じてくれたら愛情度が高い、感じていないと愛情度が低いというとても単純な判断基準となります。 彼女としては非常に心外ですよね。 しかも、面と向かって言ってくれるわけでもなく心の中で勝手に思っていることが少なくないため、彼女が気付くタイミングがありません。

感じない原因は、愛情度ではないという事実を彼氏にきちんと話す必要がありそうです。

自分のやり方が下手

彼女が感じないのは、自分のやり方が下手だと自責の念に駆られるタイプの男性もいます。 経験不足なのか、はたまた自分にセンスがないと思っているのか、上手くできないことを多少は気にしているのでしょう。

もしくは、何をするにしても自信がないタイプの場合も、自分が悪いと考えがち。 いずれにしても、彼女が感じない原因は自分に責任があると真剣に悩んでいます。

彼女を感じさせるために、一体どうすればいいのかわからず苦悩していて、思い詰めることもあるでしょう。 そのような考えからあまりセックスに乗り気ではなかったり、エッチ自体があまり好きじゃなかったりする傾向があることも。

萎えてしまう

どうして感じないのか、何をすれば感じるのか…。 そんな不満を抱えた結果、萎えてしまう男性も一定数います。 感じないのはあくまでも女性側に問題があると、信じて疑わない困ったタイプの男性とも言えるでしょう。

このタイプの男性は、感じない女性に理解を示さない場合が多く、思いやりに欠けると言わざるをえません。 また、女性の体のことやセックスで何を重要視しているかなど、根本的な女性の考え方を理解していない可能性も。

女性の体を理解していない、気持ちが大切だと理解していないから、主観的にしか物事を捉えられないのでしょう。

彼女はエッチが嫌い

感じていない様子を、「セックスに対して積極性がない=セックスが好きではない」と短絡的に考える男性も少なくありません。 「セックスに興味があるなら、感じないなんて絶対にない」と、この場合の男性は考えているのですね。

そのため、感じない女性に対して何も言わずにそっとしておいたり、あまりエッチに誘わなかったりするでしょう。 しかし、思いやりがないと言うよりはどちらかというと固定観念が強いだけで、話せばわかってくれる可能性が高いとも言えます。

なぜならば、まったく思いやりがない男性なら、感じない彼女なんて捨てて次の女性にいこうとする可能性が高いためです。

未開発の可能性を考える

セックスの経験が増えると感度が増すという説もあることから、彼女が感じない理由は、まだ体が慣れていない状態であると考えている男性もいます。 彼女の経験不足を理解して、心配しすぎずまずは様子を見守ろうと考えている場合も。

このような彼氏なら、じっくりと時間をかけて解消、改善ができるはずですので、女性としてはとても安心できます。 さらに、彼氏側が彼女が感じないことをすでに受け入れていることから、二人で話し合ってよりよいセックスを目指せるでしょう。

初めから彼氏の理解があれば、それだけでセックスを感じられるための近道となるので、よい相手と巡り合えたことを幸運に思いたいところですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。