男性がキスしたい時の心理!女性に示すサインやしたいと思う瞬間とは

男性がキスしたい時の心理!女性に示すサインやしたいと思う瞬間とは

恋活

男性がキスしたい時の心理…気になりませんか?ここでは男性がキスしたい時の心理、またその時のサインやキスしたい女性になるためにはどうすればいいかなどについてご紹介します。

好きかどうかはさて置いて、目前の男性がどうしてあなたにキスをしてこようとするのか、気になったことはありませんか?

ここではキスとしたい時に男性が何を考えているのか、またキスをしたい時の男性がどのようなサインを示すかなどを解明します。

さらに、男性からキスしたいと思われる女性になるには、一体どうしたらいいのかについても触れてみますので、意中の男性との関係を進める参考にしてください。

キスをしたい時の男性の心理

キスをするカップル

まずは早速、キスをしたい時の男性の心理についてご紹介します。 キスをする際、「好意」がある場合がほとんどですが、男性の中には好意だけではない場合もあるようです。 男性がキスをしたいと思う心理にはどのようなものがあるのでしょうか。

相手の女性が好きだから

男性はさまざまな心理の中でキスを考える傾向がありますが、やはり最も多くそして基本となるのは「好意」となります。 相手のことが好きだからキスをしたい…立場を置き換えてみると、よく分かるのではないでしょうか。

男性の場合は愛情表現を言葉で伝えるのではなく、行動で示す場合も多く見られます。 キスをする心理は、「言葉で伝えられないから」など、自分の気持ちを一目で知ってもらうための手段のひとつになることがあるんです。

いずれにせよ、根底にあるのは「好意」ですので、目前の男性が意中の相手なら嬉しい限りですよね。

その場の雰囲気に流されて

一部の男性はその場の雰囲気に流されてキスをすることもあるようです。 周囲に誰もおらず二人きり、またロマンチックな雰囲気であるなど、気持ちが高揚すると思わずキスをしたくなるんですね。

雰囲気に流されてキスをする男性にたいして、女性視点だと、好意もないのにキス?とがっかりするでしょう。 しかし一定の男性は、ある程度以上の好感度がなければキスをしようとは考えないと言えます。 何故なら勘違いされたり、好きでもないのに付き合う結果になるのを恐れているからです。

つまり、雰囲気に流されているもののキスしたいと思う相手に対しては、一定以上の好意は持っているという結論となるでしょう。 ただし、彼女にしたいといった関係を継続させたいといったものとは少し違うようです。

独占欲によるもの

独占欲の末にキスをする…女性にはよく分からない心理ですね。 実は多くの男性は独占欲が強い傾向があり、好きな女性を自分の手中に収めたい感覚を持つことが少なくないんです。

言い方を変えるなら「特別になりたい」、「オンリーワンになりたい」などが挙げられます。 とにかく意中の女性に対して、「その他の男性」でいたくない意識が強いと言えるでしょう。

この場合のキスは、要するに「その他の男性」の立場を覆すためのキスで、「自分はこの女性と特別な関係だ」と誇示をしているんです。マーキングのようなものに近いと言えるでしょう。

下心がある

女性が最も避けたい心理ではありますが、男性は少なくない割合で下心があるためキスをします。 キスをすることでその後…つまりセックスができそうなのか、セックスをして問題はないのかなどを探っているんですね。

さらに、そもそもセックスをするつもりでいて、キスがただの「つなぎ」である場合も。 いずれにせよ好意ではなく性欲を根底としているので、女性からするとただの迷惑でしかありませんよね。

もっともこの手の男性はキスだけでなく、事前からボディタッチとか会話に下ネタが多いなど、好意のサインとはほど遠い何かを示してくるので分かりやすいと言えます。

キスが好き

キスが好き

単純にキスが好き、またキスを挨拶程度に考えているパターンも少なからずです。 このタイプの男性はキスのハードルがとても低く、驚くような場面でキスを求めてくる、またキスをしようとします。

その日に会った最初、雰囲気がいい時、帰り際など、さまざまな場面でキスをしたいと思うようです。 それこそ、キスを挨拶とする外国人のように求めてくることもあって、奥手の女性だと面食らうのは間違いありません。

ただ、軽々しくキスを求めてくるものの別に下心があるわけでもなく、キスをすれば満足のようです。

お酒を飲んだ勢い

お酒を飲んだ勢いでキスしたくなる、またキスをしようと考える男性も一定数います。 酔ったことで開放的な気分になり、平常時であれば及び腰になる場面でも、勢いのまま行動してしまうんでしょうね。

さらに、お酒を飲むと気分がムラムラするタイプもいて、セックスにつなげるためにキスをしたいと考えることもあるんです。 もちろんそこに好意はなく、欲情をしたので誰かとキスしたいだけと言えます。 お酒を飲んだ勢い、そして好意があるわけではない…このことから、特に相手にする必要はありません。 お酒を飲んだあとにキスをしてこようとする男性がいたら、お酒を飲んだ状態では嫌といったように断ることをおすすめします。

視線が合うから

ちょっと自意識過剰な男性の場合、視線が会うという理由でキスをしたいと思う場合があるようです。 視線が会うのは「見つめられている」とも解釈できますよね。 男性だけではなく女性からの視線もなければ、「視線が合う」なんて状況は作られませんから。

そして視線の会う会わないだけをピックアップして、結果「俺のことが好きなのかも」と勘違いしてしまうんです。

さらに「俺のことが好きなら、キスをしても大丈夫」と、短絡的かつ思い切った行動に出る…そういう心理です。 かなり単純ですが、恋愛経験の少ないピュアな男性に多く見られます。 ただし、ピュアとは言えこのタイプはちょっとやっかなので注意しましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事