潮吹きとは?おしっことの違いとその仕組み!潮を吹くための方法も解説

潮吹きとは?おしっことの違いとその仕組み!潮を吹くための方法も解説

オトナの恋愛

潮吹きとおしっこの見極め方

pexels.com

ここでは、潮吹きとおしっこの見極め方についてご説明します。 詳細を知っていれば愛撫中におしっこをしてしまった!?と慌てずに済むでしょう。

ニオイの有無

潮吹きとおしっこには決定的とも言える違いがあり、中でも特筆すべきは「ニオイ」となります。 おしっこについては、毎日のものですからすでにご存知だと思いますが、アンモニア臭を伴うことがほとんどなのではないでしょうか。

微かに臭うか刺激臭なのかの差はありますが、どのみちニオイの元は同じです。 一方で潮は、尿と限りなく成分が近いもののアンモニア臭はせず、基本的に「無臭」です。

アンモニア臭がある尿と、ほぼ無臭の潮…この違いは歴然ですので、分かりやすいでしょう。

色の有無

色の有無も、潮吹きとおしっこを見極められる要素のひとつです。 基本的は潮は無色、おしっこは個人差があるものの薄黄色〜濃黄色あたりが一般的なのではないでしょうか。

もちろんおしっこは、体内の水分量や腎臓の状態によって色の変化があるので、それぞれを色だけで必ず見極められるわけではありません。

ですので、「今日は水分をあまり摂っていない」など、おしっこに着色があると予想できるタイミングの場合に限り、参考になると言えます。

ただでさえ潮吹きをしようとする際水分を多く求められますので、水分に関しての把握は必要と言えるでしょう。

前兆が微妙に異なる

出る場所は同じ、成分も限りなく近い潮とおしっこですが、排出される際の感覚が微妙に異なりますので、大きなヒントになるでしょう。

おしっこに関しては、膀胱付近の張りや明らかな排泄予兆があります。

潮吹きの場合は、かなり説明が難しいのですが「浮くような感覚」が最も適切でしょう。 腰が浮くような、ふわふわとした感覚でいつつも、尿意のような印象…つまりは、経験がない場合は単純に「これまで体験したことのない感覚」となります。

よって潮吹きが未経験の人は、潮吹きが「どんな感覚なのか」よりも、「初めての感覚があるか」という視点を持った方がいいでしょう。

潮吹きしやすい女性の特徴

噴水

ここでは、潮吹きしやすい女性の特徴をご紹介します。 特徴を知れば、潮吹きをしたいあなたの参考になるのは間違いなく、実際にやってみる際に役立ちます。

経験豊富または開発済み

潮吹きしやすい女性の特徴として、経験豊富であるまた開発済みなのはよくあることです。 エッチの経験が多かったり、彼氏または自分で自分を開発していれば、それだけ自分自身の性感帯を熟知している可能性が高いからです。

未経験、若しくはこれまで一度も性器に触れたこともない、触れさせたこともないのでは、自分の気持ちいいポイントなんて知る由もありませんからね。

かと言って今すぐ経験するなんて、彼氏がいない人だと彼氏を作るところから始めなくてはならず、非現実的と言えるでしょう。 となると、潮吹きを経験するためには自分で自分を開発するのが手っ取り早い方法となります。

過去に一度でも潮吹き経験がある

過去に一度でも潮吹き経験がある女性は、自然と潮吹きをしやすくなる傾向があります。 潮吹きを知っていることで、潮吹きをする癖がつくことや、潮吹きをきちんと潮吹きと認識できているんですよね。

そして何より、潮吹きがどんなものなのか、潮吹きに至るときの快感などを得てポジティブなイメージを抱いているので、潮吹きに対して抵抗がありません。

潮吹きは、気持ちのブレーキが障害になる場合が多いので、抵抗がないだけでかなり潮吹きをする際に有利となるんです。

そのことから、如何に潮吹きに対する恐怖を取りのぞく、若しくは潮吹きを「分からないもの」でなくきちんと認識する必要があります。

オーガズムに抵抗がない

オーガズムに抵抗がないだけでも、潮吹きをする可能性が高まります。 つまり、快感を得ることに抵抗がない人は、自然と潮吹きをしやすくなるという理屈ですね。

その理由ですが、まず潮吹きとオーガズムは連動していませんし、すべての潮吹きが当てはまるわけではありませんが、オーガズム寸前に起きる場合もあるようです。

となると、人によっては「オーガズム=潮吹き」となる場合もあって、オーガズムが重視される状況もあるんです。 ただし、オーガズムが起きやすい条件の1つに、セックス中に安心して彼に身体を預けられているといったことが挙げられます。 潮吹きもこの通りで、相手を信頼していないと起きないため、オーガズムへの抵抗がないというよりも相手に体を任せることができているかという点が注目されるでしょう。

潮吹きしやすい女性の多くは、彼氏を信頼しており仲睦まじいと言えるでしょう。 安心や信頼がないと結果的にいろいろなことを考えてしまってて知らずの内に感覚が狭められています。

目の前の快楽を楽しめばいいのかもしれませんが、もし難しい場合は彼に相談してどうすれば安心できるかを話し合ってみるのも良いでしょう。

事前に水分を多く摂った

潮吹きは、事前の水分がかなり影響することが多いと言えます。 なぜなら、潮の成分である愛液(若しくは血液)の成分構成はほとんどが水であり、体内の水分量で潮の量がある程度決定するからです。

潮吹きは、尿道に染み出した愛液が、尿道に収めきれずに排出される現象です。 つまり水分を多く摂るのは、「速やかに尿道を愛液で満たす」ことにつながるので、自然と潮吹きの確率が高まると言えるでしょう。

ただし、むやみやたらと水分を摂るとおしっこも出ますので、この項目が当てはまる女性で潮吹きしやすい人は、きちんとさじ加減ができているのでしょうね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事