初めてのキスは素敵なものに!最高のキスの仕方やお手入れ場所を紹介

初めてのキスは素敵なものに!最高のキスの仕方やお手入れ場所を紹介

カップル

初めてのキスは最高に、そして素敵なものにしたいあなた。ここではあなたの初めてのキスを成功させる方法はもちろん、日頃のお手入れや使えるアイテムなどもご紹介させていただきます。

そろそろ彼氏との初めてのキスを予感するこの頃…もちろん、最高の思い出にしたいですよね! でも、何も知らなければぶっつけ本番でうまくいかないかも?

そんなことにはならないよう、ここではあなたの初めてのキスを最高のものにするための、あらゆる知識をご紹介します。 あとはあなたの、ちょっとした頑張りと勇気があれば、素敵な一生の思い出として刻み込めるはずですよ。

世間の「初めてのキス」はどんな感じ?

キスをするカップル

世間の「初めてのキス」はどのような感じなのかについてご説明します。 必ずしも世間に合わせる必要はありませんし、世間と違うからと焦る必要もないのですが、一般的な知識は認識のズレを正せるので有用ですよ。

ファーストキスの平均年齢

LINEリサーチによると、ファーストキスの平均年齢は、おおよそではあるものの17歳となります。 男女で分ける場合は、やはり成熟が比較的早い女性がファーストキスも早くなる傾向で、多くは高校時代に済ませるようです。

シチュエーションとしては、中高時代に付き合った彼氏や先輩が相手となる場合がほとんど。 特に先輩となれば、年齢差で異なる部分はあるものの多くは恋愛経験があるので、キスまでの展開が早いのでしょうね。

なお地域別では、やはり東京が最もファーストキスの平均年齢が下がるようで、さすがは都心部と言ったところです。

何回目のデートでする?

ファーストキスの多くは、3回目のデートで済ませるパターンが多いと言えます。 1、2回目ではまだまだ相手を理解していない様子見、3回目で見極めた結果ということです。

実際ある調査においても、三割の女性がファーストキスを許す、またはファーストキスをしたいデート回数を「3」としています。

ファーストキスをするしないについては、基本的に女性に主導権があるため、女性の希望のデート回数になりやすいんですね。

逆に男性は、統計上ファーストキスを1、2回目で済ませたいようですが、そのあたりは女性にゆずっていることが窺えます。

どんなシチュエーション?

世間がどのようなシチュエーションでファーストキスをしているかについてですが、答えは「まちまち」となります。

帰り際、車の中、自宅または相手の自宅、公園など、基本的に人気のない場所であれば、ファーストキスの場所となるでしょう。

ただし施設や自然など、その有無に地域差がある場所で済ますケースもあり、「まちまち」なのはそこが根底となります。

もっとも、「周囲に誰もおらず雰囲気の良い場所、時間」といった共通点があるので、求めるところは皆同じと言えるでしょう。

やはり初めてのキスなんですから二人だけで、そして素敵なシチュエーションでしたいと思うのが自然なんです。

女性から求めるのはアリ?

ファーストキスを、女性から求めるのはアリなのかナシなのか…結論から言えば「アリ」です。 別にファーストキスは、すべて男性から求めて行かなければならないものでもありませんし、女性が求めて恥になるものでもないんです。

それに、男性の性格によってはファーストキスまでにもたつく、またタイミングが合わないなんてこともあるでしょう。 加えて男性だけに任せてしまうと、「女性側の」理想を追えなくなる可能性も否定できません。

つまり、女性から求めるのはメリットも多く、むしろ「おすすめ」と言っても過言ではないんです。

初めてのキスに備えてのボディケアとおすすめアイテム

メイクをされる女性

ここでは、初めてのキスに備えてすべきボディケアをご紹介しますので、ファーストキスをさらに最高に仕立て上げてしまいましょう。 キスだけに「唇」だけを想像してしまいますが、実は唇だけに限らずお手入れをするところは結構多いんです。

やはりキスだけに、唇のお手入れは必須となるでしょう。 カサカサの唇では、せっかくのファーストキスも「痛い!」なんてことになりかねません。

もっとも潤いのある、それでいて美しい唇を作る、また維持するのはかなり困難ですし、店頭にあるリップクリームだけでは限界がありますよね。 そこでおすすめしたいのが、プルプルの唇を印象つけられるラブコスメ「ヌレヌレ」。

唇へのひと塗りでみずみずしさを演出、彼氏も思わずあなたの唇に引き込まれてしまうかもしれません。 さらに6つのフレーバーが、あなたのお好みのシチュエーションに対応、その時その場所で最高のキスが望めますのでファーストキスにぴったりです。

 

 

 

口臭

キスは唇…つまり「口」であることから、口臭のケアはかなり重要と言えるでしょう。 ですので歯みがきなどの基本的なケアは当然、歯間も専用のブラシできちんとキレイにしておきましょう。 とは言っても、初めてのキスは彼氏とするはずですから、シチュエーションはほとんどの場合「出先」。

キスが食後だと、普段のケアも意味がない…ということでおすすめになるのがキス専用タブレット「ペロペロラブリーミント」。 口臭が気になるタイミングなら、いつでもどこでも適量食べればそれだけでケア完了です。

たちまち甘酸っぱい吐息に早変わり、彼氏も素敵な香りに誘われてあなたとのキスを猛烈に意識するでしょう。

 

 

 

キスと髪なんて関係あるの?と思われるかもしれませんが、顔が近づくことから臭いが分かるのでお手入れは必須。

男性は少なくない割合で、女性のシャンプーなどのお風呂上がりの香りが好きなので、そこを意識するといいでしょう。 しかしキスはほとんどがデートの終わり際なのでなかなか香りを保てませんよね。

そこでおすすめになるのが、ヘアパフューム「ナデテ」。 お風呂上がりのフワりと自然な香りを長時間キープ、彼氏に対して存分に女性らしい香りを示すことができるでしょう。

しかもトリートメント効果で、香りだけではなくサラサラ感も感じられる印象ですので、あなたの髪に触れたいと彼氏からどんどん近づいてくるかも?

 

 

 

体臭

接近する以上、二人はお互いに体臭を認識することになりますが、そこで臭うと何もかもが台無しです。 ですが、店頭販売のボディソープではもたない、夕方以降は体臭が出てしまうことが少なくなく、対策としては不足と言えるでしょう。

ですのでこの場合、デリケートゾーン用ソープ「ジャムウハーバルソープ」を使用するといいでしょう。 泡パックで、毛穴の黒ずみや臭いの元をすっきりと洗い流してくれる、ハーブを主原料とした自然派の石鹸です。

臭いの原因を取り除くことから、一般的なボディソープよりも良い香り、または無臭を長らく維持してくれる印象があります。

 

 

 

ムダ毛

彼氏が間近に近づくことから、ムダ毛の処理をしないと彼氏がびっくりしてしまうかも。 ですのでデート前の処理を、せめて彼氏から見える範囲は徹底しておくようにしましょう。

しかし、処理によるカミソリ負けやブツブツなども悩めるところで、むしろムダ毛があったときの方がマシなんてことも。 そんな、ムダ毛の処理に悩める人には除毛クリーム「ラグジーブレア」がおすすめ。

ムダ毛を物理的に抜く脱毛ではなく、アルカリ性の有効成分でお肌に優しくムダ毛を「溶かす」ので、抜いた後のブツブツ感も目立たない印象です。 さらに、使えば使うほど除毛効果が持続する傾向で、経済的な側面もあると言えるでしょう。

ラグジーブレア

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。