ペッティングの基本的な知識!もっと気持ちよくなるためのひと工夫とは?

ペッティングの基本的な知識!もっと気持ちよくなるためのひと工夫とは?

オトナの恋愛

彼氏のペッティングが今ひとつ気持ちよくないあなた。ここではペッティングの基本的な知識や、使えるアイテムなどをご紹介します。毎回のセックスを高めるためにも、ぜひ彼氏とご覧ください。

挿入前のペッティングに不満のあなた。 まずはペッティングがセックスにとってどれほど重要かを理解するために、基本的な知識を身に付けなければなりません。

その上で彼氏と話し合って、お互いが満足いくセックスを目指せるようにしましょう。 なおそのときにおすすめできるアイテムもありますので、あわせてご紹介しますね。 今から二人でご覧いただいて、しっかりと学んで今後に活かしてください。

ペッティングって何?

手

まずはここで、ペッティングに関する基本的な知識から解説していきます。 より良いセックス、より良いペッティングは、知識なくして成せるものではありませんからとても重要ですよ。

いわゆる「前戯」

ペッティングは、別の言い方をするなら「前戯」で、意味合いとしてはまったく同じと考えて差し支えはありません。 つまり「セックスにおける挿入までの必要な流れ」とも言い換えられます。

この流れとは、キス、愛撫が主なもので、世間では愛撫の方を前戯として強く認識していると言えるでしょう。 性器に触れるのはもちろん、胸やおしり、首、背中まで、触れられるものはすべてペッティングの対象となります。 快感を得る、または快感につながる場合を愛撫…つまり、ペッティングとして扱われるんです。

ペッティングの役割

一般的なペッティングに対する認識ですが、おおよそ「挿入の前段階」程度でしかなく、一定数の男性は特にその考えが顕著です。 しかしペッティングには、「気持ちを高める」「愛情の再認識」など女性にとってセックスの満足感が増すもの。

さらには、状況によっては女性自身の開発にも役立つケースがあり、要はペッティングには役割が非常に多いという結論になるんです。

特に精神面への作用については、女性が比較的セックスに対して気持ちを求めることから、あって然るべきものと言えるでしょう。

つまり女性は、男性に体だけを抱かれたいのではなく、「ハート」も一緒に抱いてほしいと考えているんですね。

男女の認識の違い

ペッティングに対する認識は、男女で極めて大きく異なると言わざるを得ません。 もちろんすべての男女がそうではありませんし、中には男性が女性寄り、女性が男性寄りの認識を持つ場合もあります。

なお主な認識としては、大多数の女性はペッティングを「最重要視」する傾向があります。 体も「心も」抱いてほしい多くの女性は、心を感じられるペッティングをとても大切に考えることが多いと言えるんです。

しかし一方で、大多数の男性はペッティングを軽視する傾向があります。 あくまでペッティングは、挿入するために女性を濡らさなくてはならない、手順的なものと考える場合が少なくないんです。

ペッティングのやり方

臀部

ここでは、具体的なペッティングのやり方についてご説明します。 やり方さえ分かればあとは実践、二人でこれまでになかった気持ちよさを得られるよう頑張ってくださいね。

首から頭部

首や耳など、まったく気持ちよさに関係がなさそうな部位でも、実は性感帯だったなんてことはよくある話です。 その他うなじなど、顔面以外の首から上は多くは性感帯になる可能性があるんです。

ではどのようにペッティングをするかですが、やはり部位である程度異なります。 耳であれば甘噛みが代表的ですが、女性が心も大切にする傾向があることから、ささやきなどの「言葉」も気持ちよさにつながるでしょう。

首やうなじは、優しくキスをしたり触れたりするのが効果的で、さらに「なぞる」「さする」のもいいでしょう。

胸から腹部

胸は代表的なペッティング場所ですが、実は力加減が問われる難しい場所でもあります。

基本は感度の低いところから、少しずつ感度の高いところへ…つまり、胸の周囲から少しずつ乳首に向かう感じですね。

男性の中にはいきなり乳首に触れる人もいますが、それでは最初から刺激が強すぎて苦痛になる場合があるんです。

腹部はあまり知られていない性感帯で、ここも基本的に優しく「触れる」「なぞる」「さする」が鉄則です。 ただし、側面に近づくにつれて気持ち良さというより、どちらかというとくすぐったさが上回りますので、境界線を理解しておきましょう。

背中やお尻

感覚が鈍いと言われる背中ですが、意外と背中が性感帯という女性は少なくありません。 しかし、あえて背中を狙ってペッティングというのもおかしな話ですので、抱き合った際やキスの最中にするのが最も自然でしょう。

触れているかどうか分からない力加減でなぞったり、かなり軽いタッチでなぞってあげると効果的ですよ。 お尻については、背中と同じく絶妙な力加減で触る、なぞるを何度かすることで、やがて快感を伴うようになるでしょう。

ただしお尻も、場所や力加減によってくすぐったくなってしまうので、どこまでがくすぐったくないかを見極める必要があるでしょう。

性器

ペッティングの佳境とも言える性器へのペッティング。 Gスポットなど性器には性感帯が集中していて、ここを欠かしてペッティングをしてもなかなか強い快感は得らません。

もっとも、性感帯が集中しているのは、すなわちデリケートということ。 下手なペッティングをしてしまうと、不快感や違和感だけに収まらず苦痛になる場合もあるんです。

よって、性器へのペッティングであっても最初はとにかく「ゆっくり」「優しく」「慎重に」するのがセオリー。 できればクンニで優しく舐めてあげると、そのペッティングの流れにおいて、不快感や違和感を伴うことはまずないでしょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。