唇が厚いと男性はキスしたくなる?厚い唇で彼を魅了するテクニックとは

唇が厚いと男性はキスしたくなる?厚い唇で彼を魅了するテクニックとは

オトナの恋愛

「厚い唇」への印象って?

どんな印象がある?

厚い唇の印象を、あなたはどのように感じますか? ここからは、厚い唇の印象について深く掘り下げていきましょう。

男性の好みがわかったところで、女性が厚い唇についてどう感じているのか掘り下げてご紹介していきます。 また、女性が厚い唇の女性に対して、どのように感じているのかについても紹介します。

厚い唇に対して一般的にどのように感じているのか、より厚い唇の魅力を知ることになるでしょう。

包み込むようなキスをしそう

男性にとって厚い唇は、包み込むような温かい印象を感じるようです。 男性同様に、女性も熱い唇に対して包容力のある母性を感じさせるといった印象を持っているようです。

大きい唇とは違って厚い唇は肉厚に感じられやすいことから、温かく相手の唇をふんわりと包み込むようなイメージになりやすいのかもしれません。 さらに、ぷるんと潤いのある厚い唇だと、より柔らかく包み込まれるような印象になりやすいと言えるでしょう。

唇を厚く見せる演出を行いたい場合、リップはウェット系のリップを塗布することがおすすめです。

性的に感じる

厚い唇は、男性にとって性的な印象になるため、彼との勝負の日に厚い唇の演出をすることがおすすめ。 気合いを入れた唇に仕上げることで、デートやセックスが盛り上がることも。

男性とセックスを楽しみたいと思っているなら、潤いのある厚い唇に仕上げることでよりセックスでも大胆になれることがあります。

 

唇の厚い女性に女性が魅力を感じる場合も

男性は性的な魅力に感じている人も多い印象ですが、女性が唇の厚い女性に魅力を感じていることも。 冒頭で何名かの唇が厚い芸能人をあげさせていただきましたが、石原さとみさんや北川景子さんなど女性が憧れる女性の方にも、多い傾向があるのです。

男性のみならず、女性からも人気の女性なら、より多くの方が魅力的な唇だと感じますよね。 厚い唇は、実は男性よりも女性の方が魅力的に感じているといったこともあるようです。

女性から人気のある芸能人を想像し、より魅力的な唇を追求していきましょう。

厚い唇は作れる!満たされるキスに導く作り方

作り方

男性がキスしたくなるようなすてきな唇を作るためには、どのようなことに気を付けなければならないのでしょうか? お手入れ方法まで、詳しく説明していきます。

これまで唇のお手入れは、リップクリームしか使用したことがないという人にも、おすすめの基礎ケアから解説します。 さらに、どのような唇を男性が見ているのかも紹介。 どのようなお手入れをすれば魅力的な唇を作れるのか、など記事を参考にしていきましょう。

リップケアで基礎をしっかり整える

まずは、普段のお手入れからきちんとしておきましょう。 ウルウルでつやつやのリップは、彼を魅了するアイテムになります。

ガサガサな唇やシワの多い唇では、魅力的な唇とは言えません。 これまで季節の変わり目や肌荒れの時期にのみ、リップクリームを使用していた人も、これを機に季節にあったリップクリームを使用するようにしてみましょう。

また、年齢を重ねるほど、唇も乾燥しやすくなっています。 そのため、きちんと毎日のリップケアを行うことが、今後も健康的で若々しい唇でいることができるかを左右することに。

潤うタイプのリップを選ぶ

メイクをするときは、必ず潤いのあるリップを選ぶようにしてみましょう。 色っぽさと艶っぽさが増して大人っぽい印象になります。 とくに、勝負をしたい日には「ヌレヌレ(キス専用リップ)」がおすすめ。 彼氏や片思いの彼を魅了するだけではなく、ちゃんと魅力的に見えるような潤いのあるかわいい厚い唇を演出することができるでしょう。

6種類のフレーバーから、あなたにあったリップを選ぶとより効果を発揮させることができます。 どのリップにしたらいいのかわからない場合、公式サイトで用途別にリップを選ぶことができるので、ぜひ一度公式サイトをチェックしてみましょう!

 

 

 

血色よく見える色味のものを

強めの色のリップカラーは、あまりよい印象を与えません。 ナチュラルでかわいらしい印象に見えるリップカラーを選ぶのもポイント! 香り付きなら、よりかわいらしい魅力的な唇を演出させることができるのでおすすめです。

自分の肌の色にあわせたリップを選ぶことも重要です。 血色の悪さを気にしている女性は、血色のよく見えるオレンジなどがおすすめ。 また、色白の女性には、薄めのピンク色で血色をよくするといいでしょう。

こんがり褐色肌の女性には、ベージュやオレンジなどのくすんだカラーがおすすめです。 ぜひ参考に、自分に似合うリップカラーを試していきましょう。

上唇の輪郭ははっきり、下唇には厚みを持たせる

唇の形状がどうしても薄く見えてしまう場合、上唇の輪郭を山形にはっきりと描き、下唇はぽってりとしたオーバーライン気味に仕上げることがおすすめです。 リップに使用するカラーも、やや濃いめのブラウンがよいでしょう。

軽くふち取りをして、あとは自分の肌に似合うカラーでなじませることで自然な仕上がりになります。 輪郭をハッキリさせ過ぎてしまうとキツい印象になってしまいますので、色をなじませることを忘れないでくださいね。

また下唇は厚みを持たせるよう、少し唇の本来のラインからはみ出すこともポイントです。 はみ出し過ぎてしまうと、メイク崩れをしているように思われてしまいますので、ほんの少しはみ出るくらいにしておきましょう。

縦シワをつくらない

いくら魅力的な厚い唇でも、唇に縦シワがあることで老けた印象になってしまいます。 まずは、縦シワを作らせないことがポイントです。 日ごろのお手入れはもちろん、乾燥や老化から縦シワができてしまうことも。

まずは、毎日のお手入れを欠かさず行い、美しく潤いのある唇に仕上げていきましょう。

厚い唇のキスか薄い唇のキスかは男性の好みで分かれる

男性の好みで分かれる

あなたの唇が薄い唇でも、厚い唇でもあなたの大切な彼が好む唇を演出してみるとよいでしょう。 用途や印象づけたいタイプによって、厚い唇や薄い唇を使い分けるのもいいですね。

魅力的な唇で大好きな彼を魅了していけると、そのあとにつながるキスやセックスもより楽しい時間へとと変わっていくことでしょう。 これまで、厚い唇に憧れているだけで何も行動を起こせなかったという人も、これを機に厚い唇を研究してみることで、あなたに似合うすてきな唇に出会えることでしょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事