結婚相談所での年収目安はどのくらい?相手選びのポイントや注意点を紹介

結婚相談所での年収目安はどのくらい?相手選びのポイントや注意点を紹介

結婚

結婚相談所で相手選びをする場合、男性の年収の目安はどのくらいなのでしょうか。生活をする上で、最低でもどのくらい必要なのか、気になる年収の目安や注意点について解説します。

結婚生活を送るためには、どのくらいのお金が必要なのでしょうか。 大好きな彼と生活できれば、どんな苦労でもできるとは限りません。 結婚相手を選ぶ場合は、条件をチェックすることも大事です。

結婚を目的に、自分に合う男性を探すために結婚相談所を利用する人が増えています。 結婚相談所で相手を選ぶときに、年収目安がどのくらいなのか知っておきたいですよね。 幸せな結婚を目指すための年収の目安についてみていきましょう。

結婚相談所で確認すべき男性の年収の目安とは

ネクタイを締める男性

結婚相談所で相手選びをする場合、年収の目安はどのくらいなのでしょうか。 世の中の男性の平均年収は、どのくらいなのか知っておくべきです。 結婚生活で、無理のない生活ができるための年収についてみていきましょう。

男性の平均年収はいくら?

世の中の男性の平均年収は、平成30年の国税庁のデータによると545万円となっています。 ただし、これは総支給額となるのでボーナスや賞与が含まれた額です。 そのため、正規雇用と非正規雇用では、かなり差があり非正規雇用の場合は、236万円となっています。

このことをベースで考えると、大体300~400万円あたりが平均収入となるのです。 そして、年齢によっても年収の差があり、20代と40代では平均年収が違ってきます。 高い年収を考えると40代以上のシェアが高くなり、20代で高い年収の男性を探すのは難しくなります。

年収が低い男性も入会している?

結婚相談所に入会している男性の中には、年収が低い人もいるのでしょうか。 男性の結婚相談所への入会条件は、それぞれの業者によって違います。 結婚相談所に入会するためには、業者が提示している条件をクリアしている必要があるのです。

結婚相談所の業者の中には、高収入でハイスペックな男性だけを扱って、高年収を売りにしているところもあります。 逆に、年収が平均的でも結婚相談所に入会できるところもあるのです。 業者によって違いがあるので一概には言えませんが、平均年収以上の男性であれば入会できるところが多いと言えます。

年収500万円の男性は普通?

年収500万円の男性は、一般的で普通と考える女性もいるのではないでしょうか。 この場合、年収が500万円だということは、所得は約350万円となります。 平均年収から見ても、確かに普通だと考えてもおかしくはありません。

しかし、結婚相手の対象と考えている年齢によっては、年収500万円が普通だとは言えない場合もあります。 年収500万円の男性は、40代以上特に50代に多く30代以下はごく少数となってしまうのです。 結婚したい相手が20代で、最低年収500万円と考えた場合はかなり稀だと思った方がよいでしょう。

年収が高い男性とはいくらから?

結婚をするなら、なるべく年収が多い男性がよいと考えている女性は多いですよね。 では、実際にいくらくらいからが男性の高年収と言えるのでしょうか。 一般的にみて、年収が高いと言われる金額は、年収500万円以上と言われています。

なぜなら、平均年収が300~400万円となり500万円以上となると世の中の男性の全体に対するパーセンテージは下がってくるからです。 年収1000万円の人は、国内には相当限られた人しかいなくなります。 現実的に高収入だと言える男性は、年収500万円以上となるので目安として考えておくとよいでしょう。

結婚相談所の会員の年収はどのくらい?どんな生活になる

青い屋根の家

結婚相談所の男性会員は、どのくらいの男性が多いのでしょうか。 そして、男性の年収によって生活はどんな生活になるのか気になりますよね。 男性の年収別による、生活スタイルの違いや必要なお金についてみていきましょう。

ボリュームゾーンは500~699万円

結婚相談所の男性会員の平均年収のボリュームゾーンは、500~699万円と言われています。 これは、全体の平均年収に比べると、やや高めであることがわかります。 そのため、年齢的には30代~40代の男性が多めであることが特徴です。

結婚相談所の男性会員は、一般的な平均年収よりも高い人が多いので、ボリュームゾーンの年収が高めとなります。 年収が高い男性を選びたい人にとっては、結婚相談所は効率的だと言えるでしょう。 年収などの条件を見ることができるので、自分が求める結婚相手の条件に見合った出会いが期待できます。

年収400万円の男性

平均年収に近い年収400万円の男性との結婚生活は、専業主婦でいることは難しい場合が多いです。 例えば、20代で400万円であればその後の昇給などが期待できますよね。 そのため、若いうちは共働きで貯蓄をしておくことで、後々の生活が好転する可能性があります。

しかし、40代以上で年収400万円の場合は、共働きが必須と考えておく方がよいでしょう。 子供ができれば、さらにお金が必要となるので、贅沢はあまり考えずに無理のない生活を送ることが目標となります。 贅沢さえしなければ、一般的な暮らしができるのが特徴です。

年収500万円の男性

高収入に入る500万円の男性と結婚した場合は、夫婦2人で暮らすだけなら専業主婦でも暮らせるでしょう。 しかし、子供が生まれた場合は必ずしも専業主婦でいられるとは限りません。 子供が生まれてからしばらくは、女性が働くことは難しいため、子供が生まれる前に共働きをしておくと貯蓄ができます。

もしくは早めの段階から、在宅ワークをはじめておけば、子供が生まれても収入を得ることが可能です。 年収500万円の生活は、子供の養育費がなければ無理のない生活ができますが、子供が出来た場合は共働きを考える必要があると言えます。

年酒600万円の男性

年収600万円の男性は、全体でみても1~2割程度だと言われています。 メディカル系やIT関連などに多く、一般的にみても高い年収のイメージがありますよね。 年収600万円の男性と結婚した場合、子供が1人なら専業主婦も可能な場合が多いです。

しかし、年収が多くても使うことができるお金は限られてしまうため、できれば共働きをした方が貯蓄ができゆとりが持てます。 子供も2人以上望んでいるなら、正社員を続けるのも手です。 年収600万円の結婚生活は、無理のない生活はできますが、余裕が欲しいなら共働きを考える必要があると言えます。

年収800万円の男性

年収800万円の男性との結婚は、子供がいても専業主婦として生活することは可能です。 普通に生活することができる上に、たまの外食や旅行などもできます。 しかし、子供の教育や娯楽費を好きなだけ使えるかというとそうでもありません。

専業主婦で自由に遊んだり、高額な教育費を掛けたりすれば、貯蓄も減っていくことになるのです。 特に子供を私立に通わせた場合は、公立の学校に通わせるよりかなり教育費がかかるでしょう。 年収800万円の男性との結婚生活は、比較的ゆとりがありますが、使い方次第と言えるでしょう。

年収1000万円以上の男性

年収1000万円以上の男性は、かなり割合は少ないと言えます。 富裕層に入るラインとなるため、ゆとりのある生活を送ることができるでしょう。 子供がいても専業主婦で暮らすことができますが、富裕層となると富裕層同士の付き合いが増えます。

子供を有名私学に入れる人も多いため、さまざまな出費が多くなるのです。 あまりにも出費が多くなってしまうと、貯蓄することが難しくなってしまうので、付き合いもある程度の線引きが必要です。 年収1000万円の男性との結婚は、それぞれの生活スタイルによって貯蓄ができるかどうかが変わってきます。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。