結婚相手の職業が気になる!結婚したくない職業ランキング10選
2084 Point
更新

結婚相手の職業が気になる!結婚したくない職業ランキング10選

結婚は相手を好きだからすることが多いものですが、同時に気になるのが職業ですよね。結婚相手の職業によって家族の生活が大きく左右されることから、結婚したくない職業について紹介します。

結婚相手を決めるとき、好きという気持ちだけで決めるわけにはいきませんよね。 それは、結婚するということは生活するということだから。 年収はもちろんですが、生活スタイルや浮気のきっかけになりそうな出会いも職業によって違うものです。

男性の職業だけでなく、女性の職業も紹介するので、自分の職業がランキングしているかもしれません。どうして結婚したくないと思われているかについて知ることも決してマイナスではないでしょう。

あらゆる情報を婚活やマッチングアプリに生かすことができますように。

カレと結婚したいなら今すぐ相談
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

結婚相手の職業はそんなに大事?

結婚

pixabay.com

結婚相手に愛だけを求めるというのもアリですが、長い人生を共にする場合、それだけで決めるわけにはいきません。

結婚相手の職業によっては、自分の人生そのものが変わって来ることもあるでしょう。 それだけ結婚相手の職業は大事であることは確か。 その理由についても紹介します。

愛だけで結婚すると後悔する

「愛があれば何でも乗り超えていける」という人もいますが、実際は難しいもの。 愛は大事だけれども、何らかのことで愛が消えてしまったときに、愛だけの結婚は終わりを迎えやすいです。

恋愛感情というよりも、人生を共に歩む「同志」のような相手の方が、実際の結婚生活はスムーズに行きます。

愛がないと結婚はできないかもしれませんが、愛だけの結婚は続かない。 長い結婚生活を送っている人に聞くと、このような回答がほとんどです。 それを聞くと未婚の女性は寂しい気持ちになるかもしれませんが、決してマイナスな意味ではないので、大丈夫ですよ。

生活するにも子育てするにもお金が必要

結婚したときは二人で頑張ればどうにかなるという考えがありますが、特に子どもができるとお金がすごくかかります。 習い事、教育などお金がないとできないことばかり…現実は厳しいことばかりです。

二人で働き続けるということは、簡単なようで難しいです。 親の手助けや、子どもの健康状態、夫婦の健康状態など、あらゆることがスムーズに行かなくなると、仕事を辞める、短時間勤務にせざるを得ないということも。

また、引っ越しを伴う転勤がある職種というものも存在します。 そういう意味でも、相手の職業というのは気になるというよりも、考えてしまうというのが本音でしょう。

不安定な経済状態は精神的にも不安定に

特に女性の場合、男性が経済的に不安定という仕事をしていると安心して生活ができませんよね。 それは女性の多くが、結婚後にいずれは子どもを持ちたいと考えているから。

女性の本能として、安定を求める傾向が強く、それは巣作りに起因すると言われています。 家庭をしっかり守っていきたい、安心して暮らしていきたい思いは男性よりも強いもの。

このときに、男性の不安定な経済状態は女性の精神面を不安定にさせてしまうことでしょう。 安定した職種が女性に人気があるのはこのような理由があるのです。 毎月の安定した収入というのは、起こりうるトラブルにも柔軟に対処できます。

異性の出会いが多い職業はどうしても浮気リスクがある

異性の出会いが多い職業は男女共にあまり人気がありませんよね。 その理由は、異性を相手にした職業の場合は浮気や不倫につながりやすいから。 これは、相手を信用している、していないという問題とは違って、心配ということが原因です。

さらに、異性の出会いが多い職業の人は、周りにもそれが当たり前という人も意外と多いので、どうしても浮気のハードルが低くなってしまう傾向があります。

安心した結婚生活を送れないということは、人生そのものが安定しないことにつながります。 浮気リスクを避けたいというのは当然の心理ではないでしょうか。

休みがない、休みが合わない夫婦は空気のような関係に

夫婦

pexels

子育てが終わってからならまだしも、新婚時からお互いに仕事を持っている場合、休みが合わないのは厳しいです。

一緒に人生を共にしたいと思って結婚したのに、一緒にいることができない。 同居はしているけれど、一緒に過ごす時間がない。 仕事だから仕方ないということも言えるのですが、どうしても意思疎通がはかりにくいでしょう。

まだ二人で生活しているときは、二人だけの問題と言えますが、子どもが産まれてからが問題です。 子育ても女性のワンオペになりやすいため、女性が不満を持ちやすい傾向があります。 体力的にも精神的にもギリギリの状態になりやすいでしょう。

共稼ぎで経済的に余裕があるのだとすれば、家事を外注するとか、お金を使ってできることはお金を使うのもひとつの解決法でしょう。

転勤の多い仕事の男性との結婚は覚悟が必要

転勤が多い男性の場合、女性が仕事を辞めないと一緒に暮らせませんよね。 最初からずっと別居婚も厳しいものがあります。

また、転勤を繰り返すため、その土地に慣れる柔軟性も必要ですし、近くに友達がいないとダメというような寂しがりやの女性は不向きです。 仕事をしても短期のパートもしくは、何かの技術があれば在宅ということに。 多くは専業主婦ということになるでしょう。

自分のキャリアを捨てることに悩むという場合は厳しいですし、結婚相手を支えることに喜びを見出せる女性向きですよね。 また、男性がそれだけ仕事ができて、女性に「ついていきたい」と思わせることができるかどうかも関わってくるでしょう。

精神を病みやすい職業の場合はメンタル系のフォローが大事

精神を病みやすい職業というものは存在しますよね。 実際に、精神的にぎりぎりの状態でやらなければならない仕事というものは存在します。

また、元々の素質が精神的に追いつめられやすい人というのもいるでしょう。

そういう仕事をしている人や、そういう人と結婚するということは、どうしてもリスクが高いもの。 精神的に支える覚悟も必要ですし、もしもの場合は経済的に支える覚悟も必要です。 それだけの器があなたにあるかどうか、ここが大事になって来るでしょう。

あまりにもポジティブ過ぎる発想で結婚すると、このようなことになったときに、二人の関係が破綻するのも早いです。

※表示価格は記事公開時点の価格です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー