結婚相手の職業が気になる!結婚したくない職業ランキング10選

結婚相手の職業が気になる!結婚したくない職業ランキング10選

結婚

結婚したくない職業【男性編】

男性

女性は現実的なので、結婚相手に求めない職業についてもしっかり考えています。 金銭的なことばかりではなく、時間帯や浮気などあらゆることについても気にしており、なかには、素敵な人でも職業で結婚相手として見ないという人も。

介護士

介護士の男性と結婚したくないという女性は多いです。 介護という仕事は誰でもできる仕事ではありませんし、無くなってはならない仕事。 それは分かっているのですが、どうやら介護士という仕事の取り巻く環境の悪さが理由のようです。

介護士は、交代勤務の上に激務で低賃金というイメージが強いですよね。 実際に介護士の人が近くにいる人であれば知っていると思いますが、離職者も多いので、仕事に関しても相当な負担を強いられます。

このような環境なので、良好な人間関係が築きにくい職場も多いようで、そのことがさらに離職のスパイラルとなっているとか。

年収が上がれば、解決できる問題も多いように感じますが、あらゆる面で確かに大変です。

フリーター

積極的にフリーターの人と結婚したいという女性は少ないとは思いますが、でき婚という場合などは可能性としてありますよね。

フリーターの本人は仕事への責任感や拘束時間が長くないということなど、少々楽に仕事ができるという感覚でいるかもしれません。 しかし、女性から見ると、いつ契約を打ち切られるかもしれないとか、保証のない状態でいることに不安になるものです。

さらに、周りにも仕事のことを聞かれたときに言いにくいというのもあるでしょう。 結婚そのものを親に反対されるということも考えられます。 もちろん、責任を取らなくていいとか、拘束時間が長くないということもあり、収入面でも少なめの印象です。

美容師

カリスマ美容師とか、イケメンでおしゃれな人が多い印象のある美容師。 この職業も結婚したくないと思われがちです。

その理由は、ほかの女性の髪を触るのが嫌だとか、接近し過ぎていて気になるという職業そのものに関することが多い印象。 また、長時間重労働や休みが少ないという印象が強いので、一緒に過ごせないというのも理由のひとつでしょう。

収入面においては、美容師として独り立ちをして繁盛すれば高収入も期待できるでしょう。 お勤めの場合、大手チェーンの店長というような肩書きがなければ、女性美容師と同等の収入です。

美容師がお店を出したがるのは、このように収入面のアップを期待してのことが多いと聞きます。

飲食店勤務

飲食店勤務というのは、長時間の拘束があり、休みが少ないイメージがあります。 勤務時間の多さの割には賃金も少なめの印象があるので、結婚したくない職業として挙げられることも多いとか。

また、感染症が起きたときに、仕事そのものができない状況になる可能性も露呈された印象があるため、不安定さを感じます。

また、飲食店を経営するという場合は、成功すればセレブな生活を送れる印象もありますが、仕事をしているとき以外であっても、仕事のために研究したり、人と会ったりする時間も長いです。

結婚したのに、仕事ばかり…という不満を抱えやすいこともあり、結婚相手としては避けたいと考えてしまいます。

警察官

警察官

警察官といえば、公務員なので収入は安定している印象がありますよね。 しかし、結婚したくない職業として挙げられることも多いとか。 それは、警察官特有の問題があります。

警察官は、家庭でも厳しい人が多く、独特の職場環境ということもあって、一般的な会社員の男性とは全く違うタイプが多いようです。 結婚相手にも厳しく接する人が多く、完璧を求める傾向の人が多いとか。

また、勤務時間が交代制とか泊まりがあるということもあり、浮気をしやすい環境です。 実際に警察官の知り合いがいる人は聞いたことがある人もいるかもしれませんが、どうしても異性関係のトラブルが周りに多いもの。 実際、離婚している人も多い印象です。

営業職

営業職というと、華やかで仕事としては結果を残せばすべてよしの印象がありますよね。 その分、影では相当の気遣いと努力をしている職業とも言えるでしょう。

営業成績を上げなければ、給料が低いという会社も多いので、少々無理をしてでも成績を出します。 自腹購入、お客様へのプレゼント、長時間勤務などはザラなので、何のために仕事をしているのか分からないという場合もあるとか。

そのような状況を知っていると、営業職の人とは結婚したくないと思う女性が多いようです。 成績が良ければまだ救われますが、それでも成績が悪いと本人も家族もストレスを抱えることになるでしょう。

自営業

自営業といっても、家族経営のようなところから、大きな会社を経営している場合もありますよね。 自営業は避けたいという女性に多いのが、収入が安定していないという印象を受けるからだとか。

仕事で成功すれば、サラリーマンとは比較にならないくらいの年収になりますが、場合によっては倒産という可能性も否定できないでしょう。 安定を求める女性にとっては、高収入の可能性よりも、それなりに暮らせる収入が安定して貰える方がいいと考えがち。

女性らしい発想でもありますよね。

広告代理店

華やかで高収入のサラリーマンとして知られているのが、広告代理店勤務ではないでしょうか。 仕事上の交友関係も広いですし、生活ぶりも派手。 仕事柄、夜遅くや休日出勤もあるので、浮気をしやすい印象もあるでしょう。

さらに、浮気をしているような異性関係が派手という既婚者が多いので、周りに悪い影響を受けやすい点も気になるとか。

せっかく結婚したのですから、異性関係のトラブルは避けたいですよね。 結婚したのに、心配ばかりするようであれば、安定した生活を送るのは難しくなります。

工場勤務

工場勤務の多くは、交代制で働いており、いわゆる時間帯が不規則な仕事です。 土日祝は関係ないことが多いですし、配属部署によっては連休が取りにくいという場合もあります。

また、工場勤務といっても、その仕事はさまざま。 なかには、危険を伴うような工場勤務も存在するでしょう。 怪我や労災の心配もあるので、女性によっては結婚相手として避けたいという場合もあるようです。

収入は大手の工場勤務は、正社員であれば一般のサラリーマンよりも年収は高くなるでしょう。 どれくらいの規模の工場で、大手なのかそうでないのかによって左右されます。

スポーツインストラクター

スポーツを仕事にするということもあり、スポーツマンであることは間違いないのが、スポーツインストラクターです。

仕事柄、女性と接することも多く、距離が近いということも気になるようです。 相手はお客様ということもあり、ある程度は親しくなることもありますし、無下に断れないということもあります。

とはいえ、プライベートでも親しいというのもどうかと思いますし、線の引き方が難しい職業です。

また、どうしても軽い印象を持たれることも、結婚相手として選びたくない理由のひとつだとか。 さらに、感染症が流行した際に、スポーツクラブが閉鎖されてしまったこともあり、収入面でも気になる意見もあります。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事