アプリで出会い結婚するのはアリ?マッチングアプリのメリットや体験談とは
2794 Point
更新

アプリで出会い結婚するのはアリ?マッチングアプリのメリットや体験談とは

最近では出会ったきっかけが、マッチングアプリだという話聞きませんか?今では出会いの手段の1つとして、認知されています。アプリで出会い、結婚するメリットなどを解説します。

彼氏が急にできた友人に、出会いのきっかけを聞くと、マッチングアプリだったというケースが増えています。 以前は、マッチングアプリに対して、あまりよいイメージを持っていない人がほとんどでした。 現在は、優良なアプリも増えたことで、婚活に利用する人も多くなっています。

自然に出会いたいという女性もいますが、結婚相手に相応しいとは限りません。 マッチングアプリで出会い結婚するメリットや、体験談などをみていきましょう。

カレと結婚したいなら今すぐ相談
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

アプリで出会い結婚する人は増えている

スマホを見る女性

pixabay.com

アプリで出会い結婚する人は、いったいどのくらいいるのでしょうか。 年々利用者が増加傾向の中、結婚できるのはどのくらいの割合なのか知りたいですよね。 アプリで出会い結婚するための、基本知識をみていきましょう。

アプリで出会い結婚した人の割合

マッチングアプリを利用して、好みの良い相手と出会った人はどのくらいいるのでしょうか。 アプリのサイトによって異なりますが、比較的好みに近い男性と出会えたという女性が多いです。 その中で付き合い結婚したという女性は、全体の4割ほどいるというアプリもあります。

相手のデータを事前に見ることができるので、多くの男性の中から自分の好みの男性を選ぶことができるため、好みの相手をみつけることができるのです。 そのため、アプリで好みの相手と出会い付き合って結婚に至るというのは、ごく自然なことと言えるでしょう。

アプリでの出会いは抵抗ない?

アプリを利用していても、出会いに対する不安や抵抗を持っている人はいます。 本当にまともな人がいるのだろうかと、疑心暗鬼に思うのは当然なことです。 変な人に出会ってしまい、失敗してしまったらと考えることもあります。

アプリを使うことは受け入れられても、相手と直接会うことに抵抗がある場合も。 結婚できる相手を探しているのに、遊ばれて終わってしまうような使い方は、したくないという気持ちがあるからです。 アプリで相手を探しても、相手が本当のことを言っているのかわからないため、慎重に行動する人が多いと言えます。

アプリにはどんな男性がいる?

アプリで出会いを探す男性は、20代~30代が中心となっています。 年代や職業などは、アプリの特徴によって変わりますが、幅広いタイプの男性がいるのです。 結婚を意識した出会いを求める男性の場合は、30代以上が多く40代の男性が目立ちます。

気軽な出会いを求めるアプリの場合は、20代の若い世代が多くいるのが特徴です。 アプリの特色によって、男性の特徴が変わるので、自分が求める男性がいるアプリを選ぶことが大事となります。 学生もいれば、ハイスペックな男性もいる場合もあるので、さまざまな男性と出会えるチャンスがあるのです。

アプリで出会い結婚したときの馴れ初め話5パターン

pixabay.com

アプリで出会い結婚した場合、馴れ初めを聞かれて困る場合があります。 友人なら理解してくれますが、親や親せきなどには言いづらいものです。 うまく乗り切れる出会いの馴れ初めとは、どんな設定があるのでしょうか。

知人の紹介

出会った馴れ初めとして一番自然で、疑われにくいのは知人の紹介です。 共通の知人を通して知り合ったと言えば、変に突っ込まれることは少ないと言えます。 どこの誰の知り合いなのかまで聞いてくる人は、ほとんどいないはずです。

万が一聞かれてもいいように、仲の良い友人の知り合いなどという設定は作っておいてもよいでしょう。 会社の人など、直接相手が知らない人にしておくと、より面倒なこともなさそうです。 特に念入りな設定を考えすぎなくても、さらっと知人の紹介で出会ったと言えば親や親せきは納得してくれるでしょう。

共通の趣味

共通の趣味を通して知り合ったと言えば、出会いの馴れ初めとして自然です。 例えば、スキー場で知り合いスキー仲間として会ううちに、付き合うようになったというようなこと。 スナックやバーなどで知り合った人が、言いづらいため共通の趣味を通して出会ったとするのと同じです。

この場合、なんの趣味で出会ったのかと聞かれることは想定しておきましょう。 スキーをやる人ならスキーでもいいですが、知らない内容の趣味だとつじつまが合わなくなってしまいます。 スポーツジムやジョギングなど、誰でもできそうな趣味にしておくと良いでしょう。

飲み会で知り合った

友人との飲み会で知り合ったというのも、よくある話なので使えます。 合コンと言ってしまうと、まだ抵抗がある高齢者もいるかもしれないので、飲み会や食事会としておくのがよいです。 どの飲み会で会ったのという程度の質問はある可能性が考えられるので、同級生同士の飲み会とか、会社の飲み会などの設定だけはしておきましょう。

友人など若い人なら、合コンで会ったんだなと考えるはずですし、年配の人たちなら飲み会だと納得できます。 知人の紹介同様、よくある馴れ初めなので誰も疑問を持つことはなく受け入れられることでしょう。

SNSのコミュニティで知り合った

SNSのコミュニティを通して知り合ったというのも、今の時代では自然なことです。 親以上の世代でも、理解できる人は増えています。 コミュニティと言っておけば、共通の趣味と同じような感覚で理解してくれる人もいるでしょう。

そして、友人たちに後々アプリで知り合ったと伝えても、言い方を変えただけと納得してくれます。 さまざまなSNSがあるので、中にはどんなSNSのコミュニティか聞いてくる人もいるかもしれません。 そんなときに対応できるように、音楽のコミュニティなどジャンルだけ設定しておくとよいでしょう。

正直に言う

敢えて、正直にアプリで知り合ったと言うこともできます。 この場合、アプリでの出会いに対してどんなイメージを持っているかが問題。 例えば、親には言えても、親が親せきに言いたくないとなってしまうこともあるからです。

正直に言いたい場合は、まず親に言ってみましょう。 身内だけの結婚式であれば、正直に言ってもよいとなるかもしれません。 しかし、大きな結婚式の場合会社や親せきなどとの関係もあるので、言わない方が良い場合もあります。

正直に言うときは、アプリの出会いの良さを伝えてイメージがよくなるようにしましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー