復縁後は結婚へつなげよう!復縁婚できるカップル・できないカップルの違い
3697 Point
更新

復縁後は結婚へつなげよう!復縁婚できるカップル・できないカップルの違い

復縁後に結婚までいくカップルとそうでないカップルの特徴を知ることで、復縁結婚までスムーズにお付き合いを進めていきましょう。結婚を意識したとき何に気を付けたらいいのかまとめています。

一旦別れたカップルが復縁する確率が20%にも満たないと言われるなかで、復縁後に結婚できるカップルと、そうでないカップルにはどのような違いがあるのでしょうか。

復縁後に結婚するカップルには、それまでの付き合いでは見られなかった違いが見られるようになるとか。 それは、将来に向けて今を生きるということです。

それぞれのカップルの違いを考えるとともに、復縁後に結婚まで行くカップルであるために、どういう付き合いをしたらいいのかを考えていきましょう。

カレと結婚したいなら今すぐ相談
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

復縁後に結婚したカップルの特徴

結婚

pixabay.com

復縁後に結婚したカップルにはいくつかの特徴が見られます。

それは二人の気持ちにおいての特徴でもありますし、カップルとしての特徴もあります。 また、一旦別れたときの理由にも特徴が見られるようです。

お付き合い期間は3年以上

以前のお付き合いが3年以上の期間となる場合、復縁後に結婚に行きやすいと言われています。

二人の関係性が安定していることもあり、お互いの性格についても理解しているはず。 よほどのことがない限り、結婚に反対されるということもないでしょう。

カップルが3年以上も付き合っている場合、その多くが親にも紹介しているということが多く、そこに年齢的要素が重なれば結婚を選ぶのはごく自然なこと。

そもそも復縁したことも、結婚を意識しての場合がほとんどでしょうから、このようなカップルの場合、復縁後1年以内に結婚することが多いでしょう。

復縁してから無理をせずに付き合えるようになった

別れる前のお付き合いが、自分を出せずに、嫌われたくないという気持ちだけで付き合っていたという人もいることでしょう。

しかし、そのような付き合いは表面上で付き合っているというだけであり、本当の意味で心と心がつながっているとは言えませんよね。

一度別れることにより、以前のお付き合いを反省し、自分を出せなかったことを反省すれば、本当のあなたと付き合って貰えるでしょう。

誰しも本当の自分を出せる場所というのは心地よいものですし、お互いが同じように思っているのであれば、その先に結婚があるのは自然なことと言えるでしょう。

いったん別れたことで相手の大切さに気が付いた

付き合っているときには、相手がいることが当たり前になってしまい、その大切さに気が付かないということがあります。

一度別れることによって、相手の大切さを理解するということはよくあること。

本来ならば、付き合っているときに気が付くべきことだったのに、手放すことでその大切さに気が付き、復縁に成功した場合は、その先にあるのは結婚しかないような気もします。

このまま付き合っているだけだと、また別れるということがあるかもしれない。 恋人同士という曖昧な関係でいるよりも、夫婦になることは、二人の関係において「重み」が全く違います。

結婚後の生活を思い描くことができた

結婚後の生活が思い描けるということは、それまでの付き合いそのものがある程度の期間を経ており、一緒に過ごす時間が長くないと言えないことですよね。

一緒にいて、生活することに不安や疑問がない、安心して一緒にいられると確信した場合、その先には結婚が見えて来るはずです。

もしかして、そこにはトキメキというものがあまり見られないかもしれません。 しかし、結婚生活を上手く続けていくために必要なことはトキメキではなく、安心とか癒しという要素です。

その点において問題がないのであれば、結婚することになるでしょう。

再び別れたくないから結婚するしかないと思った

一度恋人同士という関係を清算して、他人の二人となった場合、それまでどのような付き合いをしていたとか全く関係なく、すぐに他人になるということを思い知らされます。

それだけ恋人同士という関係は、「別れよう」という一言だけで、それまでの年月をなかったことにできるという関係なのです。

別れるということの重みを知ると、恋人同士と夫婦の関係性の違いを思い知らされます。 前に経験した別れを二度と経験したくないと思った場合、二人が選ぶのは結婚という道しかありません。

特に男性から復縁を申し込み、再度付き合うということになった場合、結婚へとスムーズに進むことが多いでしょう。

人として好きなのでずっと一緒にいたいと思えた

結婚生活に必要なのは、異性としてドキドキするような関係性ではなく、人としてお互いを好きかどうかにかかっています。

どのような人がそういう人に該当するかは、それぞれの好みもあるとは思いますが、ある程度の条件はあるようです。

・信頼できる人か ・思いやりがある人か ・自分のことを大事にしてくれる人か ・一緒にいて安心できるか ・言いにくいことも伝えてくれるか

概ね、このような条件があるでしょう。 思いやりがあり、自分のことよりも相手の気持ちを考えて行動できる。

このような人は常識のある人と結婚すれば、基本的に上手くいくタイプです。

復縁までの流れが運命的だと感じた

復縁

pexels

復縁したいとずっと思っていたという場合、その多くが振られた側ですよね。 ずっと好きで信じて待っていたという期間に、スピリチュアルな出来事が何度もあった…このような場合は相手に運命を感じることでしょう。

相手の夢を見るとか、絶対に偶然会えるような場所でないのに偶然出会う…絶妙なタイミングでさまざまなことが起こると、運命を感じてしまいますよね。

スピリチュアルなことに興味があるという場合、偶然が重なるとそれを必然と思うでしょう。 しかし、この発想そのものがあるからこそ、運命の人を見逃さないのかもしれません。

信頼関係を築くことができた

信じられる相手と付き合うということは意外と難しいものです。 というのは、多くの人は信じていると思いながらも、そこに一点の曇りのない信頼関係を結んでいるとは言えないからです。

どうしてそうなるかというと、これまでに一度でも裏切られたり、嘘を付かれたりした経験があるから。

表面上では信頼しているとか、信じていると言ってみても、本当のところは「信じたい」という希望であることが多いものです。

本当の信頼関係を築くことができるというのは、過去に信頼関係を覆してしまうような出来事がないことが条件なのかもしれません。 人は一度でも裏切られてしまうと、その事実は心のどこかに残ってしまうものです。

別れた理由が相手を嫌いになったからではない

二人が別れたときの理由とはどのようなものだったのでしょうか。 その理由が、相手のことを嫌いになったわけではないという場合、復縁後に結婚する可能性は高いでしょう。

一度相手のことを嫌いになったという場合、まず復縁にもハードルが高いですし、復縁までたどり着いても、その先に結婚があるかどうかについて話は別。

復縁後に結婚するカップルというのは、以前別れた理由が相手の性格面や行動面に問題があったわけではなく、自分の問題であることが多いです。

たとえば、相手に自分がふさわしくないとか、良くして貰うことが重くなったなど。 自分の心が狭かったり、ストレスで余裕がなかったりした場合は、相手に問題がないのに別れたくなるということがあります。

※表示価格は記事公開時点の価格です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー