結婚に焦りを感じる女性必見!幸せになりたいなら焦りすぎないことが大切!

結婚に焦りを感じる女性必見!幸せになりたいなら焦りすぎないことが大切!

結婚

結婚に焦りを感じる女性は意外と多いものです。ここでは、結婚を焦ることで起こりやすい事例についてまとめました。焦りの理由と自分を落ち着かせる方法を知り、幸せへとつなげましょう。

同僚や同級生が結婚するという話を立て続けに耳にすると、どうしても焦ってしまいますよね。 しかし、焦りは禁物。 焦っても状況は変わりませんし、結婚は焦ってするものではありません。

最近は、適齢期という言葉もだんだん聞かなくなってきました。 人生のスピードは人それぞれであり、人より早いとよいとか悪いというものではありません。

自分というものをしっかり持って、自分の人生を生きていくことが大切です。

結婚に焦りを感じる理由とは

結婚

私ってどうして結婚に焦っているのだろう? 周りと一緒じゃないと嫌だから? 何に不安を感じているのか分からなくなることがありますよね。

まずは、自分がどうして結婚に焦っているのかを知ることが大事でしょう。

年齢を重ねることに不安がある

歳を取るということを楽しみと思う人はあまり多くないでしょう。 歳を取れば、老いの問題も出てきます。

子どもを持つことを希望している人にとって、出産もいつでもできるわけではありませんし、結婚相手も年齢を重ねると探すのが難しくなるのが一般的。 理想の人がいたとしても、若い子には見た目で負けてしまうので、なかなか巡り合えないということがあります。

さらに、これまでさまざまな男性を見て来たからこそ、妥協して選びたくないという思いもあるとか。

年齢を重ねていくことに不安があるからこそ、早く誰かと結婚したいと思うのも分からなくはないですよね。

将来ひとりでいることに不安になる

ひとりでいるということは、すべてのことを自分でやらなければならないということです。 これは、若いときであれば自由であるという意味でひとりも楽しいものですが、年齢を重ねていくと不安になってしまうもの。

それは、病気のときなどに誰も頼る人がいないという経験をすると、特にそう思うとか。

結婚していれば、お互いに助け合ってやっていけると思ってしまうのも分からなくはありませんよね。 しかし、実際のところは、結婚しているからと言って、かならず助け合っているかどうかは、分からないものです。

ただの同居人という夫婦、仮面夫婦、家庭内別居などあらゆる夫婦がいます。

結婚できない女性と思われるのが嫌!

女性

同級生など同じくらいの歳の女性が結婚しているなかで、自分が結婚できない女性だと思われるのが嫌だと思っている女性もいます。

確かにある程度の年齢になると、結婚していない人に対して疑問に思うことはありますよね。 あの人は結婚しない主義なのだろうか?それとも、結婚できないのだろうか?と。

周りにどう思われるかを極端に気にする人というのは、このようにやや被害妄想じみた発想をすることがあります。 本当に大切なのは、自分がどうしたいのか?ということではないでしょうか。

あの子が?という子が先に結婚したから

意外とありがちなのが、マウンティング女子が結婚できないというパターン。 これは、自己評価の高さが原因かもしれません。

自分のなかで、あの子が?という子が結婚することになると、焦る。 さらに、自分より下に見ている、あの子の相手がなかなかの男性だとさらに焦ります。

そして、どうして私が結婚できないのだろう?と思うわけです。 しかし、マウンティング女子が好みそうな好条件の男性というのは、女性に対してもしっかりと見る目を持っているので、マウンティング女子を選ぶことはあまりありません。

見た目だけを飾っても、中身がないと頭の良い男性にはすぐにばれてしまいます。

仕事の壁にぶち当たっている

結婚を考えるような年齢になったときに、同時に仕事もおもしろくなって来るということがあります。

しかし、仕事もいつでも順調というわけにはいきませんよね。 壁にぶつかることもありますし、場合によっては転職したいとか、独立したいと思うこともあるでしょう。

そのような仕事の壁にぶち当たったときに、結婚を焦るという人がいます。 しかし、結婚は仕事の逃げ場ではありませんし、相手もいることなので相手にも失礼です。 もし、結婚を仕事の逃げ場にして上手く逃げたとしても、それで幸せになれるとは限りません。

独身の友達がいなくなるから

女同士の仲良しグループでも、既婚者と未婚者では見えない壁のようなものがあります。 お互いに変に気を遣うようになって、会話の内容も考え込んでしまうことがあるでしょう。 どちらかと言えば、既婚者側が旦那さんの話や子どもの話をしたいと思っても、未婚の友達には話にくいようです。

一方で、独身だと既婚者の友達を誘いにくくなりますが、妊婦になったり、子どもができたりするとさらに誘いにくくなる…。 このように、仲良しグループも、頻繁に会えなくなって来るものです。

そして、またひとり結婚するということになると、独身が少なくなると焦るのも分かりますよね。

親からのプレッシャーがあるとき

20代前半の頃は、親が近所の○○さんが結婚したとか、親戚の○○さんが婚約したとか聞いても、何も思わなかったという人が多いのではないでしょうか。 しかし、20代後半くらいになると、妙なプレッシャーを感じてしまうということがあります。

親は私にプレッシャーを与えるために言っているのでは?とか、お見合いでも何でもいいから、早く結婚するように…など。 直接聞けば解決する問題なのに、聞いたら、親が結婚についてしつこく聞いてきそうなので聞けないものです。

正直、このようなプレッシャーはかなり重いものですよね。 これが嫌で実家暮らしを止めて、ひとり暮らしをするという人もいるくらいです。

同世代の芸能人が結婚したとき

同世代の芸能人が結婚すると、まるで同級生が結婚したかのような気分になることがありますよね。 祝福すると同時に、焦りを覚えてしまうのも言うまでもありません。

特に、学生時代にデビューして、第一線で活躍していた芸能人が結婚した場合、同じ時代を過ごしてきたという思いが強いので、妙に感慨深くなることも…。

そして、その芸能人が出産すれば友達が出産したかのように感じ、離婚すれば友達が離婚したかのように感じることになるでしょう。

やはり、同世代というのは、いつでも気になる存在であり、その動向をチェックしたりするものですよね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。