教員の結婚の不安と実態について!幸せになるために知っておきたいこと

教員の結婚の不安と実態について!幸せになるために知っておきたいこと

結婚

教員の結婚について、実態とタイミングを中心に紹介しています。また、女性教員のイメージや未婚率が高めという理由についても探ってみました。不安の解消として、参考にしてください。

教員という仕事は独特な世界とも言われます。 仕事とプライベートを分けにくいですし、結婚についても不安があるでしょう。

女性教員が結婚したいと思ったときに、結婚についての実態や結婚相手についても気になりますよね。 結婚した際に想定される問題を知ることにより、結婚後に上手く行くための方法を模索しましょう。

結婚相手については教員同士が多いと言われていますが、出会いがないという場合についての対策法も参考にしてください。

教員の結婚の実態

教師

教員という仕事をしていると、仕事が忙しく、気が付いたら歳を重ねていたということに。 教員の実態には、いくつかの傾向があるように感じます。 教員の結婚を身近に感じ、自分の結婚に当てはめて考えるようにしましょう。

教員同士の結婚が多い

会社員であれば職場結婚と言われますが、教員同士も職場結婚が多いです。 結婚を考える年齢のときに、勤めていた学校の同僚というパターンが多く、なかには同僚からの紹介ということも。

同僚からの紹介という場合でも、他校の教員ということがほとんどなので、どうしても教員同士が結婚することになるようです。

教員同士の結婚のメリットとして、仕事上の悩みの相談や意見を交わすことができます。 また、良いパートナーを見つけることができれば、お互いに刺激し合い、結婚後の仕事もスムーズに進みそうです。

女性教員は未婚率がやや高め

女性教員は意外と未婚率も高いという特徴があります。 管理職を目指すという女性教員も増えて来ており、実際に年々学校の校長や教頭が女性というパターンは多く見られますよね。

どうしても仕事に比重を置いた生活をしてしまう傾向が強いですし、結婚を考える年齢のときには、教員としての経験もまだまだといったところ。 どうしても、一人前の教員として認められたいと思い、真面目な人ほど結婚を考えられないようです。

また、女性教員の印象として挙げられるのが、真面目でお堅いという印象。 そのことで、男性からするとハードルの高い女性と思われてしまうということも言えます。

公立学校の場合は異動もある

公立学校の教員の場合、主に県内での異動があります。 結婚したから異動は免除ということはないので、子どもがいる場合はどのような生活スタイルにしていくか難しいところでしょう。

通勤できるような距離であれば通勤も可能ですが、同じ県内であっても転居しなければ難しいという場合もあります。 その場合は、家族構成などによっても変わって来るもの。 家族で引っ越しをするという場合もあれば、単身赴任という場合も。

頻繁に異動させられるということはありませんが、5~7年での異動が一般的であり、それよりも短い場合もありますし、長い場合もあるでしょう。 一方、私立学校の場合は系列学校があれば異動もありますが、そうでない場合はありません。

女性教員は結婚後退職するケースも

旦那さまが転勤族という場合には退職し、塾講師や異動先の公立学校の非常勤講師などをする場合もあります。 最近は教員も非常勤が多くなっていますし、経験もあることから採用されやすいでしょう。

安定した職種なので辞めたくないという人も多いのですが、教えるということは他の方法でもできることと考えている人も多いようです。 また、子どもが産まれてからも、公務員の場合は福利厚生が充実しているので、続けやすいと言えるでしょう。

しかし、子どもが好きで教員になった人だからこそ、子どもは自分の手で育てたいという人が多いのも特徴として見られます。

働く環境としては恵まれてはいますが、自分の想いが交錯して、かなり悩む女性教員もいるようです。

高校の男性教員の奥さんは教え子というケースも

ドラマのような話だと言えるのが、男性教員の奥さんが元教え子というパターン。 特に高校教師の場合に多く、部活動の顧問と生徒の関係だったとか、担任と教え子という場合も。

また、教え子が教師になり、母校に赴任し、知っている先輩教師として指導しているうちに…という場合もあるようです。 これは、職場恋愛に近いものがあるでしょう。

誤解されやすいこともあり、あまり大きな声では言わないことが多いとは思いますが、意外と多いですよね。 奥さんが高校生のときを知っているのであれば、もしかして当時から付き合っていた?どのような目で見ていた?など気になることがたくさんあります。

最近は離婚率も増加気味

世の中の離婚率も婚姻した3組に1組が離婚すると言われていることもあり、当然のことながら、教員の離婚も増加傾向です。

教員の場合、お給料が安定していることもあり、シングルマザーで育てることが可能だという点も離婚の増加のひとつなのかもしれません。

教員という立場上、○○先生と呼ばれるため、離婚のタイミングは学年終了時ということも多いとか。 生徒や保護者に対する配慮なのでしょう。

また、仕事がやりにくくなるため、離婚しても苗字を変えないケースも多く、普段から家族の話をしないのであれば、離婚したことを周りに知られないことも可能です。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。