男性が別れを後悔する瞬間!彼氏の未練を知り復縁に向けて動こう
4391 Point
更新

男性が別れを後悔する瞬間!彼氏の未練を知り復縁に向けて動こう

復縁したいけど、彼氏の気持ちが分からずためらっているあなた。ここでは、男性が別れを後悔する瞬間などをご紹介しますので、彼氏の未練を理解して復縁に動き出せるよう頑張ってみましょうね。

ついに彼氏との別れ…いろいろと後悔することも多かったのではないでしょうか? ですが実は彼氏も後悔している、または結果的に後悔することも多いのです。

ここでは男性が別れを後悔する瞬間や、あなたへの未練を感じさせる行動をご紹介します。 きっとあなたの復縁に向けての後押しとなるので、ぜひ最後までお付き合いください。

カレとどうしても復縁したいなら
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

男性が別れを後悔する瞬間

落ち込む男性

pexels.com

早速ですが、ここでは男性が別れを後悔する瞬間について、考えられるものをいくつかご紹介します。

実のところそんな瞬間は少なくなく、いつも素知らぬ顔をしている彼氏も、案外裏で悲しんだりしているものなのです。

元カノが充実していると気づいたとき

ひょんなことで、元カノが充実している毎日を過ごして幸せと知った…ここで元彼は別れを後悔してしまいます。

理由は単純で、つまりは「自分と別れたあとのほうが幸せ」と感じてしまい、元カノにとっての自分の存在意義を疑問視してしまうからです。

さらにこの場合、元彼がネガティブな傾向であることから決して自分が幸せとは思っていない、現状に満足していないことが伺えます。

そのため幸せな印象がある元カノに対して、「自分はこんなに不幸なのに」と嫉妬心も抱いてしまう場合もあるんです。

存在意義への疑問視と嫉妬心…こんな感情を抱くことになるなら、別れるべきではなかったと強く後悔してしまうのでしょう。

周囲の誰かが結婚したとき

自分の周囲の誰かが結婚したときも、元彼が元カノとの別れを後悔する瞬間となります。

ここで大多数の女性は、結婚が「うらやましい」という意味で、元彼が後悔していると思われているのではないでしょうか。

実はそうではなく、この場合の男性は結婚がうらやましいのではなく、「周囲が幸せなのにどうして自分は不幸なのか」と、どちらかというとネガティブな意味合いと言えます。

そして、そんな幸せを得られるはずだったのにと、元カノとの別れに焦点を当てて、別れた事実を悔やんでしまうんです。

この場合の男性の気持ちを言葉にするなら、「別れなかったら結婚の可能性もあったよな」といった感じですね。

元カノが自分に執着していないと分かったとき

別れる際、元カノが自分に執着していないと分かったとき、元彼は別れを悔やむのもそうですがひどい虚無感にも苛まされます。

それもそのはずで、まずフラれた場合ならフラれている時点で拒絶があることから、相手に自分に対する執着がなくても納得できますよね。

しかし、意を決して別れを告げたのにあっさり受け入れられてしまうと、肩透かしというレベルではありません。

元彼である自分とは一体何だったのか…元カノにとって自分とはどういう存在だったのか…そう悩んでしまうんですね。

元カノが、そんな反応を示すと分かっていればもう少し踏みとどまっていたのに、時すでに遅し…後悔の日々の始まりです。

一人になったとき

一人になったとき、別れたばかりの女性はその多くが寂しさ、また後悔を抱くでしょうが、男性だってほとんどは同じです。

実際一人になった場合や、一人を感じさせられてしまった場合、人恋しさに元カノのぬくもりを思い出してしまうでしょう。 そして「どうして別れたんだろう」と自問自答を繰り返して、結果別れたことを後悔してしまうのです。

それに一人になると会話をしない、そもそも言葉を必要としないので、自然とさまざまなことが思い浮かんでは消えていきます。 その思い浮かべるものの中に、元カノがいても何ら不思議ではないのです。

元カノとの思い出の品が手元にあるとき

思い出の品

pixabay.com

自分の手元に元カノとの思い出の品があり、それが視界に入ったと同時に男性の多くは別れを後悔するでしょう。 つまり、元カノとの思い出の品というのは、多くの男性が元カノを思い出すトリガーなんですね。

思い出の品を見ると同時に、またはしばらく経ってから、その品に関わる記憶をたどることで当時の思い出が少しずつ鮮明になっていくんです。

そして、大抵「あえて残してあるもの」は良い思い出があるものですから、元カノと付き合っていたあの頃は決まってポジティブに蘇ります。

ポジティブに蘇った記憶を噛みしめるものの、もう二度とあの頃には戻れない…別れを後悔しても何ら不思議ではありませんよね。

元カノに彼氏ができたとき

元カノに彼氏ができると、多くの男性は別れを後悔するとともに強い嫉妬心を抱くことが少なくありません。

一体どんな男と付き合っているのか、どんな素性なのか、自分よりイケメンなのかなど、相手の男性がとても気になるわけです。

女性からするとよく分かりませんが、男性は少なくない割合で同性に負けたくない気持ちがあり、そこは大多数の男性が競争社会で自分から進んで生きていることから分かりますよね。

男性は男性に負けるととても悔しく感じる傾向があって、この場合の元彼は「俺を捨ててまで付き合って男はどれほどのものか」的な思考なんです。 そこで新しい彼氏の方が、イケメンで社会的地位が上なら…元彼は当分立ち直れません。

イベントが近付いてきたとき

一人になったときの心理に近いですが、イベントが近づいてきた時期も、多くの男性は別れを悔やむ傾向があると言えます。

要するに、「もうすぐイベントなのにどうして俺は一人なんだ」といった、負の感情いっぱいの苦情めいた感覚です。 世間は色めき立っているにも関わらず、そんな世間に溶け込めない自分が情けなくて仕方がないんでしょう。

別れてなければ世間と同じようにイベントを楽しめていただけに、最初から恋人がいなく諦めている男性よりも、悔しさという面では強いと言えます。

久しぶりに会ったとき

元カノと久しぶりに会うだけでも、一部の男性はときに別れを悔やむ場合もあります。 まず考えられる心理としては、一定期間を置いての再会は単純に新鮮で、気持ちが新たなことから当時の別れの理由を忘れて「もったいない」と感じるのがひとつ目。

ふたつ目が、久しぶりに会って元カノを見れば、別れた当時よりも魅力的になっていることで「もったいない」という心理です。

どちらにせよ「もったいない」と感じるようで、今さらのように逃した魚の大きさに気づいてしまっているんです。

男性が別れたことを後悔する女性の特徴

アップの女性

pexels.com

ここでは、男性が別れたことを後悔する女性の特徴をご紹介します。 もしあなたがいずれか、または複数当てはまっているなら、元彼は高い確率で別れを悔やんでいるものと思われます。

当てはまっていなくても、再会後に元彼が新しいあなたに気づくことで後悔となるでしょう。

安らぎや癒やし与えてくれる

安らぎや癒しを与えてくれる彼女というのは、昨今の生きにくいこの世の中ではとても貴重で、はっきり言って引くてあまたでしょう。

仕事でギスギスした気持ちを和らげてくれる、疲れた気持ちを優しく包んでくれる女性は、大多数の男性の「理想の女性」にマッチするからです。

しかし元彼は別れた当時、元カノのそんな特徴に気づけなかった、または気づいていたものの女性なら当たり前程度に思っていたのでしょうね。

ですが別れた以降、安らぎや癒しを与えてくれる女性の希少性に、または安らぎや癒しを与えてくれていた元カノが必要だったとようやく気づいたんです。

いつも笑顔

「笑顔が当たり前」の女性…周囲の男性視点であれば極めて魅力的ですが、付き合っている男性にはいつものことでその魅力、重要度に気づけません。

笑顔は元気の源で、元彼はいつも元カノから元気を分けてもらっていたはずなのに、笑顔が日常化して慣れてしまった、格段魅力にも感じなくなったのです。

人間、「当たり前」や「いつものこと」にはなかなか感謝を見出せませんし、慣れすぎるとむしろウザいなんて考えてしまうことも。

しかし別れてからというもの、思い出すのはいつもの彼女の笑顔…そこで元彼は、「覆水盆に返らず」を理解することになるんです。

価値観が同じ

価値観が同じだった元カノと別れると、ほとんどの男性は結果的に後悔する羽目になるでしょう。 なぜなら同じ価値観であることは、結婚相手に求めるものの中でも上位…つまり、一緒に生きていく上で必ず求められるものといっても過言ではないんです。

価値の認め方、善悪の区別、好きなこと、嫌いなこと、考えの経緯などが同じというのは、一緒にいて違和感がなく居心地の良さを感じられます。

そんな同じ価値観の女性と別れてしまえば、今度いつ同じ価値観の女性と巡り会えるかなんて分かりません。 元彼は一時の迷いで別れたものの、もう得られない居心地の良さを再度得たいために、これからさまよい求めることになるんです。

優しい

優しい彼女…恋人のいない男性からすると夢のような相手ですが、自分の彼女がそうだとしても灯台もと暗しな場合が少なくなく、その結果涙を飲むこともしばしばです。

というのも考え方によっては、優しいなんて特徴はほとんどの女性に備わっているくらいにしか考えていなく、実のところ重視していないのが現実。

ですが、女性が彼氏に向ける優しさというのは、そんな万人向けの人当たりの良さではなく、彼氏に対する愛情の一貫だと多くの男性は気づいてないんです。

別れてから、ようやく元カノの優しさが自分だけに向けられた愛情だと分かり、今さらのごとく後悔に暮れてしまうのがよくあるパターンと言えるでしょう。

別れたときにさっぱりしていた

彼女に決別の意思を示した際に、おどろくほど簡単に受け入れられてしまった、また終わってさっぱりした様子だった場合、男性はやはり後悔することになります。

多くの男性からすると、自分は決死の覚悟で臨んだ場であるにも関わらず、そんな結果になってしまって拍子抜けてしまったのですね。

それだけに非常に印象深くなり、かえって男性側が元カノを忘れられなくなってしまったということ。 何せ別れてさっぱりされたのですから、その思惑や意図、また背景などが気になっても、それは自然な流れなんです。

そしていろいろ考えている内に、自分も悪かったとか別れる必要があったのかと思いつめて、後悔に至ってしまうのです。

付き合っていたときよりキレイになっていた

元カノが、付き合っていた当時よりもキレイになっていたなんて、大多数の男性がかなりの確率で後悔してしまう特徴です。

理由はひとつ、「逃した魚は大きかった」に尽きますね。 こんなキレイな、または可愛い彼女を自ら手放すなんて、当時の俺は何を考えていたのかと頭を抱えるでしょう。

もっとも、自分と別れたから今のような結果となった…なんてことも同時に考え、複雑な気持ちを抱える場合もあるようです。 どちらにしても、「今」が素敵な元カノを見れば何らかの形で、必ず後悔するでしょう。

※表示価格は記事公開時点の価格です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー