男性が結婚を決める時とは?きっかけやその気にさせる方法を紹介
2706 Point
更新

男性が結婚を決める時とは?きっかけやその気にさせる方法を紹介

付き合っている男性と結婚したいと思っていても、相手をその気にさせるにはどうしたら良いのでしょう。今回は男性が結婚を決めるきっかけや、どんな女性と結婚したいと思うのかを紹介します。

結婚願望がある女性にとって、現在付き合っている男性がその気になってくれるかどうかは死活問題。 「わたしは彼と結婚したいけど、彼はどうかな…」と不安になっている女性もいるかもしれません。

今回は、「男性が結婚を決める時」について解説。

どんなタイミングで結婚願望があらわれるのか、どんな女性となら結婚したいと思うのかを紹介します。 ポイントをおさえて、大好きな彼が結婚したくてたまらなくなる女性を目指しましょう。

カレと結婚したいなら今すぐ相談
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

男性が結婚を意識するきっかけとは

結婚式での新郎新婦

pixabay.com

若いころからずっと結婚願望が強く、良い出会いさえあれば結婚したいと思っている男性もいますが、そうでもない限りは「いつかは結婚したいなあ」程度にしか思っていないもの。

そんな男性が結婚を意識し、結婚しようと決めるきっかけにはどんなものがあるのでしょうか。

結婚ラッシュがきたとき

周囲の友人たちが結婚ラッシュを迎えると、男性は結婚を意識するようになります。 特に同世代の友人が結婚しだした場合には、「自分もそんな年齢なんだなあ」と感じる人も多いはず。

結婚ラッシュの時期には結婚式へ出席することも多いでしょうから、幸せそうな新郎新婦の姿を見るとなおさら「自分もこんなふうになりたい」と思いやすいでしょう。

結婚ラッシュは一般的に、20代中盤~後半で一度くるといわれています。 大学を卒業した人であれば、社会人生活に慣れ始め、仕事でも新たなチャレンジがある時期とも重なり、より一層「ひとりぼっちではなく、癒してくれる存在がほしい」と思い始めるころでしょう。

親の年齢が気になったとき

いつまでも若々しく元気だと思っていた親が、年齢を重ねて老いていくことにふと気が付いたときにも、結婚を意識する男性は多いといえます。

たとえば、普段は離れて暮らしており、久しぶりに帰省したところ思ったより親が老けて見えたという場合や、元気だと思って安心していた親が病気になってしまった場合など。

「元気なうちに孫の姿を見せてあげたい」「結婚式に呼んで晴れ姿を見せてあげたい」という気持ちがわいたとき、はじめて結婚できる相手を探そうという気持ちが芽生えるというパターンです。

付き合っている彼女の年齢が区切りを迎えたとき

特に長く付き合っているカップルにありがちなのが、「彼女の年齢が一区切りをむかえたときに結婚しようと思った」というもの。 具体的には、30歳、35歳といったあたりが多いでしょう。

特に将来的にこどもがほしいと考えている女性の場合には、出産や子育てに負担がない年齢を考慮すると、30代のあいだに出産しておきたいと考えている人も少なくありません。

結婚してもいいなと思っている相手にもかかわらず、なんとなくきっかけがつかめずにいたカップルであれば、彼女の節目の誕生日を迎えるころが良いタイミングになるのだといえます。

体調を崩したとき

「パートナーがほしい」と強く思うのは、なんといっても心細さや不安を感じたとき。 体調不良などが原因で自宅で寝込む時間が長いときには結婚を意識しやすいといえます。

「こんなにつらいのに、ひとりぼっちで寝込んでなければいけないのか…。やさしいことばをかけて甘えさせてくれる女性がほしい…。」と考えると、独身でひとり暮らしだと限界を感じてしまいます。

時間的にゆとりのあるライフスタイルのカップルや、同棲中のカップルの場合にはあまり感じられることはないかもしれませんが、たとえば大病を患って人生を考えるきっかけがあった場合にも、真剣に将来設計をすることもあるでしょう。

子どもをかわいいと思ったとき

男性の中にも、将来的に子どもを持ちたいという願望が強い人はいます。 これは本人が自覚していない場合もあり、ふとした瞬間に強く意識しだすことも。

たとえば、友人や親族に子どもが生まれ、お祝いで駆けつけたときに子どもが可愛く感じられたという場合。 また、子どもがいる友人や親族が幸せそうにしている姿を見て、うらやましいと感じることもあるでしょう。

ほかにも、他人の子どもであってもちょっとしたしぐさをみて愛おしく感じられたときなどに、「子どもがほしいなあ」と考える男性も。

その結果、子どもがほしいがために結婚したいと考えるのです。

老後が不安になったとき

孤独死のニュースを見たり、身近な人が病気で倒れてしまったりしたときなどに、「自分が高齢になったらどんな生活を送るんだろう」と冷静に考えてしまう瞬間もあるでしょう。

年を取ってからひとりぼっちで過ごすより、「やっぱり誰かと生活を共にしていたい、助け合っていたい」と思うことから、結婚を意識する男性も少なくありません。

きっかけとしては、身近な高齢者の様子を見ていて何か感じるものがあったときに考えるようです。 人生は予測不可能なことが起こりますし、誰しも年齢は重ねていきます。 ふとした出来事で、自分はどう生きていきたいかを考えさせられるということになります。

男性が結婚を決める時とは

結婚式場

pixabay.com

付き合っている女性はいても、いざ結婚となると思い切った行動ができない男性も多いもの。 そんななかで、「この女性と結婚しよう!」「すぐに結婚しよう!」と思うには、なにかしらのきっかけが必要です。

男性が結婚を決めるのはどんなときなのでしょうか。

付き合った年数の区切りを迎えたとき

ある程度長い付き合いをしているカップルほど、結婚するきっかけがつかめないこともあるでしょう。

特に、同棲までしているカップルであればなおさら。 結婚したところで大きな変化が想像つかないので、「無理にあせっていま結婚しなくても…」という思考になってしまいがちです。

そんなカップルは、多くの場合「付き合って〇周年」というタイミングで結婚を意識するようになります。

男女ともにもともと結婚したいという思いが強いカップルであれば、付き合って1周年ということもあるでしょうし、3年くらいになると区切りとしてはイメージしやすいかもしれません。

仕事で一区切りを迎えたとき

男性にとって、仕事は自己表現のために必要不可欠なもの。 仕事が落ち着くまでは、恋愛や結婚は二の次という男性も意外と多いのです。

そんななか、昇進が決まったり大きなプロジェクトがひと段落したりと、なんらかの前向きな節目があったときに、「そろそろプライベートも落ち着こうかな」と考えることも。

特に社会的な地位がある男性は、配偶者を連れて歩きたがる人も多いですし、家庭を持つことで一人前とされる風潮も日本では根強くあるため、その観点からも結婚したいと思う男性はいるでしょう。

転勤が決まったとき

転勤を伴う仕事をしている男性の場合、付き合っている彼女とそう簡単に会えない距離への異動を命じられたタイミングで、結婚に踏み出すことがあります。

遠距離恋愛が苦ではない男性の場合は、むしろ落ち着くまでは仕事にまい進したいという思いから現状維持をするかもしれません。 しかし、彼女にこの先も自分を支えてほしいと考えていたり、さみしさのほうが勝っていたりする男性の場合は、彼女についてきほしいと考えます。

しかしそれは、彼女の生活を一変させることにもつながります。 彼女が仕事を辞めることにもなるでしょうから、それなりに責任を持たなければならず、結婚を提案するのです。

目標の貯金が貯まったとき

もともと結婚願望はあり、こつこつと準備を続けてきた男性が、目標とする貯金が貯まって経済的にゆとりを感じられた場合に結婚に踏み切ることもあります。

結婚には何かとお金がかかります。 引っ越しにかかる費用、結婚指輪や婚約指輪、結婚式にかかる費用など何かと出費が想定されるため、ある程度のまとまったお金が用意できないとプロポーズする自信が持てないのです。

責任感が強い証拠でもありますが、なかには女性を一切頼らずに、なにかとひとりで抱え込んでしまう男性にも起こりがちなことでもあります。

彼女が妊娠したとき

「できちゃった結婚」というと、離婚につながりやすいネガティブなイメージも強いもの。 離婚率が高くなるのは事実なので、当然慎重になったほうがよさそうです。

しかし最近では、あえて意図的に避妊をせず「子どもができたら結婚しようね」と約束しているカップルも増えています。

これは、特に子どもがほしいという願望が強い男女にありがちなこと。 結婚してもいいくらい好きな相手であっても、子どもが授かれないと辛い思いをしてしまうと考えているので、あえて法律的なしばりのない状態で「子どもは授かりもの」と考えているのです。

この人しかいないと確信したとき

結婚願望の有無にかかわらず、「この女性を手放したら後はないかも!」と思った時に、相手の女性に結婚を申し込む男性がいます。

これはそれだけ彼女が理想的で、自分の人生に必要不可欠な存在だと確信したからといえます。

もともとは結婚したいと強く思っていなくても、婚姻関係を結ばないと彼女が別の人にとられてしまうかもしれない…そんなあせりを強く感じたら、あえて結婚という手段をとるでしょう。

理想の女性であることを長く感じさせていられるほど、こういうカップルは結婚後も関係性も円満でい続けます。

※表示価格は記事公開時点の価格です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー