バツイチ子なし男性の魅力とは?メリットや結婚するための方法を紹介
2233 Point
更新

バツイチ子なし男性の魅力とは?メリットや結婚するための方法を紹介

ある程度年齢を重ねると、一度も結婚したことがない男性だけでなく、子どもがいないバツイチ男性に知り合う機会も多いはず。今回はバツイチ子なし男性の魅力やアプローチ方法に迫ります。

好きになった相手が、子どもがいないバツイチ男性だったとしたら、未婚の男性よりもいろいろと悩みを抱えることもあるかもしれません。 ただお付き合いをするだけではあまり感じないことかもしれませんが、いざ結婚が視野に入ると、何かと障害が起きやすくなるのです。

今回は、バツイチ子なし男性の魅力や、バツイチ子なし男性と結婚するために必要なポイントを解説。 バツイチだからこそ、アプローチするにあたって必要な配慮や、女性側が懸念しておいたほうが良いことも紹介します。

彼の気持ちが知りたいなら
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

バツイチ子なし男性の魅力とは

男性

pixabay.com

同じ条件ならば未婚の男性でもよさそうなものですが、なぜかバツイチ子なし男性には、未婚男性にはない魅力があります。 ここでは、彼氏候補にバツイチ子なし男性がいる場合に、付き合った時にはこんな魅力があるというポイントを紹介します。

勢いで結婚しようとしない

子どもがいないということは、できちゃった結婚ではないということ。

しかしバツイチになる男女のなかには、結婚へのあこがれがあり「一度は結婚してみたい!」という気持ちから前のめりになって結婚する人も多いのです。

「絶対にこの人でないと」という強い意志や、「何があっても別れないぞ」という覚悟がないのに、「ちょうど結婚したいときに付き合っていたから」「年齢的にちょうど良いと思ったから」という理由で結婚してしまった人もいるかもしれません。

その結果バツイチになったことで、「同じ失敗はしないぞ」と慎重になる男性も多くなります。

結婚に夢を見すぎていない

結婚するときは、誰しもが期待に胸膨らませているはず。 しかし、良いところしか見ることができておらず、結婚に夢を見過ぎている男女も少なくありません。

こういう人たちは、結婚してから思い通りに行かないことが起こると「こんなはずじゃなかった」と過剰に落胆しがち。

結果的に、相手への不満や結婚生活への不満が募り、家庭崩壊を招いてしまいます。

バツイチの男性は、一度結婚していることから結婚の「リアル」を知っているため、過剰な期待をしない傾向にあります。

覚悟を決めてから結婚しているので、いざ結婚してから落胆することは少ないといえるでしょう。

失敗を学習している

もちろん例外はありますが、男女関係は経験を重ねるごとに、多くの人は学習していくもの。

悲しい別れ、辛い別れを経験すればするほど、次は同じことをしないように意識している人は多いでしょう。

特に結婚・離婚ともなると、費やすエネルギーが非常に大きいため、学習せざるを得ない人もいるはず。

ただしこれは、あくまで失恋や離婚を相手のせいだけにせず、自らの過失も冷静に振り返ることができる男性に限ります。

なかには、「違う相手ならうまくいくはず」と自分の非を見ずに信じ切っている人もいるので、注意が必要です。

本当に好きな人と付き合いたいと思っている

これは一度結婚を経験した人にありがちなのですが、「結婚したくて仕方なくて結婚したものの、いざ離婚したらこれからは結婚にこだわる気持ちがなくなった」というもの。

結婚というイベントや、法律で縛られた関係性、夫婦という肩書きを一通り経験し、それらにあまり意味を感じられなくなったときに起こります。

こういう男性は、本当に好きな人と付き合うということにメリットを感じることが多く、次の結婚もあせらずにじっくり関係性を作っていきたいと思っていることでしょう。

彼氏がバツイチ子なし男性であるときのデメリット

花束を持つ男性

pixabay.com

ここでは逆に、バツイチ子なし男性と付き合った時に、未婚男性に比べて女性が不満や不安を感じやすい点を解説。

一度結婚したことがある男性だけに、未婚男性にはない問題やデメリットがあるので、付き合う前におさえておきたいところです。

再婚に対して消極的な場合がある

一度結婚をして、あまりにも嫌な印象がついてしまっている場合には、再婚願望がないこともあります。

結婚そのものに意味を感じられなくなったり、結婚が自分に向いていないと思っていたり、結婚がきっかけで女性不振になったりするとこのようなことが起こりがちです。

子なしバツイチの場合には、子ありバツイチよりはまだ顕著ではないかもしれませんが、「妻を女性として見られなくなった」経験がある男性は特に消極的になっていることも。

「ずっと男女でいたい」という願望の強いバツイチ男性は、結婚ではその願望が叶わないと実感してしまっていることがあるのです。

失敗がトラウマになっている場合がある

いろいろと頑張ってはみたけれどうまくいかなかった…という印象を持って離婚してしまった場合、自分を責めるがあまり失敗がトラウマになってしまっている男性もいます。

ある意味、全て相手のせいにする男性とは対極的。 しかしこの場合は、自分を責める要素が強いので、「他の女性と結婚してもどうせうまくいかない」という、ある種の人間関係の逃避に変わっていることもあり、根深い問題を抱えています。

こういった男性と結婚したいと思うなら、相手の自信を回復させつつ、自責に逃げない強さを育てる必要があるかもしれません。

再婚しても結婚式を挙げたいと思っていない場合がある

結婚願望がある女性がバツイチ子なし男性と付き合う際に、覚悟しておいたほうがよいのは「もし再婚することができても、結婚式などのイベントは相手が乗り気ではないかもしれない」ということです。

バツイチ男性の多くは、一度はこうしたイベントを一通り経験済み。

特に結婚式ともなると、親族や親しい人を呼んで一度行った経験があるだけに、またそういった方々を呼ぶことに抵抗を感じることが多いのです。

周りの人たちも「またか…」と思ってしまうのも正直なところでしょう。

慰謝料などの支払いがある場合がある

バツイチ男性は、離婚した原因にもよりますが、場合によっては慰謝料の支払いなど、経済的な負担を抱えている場合があります。

子どもがいないぶん、養育費など将来にわたって長くかかる費用はないものの、離婚にはやはりそれなりに経済的なダメージがあるのは否めません。

ただ交際するぶんにはよくても、いざ結婚となると、その経済的負担が障害になる可能性があるのです。

特に、男性の浮気が原因で離婚した場合などは、慰謝料が発生していることを隠しているケースもありうるので、お付き合いしているなかでさりげなく離婚理由は聞いてみましょう。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー