彼氏と音信普通になったら別れるしかないの?男性心理と対処法を徹底開設!

彼氏と音信普通になったら別れるしかないの?男性心理と対処法を徹底開設!

カップル

彼氏と音信不通? 男性をうんざりさせるNGワード

不満顔の女性

彼氏が急に連絡をくれなくなったのは、連絡を取ることで気分が重くなったり、うんざりしたりすることが続いたからかもしれません。 女性が当たり前のように口にする言葉、男性にとっては疑問に感じることもあるようです。

一度二度なら流してくれるかもしれませんが、何度も続くと鬱陶しく感じて、音信不通という手段でバリアを張られてしまうかも。

仕事と私、どっちが大事?

いつも仕事を優先する彼氏に腹を立てて「仕事と私のどっちが大事?」と問いかける女性がいます。 ボロボロになりながら必死で働く彼氏がこのセリフを効くと、疲労感が倍増するようです。 しかし仕事をしない男性を女性はどう思うのでしょうか。

仕事をがんばる男性だから頼もしいと感じるのではないでしょうか。 様々な要因が重なり世界恐慌のような経済状況になってきている昨今では、いつ仕事を失ってもおかしくありません。 適当に仕事をすることなど許されず、ふるい落とされないためには全力投球という姿勢で臨むしかないのです。

私のこと好き?

世の中には「好きだ」「可愛い」と照れることなく言える男性と、好きという気持ちは態度で表したいという男性がいます。 彼女に「私のこと好き?」と言わせてしまう彼氏は、後者である可能性が高いでしょう。 そんな男性に無理に好きと言わせると、本人は苦痛に感じるかもしれません。

彼氏の言動に不安を感じると、女性は自分を安心させたいので、「私のこと好き?」と聞きたくなってしまいます。 しかし、「私が好き?」という質問に対して「好きだよ」以外に返事のしようはありません。 ですから、この質問を繰り返すことは彼氏をうんざりさせる以外に、なんの意味も無いということになってしまいます。

何してたの?

何してたの?という言葉を聞くと、束縛に感じる男性がいます。 ましてや「何してたの?」の口調にほんの僅かでも相手を咎めるような響きがあればなおさらです。

恋人同士であればお互いの行動についてある程度把握しておきたいという気持ちがあって当たり前です。 普段からの言動に留意して、彼氏が束縛されていると感じないように気をつけましょう。

彼氏と音信不通?連絡をくれない男性の深層心理

狩人

恋人と別れるために音信不通という方法を取るのは、女性よりも男性のほうが圧倒的に多いようです。 彼女を傷つけずに別れたかった、仕事が忙しかった、うっかり忘れていたなどの表面的な理由の奥底には、本人も気づいていない生物学的原因が隠れていることがあります。

悪者になりたくない自己防衛本能

恋の賞味期限は3年と言われています。 これは、恋愛初期に大量に分泌した脳内物質のドーパミンが減少し、ときめきやドキドキ感が消えていくことが原因です。 ときめきが消えても、相手との信頼関係が築かれることで安心感が生まれ、人生のパートナーとしてずっと一緒に過ごすカップルも存在します。

しかし、ときめきが消えると相手の短所ばかりに目がいき、嫌いになることもあります。 本当に相手を傷つけたくないのであれば、修羅場を避けたくても逃げずに、直接彼女に「別れたい」という気持ちを伝えるでしょう。

まだ彼氏だと思っているのに連絡が来ない、もうだめなのか、まだやり直せるのか宙ぶらりんの状態は、一番苦しい状態ですよね。

評判を気にする人、優しい人と思われたいズルい男性は自己防衛本能から音信不通で自然消滅をねらいます。 女を泣かせる悪い男だと思われたくないからです。

狩猟本能を持つ男性は重い女が苦手

男性は狩猟本能に突き動かされ、なかなか自分のものにならない獲物に食指が動くようです。 自分のほうからぐいぐいくる女性や、完全に自分のものになった女性に対しては積極的にアプローチせずに、放置してしまう場合があります。

種族保存の本能で、他の女性に目移り

男性も女性も結婚をして子供を産み育てるとき、種族保存の本能がはたらきます。 女性は出産した子供を無事に育てたいという強い気持ちをいだきます。

男性は自分の遺伝子をたくさん残したいという気持ちが本能的に働くようです。 浮気は男の甲斐性!という言葉は時代遅れかもしれません。 しかし、男性の本能やホルモンの働きと浮気症には相関関係が認められるようです。

彼氏と音信不通になったとき、待つべき期間は?

カレンダー

音信不通になった場合、状況によって取るべき対応策が異なります。 2~3日で連絡したほうが良い場合もあれば、何事もなかったかのように待ち続けたほうが、かえって良い結果が出る場合もあります。

原因が思い浮かばない場合は2~3日で確認を

普段から毎日のように連絡を取り合っていたのに、突然連絡が途絶え音信普通になってしまった場合、事故やトラブルの可能性があります。 女性に対してだらしないところがある彼氏であれば、第三者の出現で彼女の存在を忘れ去られてしまった可能性もあります。

とりあえず、安否確認のための簡潔なメールを送信しましょう。

喧嘩した場合は1週間

喧嘩をした場合、1週間くらい期間をおいてお互いに冷静になってから連絡を取り合ったほうがいいかもしれません。 喧嘩してすぐに話をすると、怒りが再びこみ上げてきて、喧嘩が再燃してしまうことがあります。

1週間という時間は、怒りがおさまって、反省して、心配と不安を感じ、好きという気持ちを再確認するのにちょうどよい期間になります。

彼氏が仕事で超多忙なときは2週間

仕事で重要なイベントを控えている、プロジェクトリーダーを任されて超多忙など、実際に時間的精神的余裕がなくて連絡ができないということがあります。

そんなときに電話やメッセージを送ると、連絡への対応をしなければならず、彼氏の負担になります。 音信不通でも2週間くらいはアクションを控えて、彼氏の邪魔にならないようにしましょう。

1ヶ月連絡が来ない場合、関係は終わっているかも

いくら忙しくても、喧嘩をしても、1ヶ月間音信不通が続いた場合は、関係を終わらせたいという気持ちが固まっている可能性が高いでしょう。 恋の駆け引きや、不満・怒りが原因で音信不通になるにしても、せいぜい1~2周間が限度ではないでしょうか?

メッセージは無視され、電話には出ないという状態が続くのであれば、彼氏のなかですでにあなたのことは過去の人になっているかもしれません。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。