バツイチ女性はモテる!理由や未婚男性へのアプローチ方法を紹介
2100 Point
更新

バツイチ女性はモテる!理由や未婚男性へのアプローチ方法を紹介

バツイチ女性は自分に自信をなくしていることもしばしば。しかし、実はバツイチ女性はモテるんです!今回はバツイチならではの魅力や、男性へのアプロ―チ方法を紹介します。

一度離婚を経験した女性は、「結婚に失敗した」と自信をなくしていることも少なくありません。 「バツイチになっても、良い恋愛や再婚ができるのかな?」と不安になる女性もいることでしょう。

しかし、実はバツイチ女性は男性に大人気。 引け目に感じるどころか、むしろ武器にした方が良いのです。

今回は、バツイチ女性がモテる理由や、幸せな恋愛や結婚をするための方法を紹介。 相手が未婚男性の場合のアプローチ方法もお伝えしていきます。

もしかしてずっと1人!?出会いに悩んだら
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

バツイチ女性がモテる理由とは

男性と抱き合う女性

pixabay.com

バツイチ女性はなぜモテるのでしょうか。

「バツ」というくらいですから離婚にはネガティブなイメージをもたれがちですが、これは実際には「経験値が高い女性」と見られることが多いからなんです。

どんな点が経験値の高さと魅力に感じられるのでしょうか。

結婚に対して過剰な期待がない

まだ一度も結婚したことがなく、それでいて結婚願望が強い女性は、結婚に過剰な期待を持ってしまっていることがあります。 場合によっては、恋人同士の関係性の中で起きている問題を、「結婚したら解決するはず」と思いこんでいることも。

実際、結婚したところで恋人関係の時にうまくいかなかったことがうまくいくようにはなりませんし、むしろ新たな問題が勃発することさえあります。

バツイチ女性はそういった結婚のリアルを一度経験済み。 「結婚は魔法の手段ではない」とわかっているからこそ、相手の男性や結婚生活そのものにも過度な期待を寄せないのです。

結婚できればいいと思っていない

結婚にあこがれる女性のなかには、「一度は結婚したい」という思いから、結婚をゴールとしてしまう人も多くいます。 独身時代の悩みやトラブルが、結婚することによって解消するはずと信じ切っている人もいるでしょう。

しかしそういう女性ほど、結婚してからも悩みは尽きず、むしろただの恋人であればあっさり別れられた相手との法律的なしばりに苦しむことも少なくありません。

バツイチ女性は結婚することで必ずしも幸せになれるとは思っていませんし、結婚はゴールにならないことを身をもって知っています。 つまり重たさを感じさせないため、男性にとっては気負わない付き合いができるのです。

離婚から学んでいる

自分の非を認めず、離婚原因がすべて相手にあると信じ込んでいる人をのぞき、一度離婚を経験した女性は「同じことを繰り返さないために」という視点を大切にしています。

なぜ結婚生活がうまくいかなかったのか、どんな努力をしたら結婚生活が続いたのか、相手と自分の問題はなんだったのかを考えている女性ほど、離婚から多くのものを学んでいます。

その経験値の高さが、男性にとっては頼もしく見えるはず。 赤の他人である異性といっしょに生活していくことの難しさを知っているからこそ、適切な距離感や学びを活かしたコミュニケーションを図ることができるのです。

困難を乗り越えてきた強さがある

離婚は結婚よりもエネルギーを使います。 しかも、ネガティブなエネルギーだけに、そのダメージは相当なもの。

「離婚するくらいなら、不満や問題があっても結婚生活を続けていた方がまだマシ」という夫婦もいるほど。

バツイチ女性は、そういった大変な思いを伴う離婚を、一度経験しています。 困難な状況を乗り越えてきた強さが精神的な成長につながり、たくましさとしてにじみ出ている女性も。

男性から見るとその強さやたくましさは、芯の通った女性として魅力的に映ることでしょう。

家庭的な一面がある

一度結婚している女性は、家事ができるイメージをもたれやすいといえます。

実際には、結婚していたからといって家事が得意なわけでもありませんし、場合によっては夫の方が家事をこなしていたこともあるでしょう。

しかし、いわゆる「主婦」としてのイメージがあることから、「家庭的な人なのだろうな」という想像を持つ男性は多いのです。

子どもがいるバツイチ女性の場合はなおさらです。

事実はどうであれ、男性は家庭的な女性へのあこがれを持つ人も多いため、その点で結婚経験は好印象を与えることが多いでしょう。

自立した女性が多い

困難を乗り越えてきた経験や、離婚にあたって能動的に動いてきたことから、バツイチ女性は自立した人が多いといえます。

夫への不満をため込んでいるのに結婚生活を続ける女性のなかには、やたらと我慢して「なんとかこの人に生活させてもらわなければ…」「この人がいなくなったら困る」と依存的な発想をもつ女性も少なくありません。

一方で、きちんと相手に向き合い決断し、ひとりでたくましく生きているバツイチ女性からは、強さが感じられます。

「結婚したら相手に幸せにしてもらえるはず」と思い込んでいる未婚女性よりも、気負わない付き合いができる印象を与えることでしょう。

バツイチ女性はモテる!が初婚の男性とはうまくいかない理由

物憂げに外を眺める女性

pixabay.com

バツイチ女性はモテるものの、女性側の心の問題によって恋愛や結婚がうまくいなくなることも多々あります。

そこにはバツイチだからこその難しさがあるのですが、自分自身の問題と自覚して取り組むことで、男性との関係が変わっていくことでしょう。

慎重すぎる

バツイチ男性が再婚に二の足を踏んでしまい、恋愛をうまくいかせられない理由のひとつに「慎重になりすぎる」というものがあります。

実際のところ、「うまくいかなければ別れればいい」というのは現代社会の結婚スタイルではあるものの、できればバツ2バツ3以上は避けたいと思う人は多いでしょう。

次の恋愛こそは長続きさせたい、次の結婚では絶対に別れたくない…と考えれば考えるほど、確実さを求めるために守りに入りがちです。

コンプレックスを抱えている

バツイチ女性は、結婚生活が破綻した原因によっては強いコンプレックスを抱えていることがあります。

家事がうまくできなかった、仕事との両立ができなかった、女性として見られなかった…など、「これがあればもっとうまくいったかも」という自分への自信のなさが傷となって残っているのです。

思い込みのことも多々あるのはもちろん、本当にそうならば改善すれば良いですし、相手によってはまったく問題にならないこともあるのですが、それを冷静に見られず臆病になっているのです。

男性不信を抱えている

自分へのコンプレックスは、自分を責める女性にありがち。 逆に、男性に対して問題を感じやすい女性の場合は、怒りを通り越して男性不信を抱えていることもあります。

すべての男性が元夫と同じタイプではありません。 また、どんな相手であっても、自分の関わり次第でいくらでも状況は変わるもの。

その点を客観的に見られていない場合は、なかなか男性不信から抜け出すことは難しく、恋愛をこじらせてしまいやすいといえます。

不幸自慢をしてしまう

女性は大抵の場合、相手に「共感してほしい」「理解してほしい」という性質を持っています。

そのため、自分が離婚において苦労したことや、つらかった体験などを、その後知り合った相手の男性にも共有しようとする傾向があります。

それだけ共感や理解をしてもらうことで、より関係性を深めようとしているのです。

しかし、これが相手からすると「不幸自慢」ととられることも。 また、痴話ゲンカのときにも離婚を引き合いに出して「だから、仕方ないじゃない」と正当化することも嫌がられます。

子どもがいる場合はハードルが高い

バツイチ女性は基本的に経験値が高いためモテますが、子どもがいると、恋愛や結婚のハードルが高くなることは否めません。

特に再婚にあたっては、連れ子結婚というデリケートな問題をはらみます。 子どもとうまくやっていけるのか、ちゃんと愛することができるのか、さらに子どもを作りたい場合はどうするのか、養っていけるのか…など不安はつきもの。

女性としても、それらを払拭してくれるほどの男気ある男性を求めてしまうため、必然的にハードルが上がってしまうのです。

※表示価格は記事公開時点の価格です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー