彼氏のLINEトークを復元したい!?浮気を疑ったときにやるべきこととは
3558 Point
更新

彼氏のLINEトークを復元したい!?浮気を疑ったときにやるべきこととは

彼氏の浮気を疑った時にチェックしたくなるのがLINE。削除されたトークを復元したがる女性もいますが、それはとてもリスクある行為です。LINEチェック前にできる浮気対策を紹介します。

男女関係で常に付きまとう問題の「浮気」。現代社会においてはスマホでいつでも連絡をとることが自由にできるようになり、浮気も簡単にしやすくなったのではないでしょうか。

そんななかで、メッセージツールのLINEで浮気がバレることも多々あります。「付き合っている彼氏が浮気しているかも?」と疑った時に、真っ先にチェックしたくなるのがLINEです。

今回は、彼が浮気対策でLINEのトークを削除したときに、復元させる方法について解説します。復元方法自体は紹介していますが、実際にそれを行うリスクや、それよりも浮気対策として有効な手段についてもお伝えします。

カレとこのまま続けていいか悩んだら
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

【はじめに】LINEのトークは復元できる?内容を知りたい人は要注意

スマホのロック画面

pixabay.com

LINEで浮気がバレるというのはよくあることです。しかし、なかには浮気バレを防ぐため、こまめに浮気相手とのトーク履歴を削除している周到な男性もいます。

「削除されたかもしれないトークを復元したい!」と思うのが女心ですが、まずその前に、他人のLINEを勝手に見るという行為のリスクについて知っておきましょう。

法律的に問題になる可能性も

たとえ恋人であっても、また仮に配偶者であっても、パートナーのスマホをのぞき見する行為は法律に触れる可能性が高いです。

これは、プライバシーの侵害によるもの。法律には具体的にスマホチェックがプライバシーの侵害にあたるという明確な記載はないのですが、内容から見て触れる可能性は極めて高いです。そして、最悪の場合損賠賠償の請求という事態に発展することもあります。

現代社会においてスマホはプライバシーの宝庫です。たとえ親しい間柄であっても、勝手に見ることは大問題に発展するのです。

信頼関係にヒビが入る

スマホチェックを勝手にしていたことがバレたら、信頼関係にヒビが入ることでしょう。浮気を疑われていたこと自体で相手はショックを受けるかもしれませんが、疑惑を直接聞くこともなく勝手にスマホを見られたということにさらなるショックを受ける人は多いです。

それだけスマホはプライベートな情報がたくさんつまっています。なにも浮気だけの問題ではなく、仕事の機密情報、あらゆるもののパスワードや購入履歴、友達との会話など、他人には見られたくないものが目白押しです。

浮気が黒か白かにかかわらず、間違いなくその後の関係に悪影響をもたらすことになるでしょう。

LINEのやりとり自体は浮気の証拠にならない

たとえLINEのやりとりで、浮気と疑わしいもの見つけたとしても、それを浮気の証拠として立証するのは難しいでしょう。やりとりはいくらでもごまかせるうえに弁解もききますし、「冗談でやりとりした」と言われてしまえば真相は本人たちにしかわかりません。

スマホを勝手に見てLINEトークであやしいやりとりを突きつけたところで、シラを切られるうえにスマホを勝手に見たことは責められるでしょう。スマホの情報を入手したところで、事態はますます悪化していくだけです。

LINEでわかる浮気の前兆

スマホをさわる男性

pexels.com

LINEのトーク履歴をチェックしなくても、「もしかして浮気している?」と疑惑を感じてしまう瞬間はあるでしょう。

ここでは、スマホやLINEにまつわる彼のあやしい行動をまとめました。こういった行動が増えてきたら、もしかしたら浮気の可能性があるかもしれません。

急にスマホを離さなくなった

いつもスマホを無防備に放置していた男性が、急にスマホを手放さなくなったら要注意です。特に、スマホを表向きにせず裏返しにしておくなど、スマホを見られたくない空気が満載のときには何かを隠していると考えられます。

また、もともとスマホをさわる時間が短い男性が、急にLINEやメールらしきものでだれかと頻繁にやりとりしているのもあやしいでしょう。しかもそれが特定の相手であった場合には、たとえ仕事関係者であったとしても警戒したほうがよさそうです。

急にLINEの通知方法が変わった

いままでは彼氏のスマホにおけるLINEの通知が、ロック画面上で内容も見えるポップアップだったのに、急に「新着メッセージが届いています」としか表示されなくなった場合も気になるところです。

もちろん、浮気をしていなくとも周りから内容が見られるのを嫌がる人は多いため、そのような表示に変えた場合もあります。

しかし、急に変わるとなると何か理由があったのかと勘ぐってしまいますよね。通知自体が届かない設定に変えることもありますが、その場合は頻繁にLINEが届いているかをチェックしているでしょう。

急にスマホのロックが厳重になった

彼氏のスマホのロックが、急に厳重になった場合も「見られたくないなにか」があると考えられます。

たとえば、ロック自体をかけていなかった人が急にロックをかけるようになった場合や、LINEにだけロックをかけるようになった場合です。あるいは急にスマホ本体とLINEのどちらもロックをかけるようになった場合などです。

ただし、スマホを紛失するリスクやLINEの乗っ取り被害などを防ぐためにそのような強固なセキュリティにすることもあります。

不自然な時間に通知が来るようになった

これまで誰からも連絡が来なかったような、夜間や深夜、あるいは明け方の時間帯に不自然な通知が来るようになった場合も要注意です。

特に深夜早朝は、よほど親しい間柄でないと遠慮する人が多いため、送ってくる相手は親しみを込めて連絡している場合がありえます。

ただし、人によってはあまり時間帯を気にせず自分の都合で連絡してくる人がいるのも事実なので、交友関係や仕事の状況にもよるでしょう。

LINEのトーク履歴が削除された可能性のある内容とは

スマホをさわる男性

pexels.com

彼のスマホを見ること自体おすすめしませんが、もしそれを見る機会があったときには、あやしそうな女性のトーク履歴のどこに着目したら良いのでしょう。

以下の点に着目すると、LINE上でトーク履歴が削除された可能性があるといえます。

送信取消表示の有無はあてにならない

LINEではこちらから相手にメッセージを送っても、送信を取り消すことができます。この際、相手が未読の状態で取り消しを押せば、「メッセージの送信を取り消しました」という文面がトーク画面に残ります。

しかし、相手が既読の状態でメッセージを削除した場合には、そのような文面は残りません。なおこの場合、相手のスマホからはメッセージは削除されず、送信した側のトーク上でだけメッセージが削除された状態となります。

たとえば愛をささやくメッセージを送り、既読を確認してから削除した場合には、その痕跡は自身のスマホ上には一切残らないということです。

前後のつながりがおかしい

LINEのトークのやりとりは、このようにメッセージを削除することができるので、たとえだれかに見られたとしても確信的な内容が残っていなければ浮気の証拠はつかめないでしょう。

ただし、あきらかに前後のつながりがおかしい場合には、なんらかのメッセージを削除した痕跡になりえます。

あきらかに会話の途中なのに、急に日にちや話題が飛んでいる場合などは、その間に行われたやりとりが意図的に消されている可能性があります。

トークリストの上位にあるのに履歴がない

メッセージのやりとりをした相手は、トークリストの上位に上がってきます。

しかし、その相手のトークルームを開いても、メッセージ送受信の履歴がなかったり、あきらかに直近でのやりとりが確認できていなかったりする場合には、確実に「最近やりとりをしたのに痕跡を消した」状態といえます。

その相手が親しくしている可能性の高い異性であれば、何らかのやましいやりとりがあったとみられるでしょう。

非表示リストにあやしい女性がいる

浮気常習犯の男性の上位テクニックとして、やましい相手女性のトークルームをいちいち非表示にするというものがあります。

非表示にしていてもブロックしているわけではないので、相手からの連絡がきたらまた表示されます。

確実なのは、非表示リストを確認することです。そこにあやしい女性が入っていて、トークルームに最近のやりとりがあるようであれば、意図して非表示にしている可能性が高いのです。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー