医者と患者での恋愛はあるの?タイプの患者を診察したときの医者の本音

医者と患者での恋愛はあるの?タイプの患者を診察したときの医者の本音

恋活

患者を大切にする姿に尊敬?医者との恋愛のメリット

医師

医者と恋愛したいという人はかなり多いですし、多くの女性は出会うきっかけもなく、現実的に無理だと思っているだけで、機会さえあれば医者と恋愛したい人は多いです。 なぜ医者はここまで人気があるのか、医者と恋愛するメリットを見ていきましょう。

高収入の人が多いので経済的に安定している

医者=高収入というイメージが強いですよね。 確かに医者の年収は同年代の一般的なサラリーマンと比べると3倍ほどと言われており、開業医として成功している人であれば、かなり稼いでいます。

女性は基本的に安定を望む人が多いので、経済的に安定しているというのはかなりポイントが高いでしょう。

また、医者と結婚すれば専業主婦という選択肢があるというのも人気です。 確かに、一般的なサラリーマン夫婦よりも、医者ひとりの稼ぎの方が多いのは事実であり、お金のことを考えて、やりたいことを我慢するということもなさそうなので、当然の発想ですよね。

命を扱う仕事に取り込む姿が尊敬できる

医者という仕事は患者の命に関わる仕事です。 大きな責任も付いて回りますし、日々進歩する医療についても勉強しなければならない。 その日の仕事が終わればおしまいというような仕事とは違い、プライベートでも呼び出されることもありますし、自由が少ないでしょう。

それでも、そのような仕事をしている男性に対して尊敬し、それを支えていくことが幸せだと思う女性もいます。 いわゆる大和撫子タイプが当てはまりますよね。

ハイスペック彼氏として自慢できる

独身女性が集まれば恋愛トークを繰り広げるのが一般的ですよね。 彼氏のことを聞かれたときに、「医者」と答えると、確実に羨望の的となるでしょう。 男性が若い美人の女性を彼女にしていると自慢できるのと同じように、女性もハイスペック彼氏がいると鼻高々です。

周りから、羨ましいとかすごい!と言われて嫌な気持ちになるという人は少ないでしょうし、自分のなかでも自慢できる彼氏であることは間違いないですよね。

患者よりも彼に会えない?医者との恋愛のデメリット

失恋

医者と恋愛することはメリットばかりではありません。 実はデメリットもあり、これを乗り越えられるかどうかが、恋愛の継続には大事なことです。 心得ておいた方がよいデメリットについて見ていきましょう。

多忙な医者なので寂しくてしかたないときがある

医者はとにかく多忙です。 普段の勤務時間が長いことは当たり前であり、患者を抱えている場合は急な呼び出しにも対応しなければならないことも。 担当の診療科によっても差がありますが、一般的にはかなり忙しいです。

休みの日にも勉強をしなければなりませんし、論文などに目を通さなければなりません。 一般的なサラリーマンのような勤務体制でもないので、会いたくても会えないことが多くなります。 そのような状況を我慢できるか、ということはどうしても試されますよね。

嫉妬しないようにする方が大変かも

医者というだけでモテるのは事実です。 見た目ではモテそうもない男性も、医者というだけでモテるようになるのですから、医者という看板のすごさを感じます。

職場は女性も多いですし、夜勤があると距離感が近くなるのでは?不安を感じるかもしれません。 また、看護師だけではなく、医療従事者は女性が多めという傾向があります。

嫉妬しやすい女性にとっては、この状況は結構ハードですよね。 たとえ嫉妬したとしても、それを出さないようにすることが必要であり、その気持ちに対して、どう折り合いをつけるかが必要です。

結婚時期が遅くなりやすい

医者になるには、6年間の大学生活のあとに、国家試験合格、研修医…一人前になるのに、かなり年月がかかります。

そこまでストレートに進むことはまれであり、一般的には大学に入学するまでに浪人している人も多く、その後の大学生活でも留年している人も多いもの。 30歳を超えてやっと一人前になるという人も意外と多いです。

研修医時代に結婚するというような人もいますが、その時点では収入は一般的なサラリーマン以下ということも多く、生活は厳しいでしょう。 収入が安定してから結婚となると、どうしても晩婚となりやすいのも覚悟しなければなりません。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事