元不倫相手と復縁する方法はあるの?茨の道に陥りやすい理由とリスクを解説

元不倫相手と復縁する方法はあるの?茨の道に陥りやすい理由とリスクを解説

オトナの恋愛

不倫はいけないこととわかっていても、とてつもない不安や寂しさから、復縁を考える女性もいます。復縁したい気持ちになっているあなたへ…それには相当の覚悟が必要になってきます。

「別れた彼が、忘れられない…」不倫は、だめなことと頭でわかっていても、心が離れられない。 そんなとき、つい復縁を考えてしまいます。 その苦しみから逃れるため、また彼だけが幸せになってほしくないなどといった気持ちが強まり、復讐などを考えていませんか?

あなた自身が幸せになれる道を選ばなければ、あなたが幸せになることもありません。 とはいえ、彼との復縁を考えてしまうもの。 まずは、不倫関係からの復縁方法があるのでしょうか?さっそく、読み進めていきましょう。

不倫相手と復縁したい!ケース別の復縁方法

遠くを見つめる女性

不倫相手とどうしても復縁したい場合、どのような方法があるのでしょうか? まずは、ケース別に復縁方法を紹介していきます。 あなたがどのタイプの不倫なのか理解したうえで、それぞれの復縁方法を調べていきましょう。

ダブル不倫で復縁したい場合

既婚者の男女が双方に浮気をしている場合、ダブル不倫になります。 この場合、あなたの夫が不倫をしているダブル不倫なのか、それとも相手側の奥さんが不倫をしているダブル不倫なのか、により、状況も変わってきます。

とくに、相手がダブル不倫をしている場合、相手の奥さんも不倫をしていることから男性に罪意識は低いのかもしれません。 そのため、わりと恋愛自由度も高く、彼がよりを戻したいといった気持ちがあるなら、案外簡単に復縁できることも。

しかし、あなた側夫婦がダブル不倫の場合、相手の奥さんは不倫をしていないので、彼自身が罪悪感にさいなまれるケースも少なくありません。 奥さんの顔を見るたびに、罪悪感に襲われ、それに耐えきれなくなるといったことも。 相手の状況によっては、復縁が難しいと言えるでしょう。

社内不倫で復縁したい場合

社内不倫の復縁を希望している場合、直接のやり取りより冷却期間をきちんとあけることがポイントになってきます。 また、仕事で彼と関わらなければならない場合、仕事は仕事と割り切って、仕事以外での飲み会などの付き合いはやめておきましょう。 もしあなたが本気で復縁を望むなら、冷却期間をあけたあと、誕生日やイベントなどに連絡を入れることで、自然なきっかけを作ることができるでしょう。

同じ職場での不倫は、バレてしまうのも時間の問題です。 そのため、リスクをおかす覚悟で臨まなければなりません。 万が一、社内不倫がバレてしまうと、会社に迷惑を掛けるだけでなく、相手の奥さんにバレてしまう危険性もはらんでいます。

奥さんにバレたけど復縁したい場合

彼の奥さんが、2人の不倫を知ってしまった場合、自然と2人は別れることになるでしょう。 しかし、それにもかかわらず復縁を望むのであれば、相当の覚悟が必要です。 また、この状況からの復縁は、男性側の気持ちが離れている可能性もありますので、非常に難易度が高いと言えます。

しかし夫婦関係の冷めきったカップルなら、復縁できる可能性はゼロではありません。 相手から関係を切られたあと、冷却期間を置き、さりげない連絡をしてみることで、復縁へとつなげることができるかもしれません。

不倫相手との復縁体験談

前を見つめる女性

不倫相手との復縁を望んだ女性は、そのあと、幸せな生活を送ることができたのでしょうか? もちろん、周りから祝福されることもなければ、褒められることもありません。 では、不倫相手との復縁体験談をもとに、復縁後の姿をイメージして自分に置き替えて想像してみましょう。

不倫の復縁で修羅場を体験

会社の男性社員が不倫をしていたことが、奥さんの耳に入ってしまい、いったんその彼とは別れました。 しかし、復縁したことが再度奥さんに知られることとなり、毎日奥さんが会社に乗り込んできて、私は罵声を浴びせ続けられました。 そして、ついには退職にまで追い込まれてしまいました。 仕事まで辞めなければいけない事態に発展するとは考えていなかったので、今では不倫したことをとても後悔しています。

職場での修羅場体験2

私は社内で部長と不倫関係にありましたが、じつは社長とも以前不倫関係を持っていました。 とくに何事もなく過ごしていたのですが、ある日、部長は解雇されてしまい職を失いました。

「社長と不倫関係をやめて部長と復縁をしたことで、社長が部長に嫉妬し、退職にまで追い込んだ」という噂を聞いてしまい、青ざめました。 相手の男性の人生をめちゃくちゃにしてしまった自分に対して、今では後悔してもし切れません。

不倫で慰謝料を請求された体験談

同僚の男性の奥さんが出産を機に、里帰りをするという話を聞きました。 奥さんが里帰りをしてすぐくらいの時期に飲み会があり、そこで彼と意気投合してしまい、そのままその夜に不倫の関係になりました。 初めはお互い、数か月間の関係と思っていたのですが、奥さんが帰ってきてからも私たちの関係は続いていたのです。

そんなある日、彼の携帯を見た奥さんに不倫がバレてしまい、私は家に呼び出されました。 奥さんと彼と私は、同じ職場だったので、面識もあり、奥さんの怒りはより増したようでした。 そのあと、奥さんから慰謝料の請求がありましたが、まだ彼と連絡を取り合っていたので、2人で折半し、慰謝料を支払いました。

今でも、奥さんは私が全額慰謝料を支払ったと思っています。

不倫の復縁がバレたとき、どうなるか

林の中で座る女性

先述の体験談でも紹介したように、不倫をすると幸せになれないことも多いということが理解できましたか? ここからは、どんなリスクがあるかも合わせて紹介していきます。 今あなたが予想できることでも、どのような負荷がかかるのか、詳しくみていきましょう。

  • 配偶者を傷つけてしまう
  • 社会的信用を失う
  • 慰謝料が発生する
  • 罪悪感に苛まれる

 

配偶者を傷つけてしまう

まずは、あなたが既婚者の場合、夫を傷付けてしまいます。 もちろん、相手が既婚者なら、配偶者である奥さんを傷付けることになります。 もし、あなたがダブル不倫なら、双方の配偶者を傷付けてしまうことになるのです。

不倫をされた側がどれだけ傷つくか、あなたは想像できますか? 一生を幸せにすると誓い合った相手に、不倫と言う形で裏切られた気持ちを理解することができるでしょうか。

社会的信用を失う

不倫をすることは地位がある人にとっては、とくにリスクが高いといえるでしょう。 場合によっては退職に追い込まれることもあります。 社会的な信用を失うことで、お給料を減給される例も少なくありません。

また、不倫が周りにバレてしまうことで、白い目で見られることは避けられません。 さらに、退職に追い込まれることで、あなたの人生も狂い始めるでしょう。

慰謝料が発生する

不倫での慰謝料の場合、相場が100~300万円と言われています。 一度不倫していることがバレていた場合は、さらに悪質なケースとなりますので相場より高額になる可能性が高いと言えます。 また、そのほかに弁護士費用が数十万円かかることに加え、精神的な面でも辛い思いを強いられることでしょう。

慰謝料を払い続けることにより、精神的なダメージに加え金銭的にも苦しめられることを忘れてはいけません。

罪悪感にさいなまれる

もちろん悪いのは不倫をしていた当人同士ですが、お互いに元の結婚生活に戻るのは難しいと言えます。 さらに、万が一不倫をしていることがバレなくても、ずっと不倫をしてしまった罪悪感にさいなまれることでしょう。 罪悪感は、あなたの健康な心をむしばむだけでなく、後ろめたい気持ちや、あなたが結婚をしたときには、相手が不倫をしないか疑うなどの気持ちも含め、いつまでも不倫をした事実から離れることができません。

そのことを考えると、不倫はする側もされた側も両方にとって苦しむことを覚えておきましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。