同棲中の彼氏と別れたいときの対処法とは?円満な別れ話の進め方
2025 Point
更新

同棲中の彼氏と別れたいときの対処法とは?円満な別れ話の進め方

今、彼氏と同棲中の方の中には、「別れたいけど、同棲していることで色々と面倒なことが多くて悩んでいる」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?この記事では、同棲中の彼と円満に別れるための方法をご紹介します!

同棲を始めた当初はずっと一緒に居られることが嬉しくてワクワクの方が大きくても、時間が経つごとに価値観の違いなどでストレスを感じ始め、「別れた方がいいかも」と考え始めることもあると思います。 この記事では、同棲中の彼氏と円満に別れ、スムーズに同棲を解消するために知っておくべきことをご紹介します!

あなたの悩みを解決に導く
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

同棲に疲れた?別れたいと思うきっかけ・理由とは

喧嘩する男女

pexels.com

せっかく幸せいっぱいに始まった彼氏との同棲生活。 そんな中で「もう疲れた」「別れたい」と思うのはどんなことが原因なのでしょうか?

ここでは、同棲中に別れを決意するきっかけをご紹介していきます。

  • 相手の欠点が目につくようになった
  • 生活リズムがズレて辛い
  • 家事分担・生活費負担割合で不満がたまった
  • マンネリしてしまった

相手の欠点が目につくようになった

同棲をはじめ、一緒にいる時間が長くなることで、これまではわからなかった相手の欠点に気づいてしまうということがよくあります。

一緒に暮らすとなれば朝起きてから寝るまで、今までは見えなかった一面もたくさん見ることになります。 デートの間だけなら隠せても、ずっと一緒にいれば隠しきれないことはたくさんあるでしょう。

例えばだらしなさなど、見えていなかった欠点が見えることが別れのきっかけとなる可能性は非常に高いです。

生活リズムがズレて辛い

一人で住んでいれば、何をするにも自分のタイミングでOKですが、一緒に暮らすとなるとそうはいきません。 朝起きる時間や夜寝る時間、食事の時間、お風呂に入る時間…など相手の都合に合わせなければならないときも出てきます。

二人の生活リズムが大きく変わらなければあまり問題ないですが、一方が朝型で一方が夜型、休日の曜日が違うなど生活の時間帯やリズムが全然違う場合、ストレスを感じることも多くなるでしょう。

家事分担・生活費負担割合で不満がたまった

家事の役割分担や生活費の負担割合に不満を感じることが、別れるきっかけになることも多々あります。 「自分がやらなくてもやってくれるだろう」という甘えから、全然家事をやってくれなかったり、決めた役割分担通りにやってくれないことが続くことでイライラがつのったりすると、それが積み重なって揉めることになってしまいます。

また、お金の面での不平等感も不満がつのる原因。 どちらがどのくらい家賃や光熱費・食費を負担するのかに納得できていない場合、別れを考えるきっかけに充分なり得ます。

マンネリしてしまった

長く同棲生活が続くことで、新鮮さやドキドキがなくなりマンネリしてしまうというのも、別れの原因として非常に多い問題。 居心地がいいことは決して悪いことではないのですが、家族みたいになってしまうと恋愛感情が薄れてしまい、結婚のタイミングを見失ってしまうということも。

「これと言って不満もないけど何か物足りない」「異性として見ることができなくなってしまった」など、相手を嫌いになったわけでなくても別れてしまうケースもあります。

同棲中の彼と別れにくい…別れるときの問題点と対処法

悩む女性

pexels.com

同棲中の彼氏と別れることを決意しても、一緒に住んでいるからこそ別れにくい、別れるにしてもいろいろとめんどくさい、ということはよくあることだと思います。

続いては、同棲している場合に特に別れにくいケースと、それぞれの状況における対処方法を解説していきます。

  • いずれかが住む場所を失う
  • 結婚前提で同棲したのに別れたい場合
  • 一時的に距離を置くことが難しい
  • 別れを決めてから離れるまで時間がかかる
  • 公的な手続きも必要になる
  • 互いの家族を巻き込みがち

いずれかが住む場所を失う

同棲を解消するとなれば、家を出ていく方は住むところを失います。 引越しには退去費用や、次に住む場所の初期費用などが掛かりますので経済的な負担はもちろんのこと、面倒な手続きもたくさんあり、非常に手間が掛かります。

▼引越しに関わる手続きの流れ▼

  • 部屋探し
  • 内見・契約
  • 引越し業者の手配
  • 荷造り
  • 足りない家具家電の購入
  • 引越し後の荷物の整理 など

新しい部屋を探すのにも、タイミングによってはいい物件になかなか空きが出なかったり、繁忙期であれば引越し業者も予約が取りにくく余計に費用が掛かったり…と様々な障壁も出てきます。 さらに、一緒に使っていた家具家電をどう分けるのかも話し合わなければいけませんし、相手の手に渡った家具家電は再度購入しなくてはなりません。

同棲を始めるときは面倒な手続きも、ワクワクした気持ちで乗り越えられたかもしれませんが、別れるためともなると面倒な気持ちにも一層加速してしまうでしょう。

別れを意識し始めたら、引越しにも時間がかかることを考え、早め早めの行動を取ることも大事だと言えそうです。

結婚前提で同棲したのに別れたい場合

もし、同棲をするときに結婚を前提にしていた場合、結婚のために準備していたことの程度によっては慰謝料が発生する場合もあります。 例えば、結婚式のために式場を予約していた、新居の契約をしていたなど、具体的な行動を起こしていた場合などは、そのキャンセル費用なども掛かります。

お金が掛かるからと言って、「別れたい」とい気持ちを無視して関係を続けていくわけにもいきませんので、同棲や結婚に向けた準備は慎重に判断したうえで行うのが賢明です。

しかし、もし着々と準備が進んでしまっている中で「別れたい」と感じたなら、なるべく早い段階でその意思を伝えることが大切です。 言いづらい気持ちはわかりますが、取り返しのつかない事態になる前に思い切って気持ちを伝えましょう。

一時的に距離を置くことが難しい

一緒に住んでしまっていることで、一旦距離を置くということが極めて難しいのも同棲カップル。 距離を置くとなれば、実家に帰る、友達の家に泊まる、あるいはちょっと長めの旅行に出るなどの方法しかありません。 このように、同棲していないカップルに比べパートナーと離れる時間を作るのが難しいため、関係修復がしにくいという側面もあります。

マンネリが別れたい1番の原因の場合は、なんとか距離を置いてみることで改めてパートナーの大切さに気付ける場合もあります。 少々大変ではありますが、いきなり別れるのではなく、距離を置くというステップを踏んでみるのもいいかもしれません。

別れを決めてから離れるまで時間がかかる

先ほどもご紹介したように、同棲を解消するとなると、様々な手続きが必要になります。 そのため別れることが決まってからも、しばらくの間は一緒に暮らし続ける必要があり、正式に別れるまでに時間がかかるということも別れにくさの要因です。

新しい部屋がなかなか見つからない、忙しくてなかなか荷造りが進まない、金銭的に今すぐ引っ越せない…など様々な事情で、すぐに部屋を出れないということが別れの妨げになってしまうことも。 そうならないためにも、別れることを考え始めたときには、予め部屋の目星をつけておく、荷物は最小限でまとめておく、お金を貯めておく…などしっかりと段取りをつけておくことが大切です。

公的な手続きも必要になる

同棲を解消して引越すとなれば、住民票の移動や免許証をはじめとした各種住所変更、会社への申請…など公的な手続きも多々必要になります。 こうした手続きをするために、休日が潰れてしまったりわざわざ会社を休む必要もあったり、手間も負担も掛かりますし精神的な負担も大きくなります。

また、例えば会社の同僚と同棲していた場合など、会社に住所変更の申請を出すことで別れたことがバレてしまうというわずらわしさも。 知られたくない人にまで知られてしまう、噂になるなどといったことも、ストレスになるでしょう。

このように、同棲していることで単に恋人同士が別れるよりもずっとめんどうなステップが増えてしまいます。

互いの家族を巻き込みがち

同棲している場合、結婚同様二人の問題では済まないことも多いのがまた別れにくさにつながっています。 同棲する際に相手側の両親に挨拶や報告をしている場合、当然解消する旨の報告も行うのがマナーです。

ここで大切なのは、報告のタイミング。 同棲解消前に報告した場合、説得されて同棲が解消できなくなる場合があります。 そのため、報告するタイミングとしては同棲の解消が住んでからなるべく早くがいいでしょう。

報告の方法は、直接会う以外にも電話や手紙といったものでOK。 ご両親に対してお世話になったお礼と、事情があって離れるという結論に至ったことをはっきりとお伝えすることが大切です。

※表示価格は記事公開時点の価格です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー