辛い別れを乗り越えるには?失恋を受け入れて次の恋愛に進む方法
2225 Point
更新

辛い別れを乗り越えるには?失恋を受け入れて次の恋愛に進む方法

思いがけずやってくる辛い別れ。辛すぎて何も手につかないほど落ち込んだときは、どうすれば乗り越えていけるのでしょうか。辛い別れの乗り越え方や、次の恋へ活かすためのコツを紹介します。

別れにはとてつもないさみしさがともなうもの。 まして、自分の中では彼を好きな気持ちがあるのに、それが叶わなかったときには、胸が張り裂けそうな悲しみに襲われてしまうでしょう。

大好きな彼と別れてしまったときの辛い気持ちを解消するには、どうしたらよいのでしょうか。その解決法をご紹介します。

あなたの悩みを解決に導く
おすすめの当たる電話占い

20~50代の5人に1人が経験するほど、認知された悩み解決方法である電話占い。

数あるサービスの中でも特にオススメしたいのが、メディア出演多数の口コミ・人気急上昇中のウィルです。

「不倫」「離婚」「復縁」「片思い」「相性」「仕事」「人間関係」「選択」

もしこんな悩みをお持ちなら
驚愕の的中率を誇るウィルのカリスマ鑑定士たちに相談してみましょう。

「別れた彼と復縁できました!」
「離婚するって信じてよかった」
「気になるカレと上手くいきました」

実際の利用者の声からも相談してよかったという感想が多数。

今なら6,000円分の鑑定が無料で相談できるので、悩み解決のプロに答えを見つけてもらいましょう。

辛い別れを乗り越える方法

話をする男女の後ろ姿

pixabay.com

別れたことが辛くて辛くて、どうしようもない…。 そんなときには、まずその辛さを解放しきることが大切。

落ち込みすぎて何も手につかなくなったり、落ち込む期間がやたらと長引いてしまう人は、辛さを解放するコツをおさえましょう。

  • 思い切り泣く
  • 友人と一緒にいる
  • 好きなことに夢中になる
  • 思い出の品を捨てる
  • 別れのメリットを冷静に分析する

思い切り泣く

感情を解放することは重要なこと。 見て見ぬふりをするほうが、ダメージがいつまでも癒えずに根本的な解決もできません。

悲しい思い、悔しい思いがあるなら思い切り表現しましょう。 また、なぜ悲しいのかやなぜ悔しいのかなどを内省し、自分の感情をひとつずつ整理していきます。

それによって気持ちがすっきりするだけでなく、自分が本当に望んでいることがわかり、次にどんな行動をとったらいいかが明確になります。

友人と一緒にいる

あまりに辛くて後ろ向きになってしまうなら、友人と一緒に過ごすのも良いでしょう。 ひとりだと心細いときに誰かといることで、気持ちがまぎれることもあります。

とくに女性は共感の生き物ですから、話を聞いてもらうだけでもすっきりするはず。 また、話すうちに自分の感情の整理ができたり、この先どうしていきたいかが明確になったりします。

まずはストレス発散もかねて親しい友人と話しながら、自分と向き合う時間を積極的にもつようにしていきましょう。

好きなことに夢中になる

ひとりでいて気持ちがふさいでしまうなら、好きなことを見つけて熱中するのもひとつの方法。 好きなことがとくに思いうかばないという人は、だまって家にいても鬱々としてしまうでしょうから、外に出るだけでもずいぶんと発散になるはず。

理想は、この機会になにか打ち込むものを見つけて、彼のことが気にならなくなるくらい情熱を注ぐことです。 それによって自分自身にも前向きな変化がもたらされるため、次の恋愛にもなにか活かせるかもしれません。

思い出の品を捨てる

気持ちの切り替えをしたいなら、物理的に彼に関係するものを手放すのもおすすめ。 彼のことを考えるのをやめようとしても、彼を連想させるものに囲まれているとそうはいきません。

彼を思い出すものや彼からもらったものなどを思い切って捨てることで、彼を連想させない状態を積極的に作りましょう。

どうしても捨てることに抵抗がある人は、売ったり譲ったりすることも良いでしょう。 一時的にとにかく目につかないところにしまっておいて、傷が癒えたころに処分するのも良いかもしれません。

別れのメリットを冷静に分析する

感情の処理が苦手な人は、冷静に理論的に整理することを先に行っても良いかもしれません。 彼と別れることで自分にどんなメリットがあり、どんな進展がありえるのかをじっくり考えるのです。

別れのマイナスな面にばかり目を向けてしまうと、別れという選択が間違っていたかのようにしか思えません。 しかし、別れることでプラスの側面もあるのだということを納得できたら、この先の未来に希望が持てるでしょう。

事情のある恋愛の辛い別れから立ち直る方法

手を握る男女

男女

お互いの性格に嫌気がさして別れてしまったのなら、気持ちの切り替えはしやすいでしょう。 しかし、こちらが相手を好きな気持ちは残っているのに、やむを得ない理由で別れてしまったときには、どうしても切り替えにくいもの。

そんなときは、どのように考えたらよいのでしょうか。 以下、それぞれのケース別に紹介します。

  • 相手が既婚者だった場合の辛い別れ
  • 宗教の違いによる別れ
  • セックスレスによる辛い別れ
  • 遠距離による辛い別れ
  • 相手が二股だった場合の辛い別れ

相手が既婚者だった場合の辛い別れ

どんなに好きな気持ちが強くても、なかなかハードルが高いのが、既婚者との恋愛。 自分としてはいずれ一緒になりたいという気持ちがあっても、そう簡単にいかずに別れを選ぶこともあるでしょう。

相手が既婚者でも惹かれてしまった場合には、利害関係なく相手の人柄そのものに魅力を感じてしまった場合がほとんどでしょう。 そういった恋愛から学べるものは非常に大きいはず。

次の恋愛でもその学びは必ず活かせるととらえていきましょう。

宗教の違いによる別れ

宗教は非常にデリケートな問題。 本人同士だけの問題ではないだけに、別れを選ぶときにはとても苦しい思いをするかもしれません。

こういった、自分の力ではどうにもならない問題をはらんだ恋愛についても、学べる要素はたくさんあります。 結ばれなかったことには果たしてどんな意味があったのか、もし同じ宗教であれば一緒にいる選択をしたのかなどを一度じっくり考え、次の恋愛に活かしていきましょう。

セックスレスによる辛い別れ

セックスレスも非常にデリケートな問題。 どれだけ人間的に好きでも、性が関わる以上、セックスを切り離して考えることは難しいでしょう。

セックスレスに目をつむって交際を続けても、いずれ歪みが起こる可能性は高いと言えます。 付き合いが長くなればなるほどセックスレスの不満が溜まりやすく、結婚してからでは浮気という形でトラブルになることも少なくありません。

性の不一致は、本人たちにしかわからない辛さがあります。 そこが合わないことは、別れを選ぶにはやむを得ないと考えましょう。

遠距離による辛い別れ

遠距離恋愛で別れるケースは非常に多いといえます。 これは、離れることによって不安に飲み込まれてしまったり、さみしさから近くの異性のほうに惹かれてしまったりすることが主な原因です。

これらの場合、自分がひとりの時間を楽しめていないことが1つの要因であることも。 また、彼にこだわらず誰でもいいから近くにいてほしいからという本音が見えてしまうこともあるかもしれません。

次の恋愛では「自分の時間を充実させること」にフォーカスすると良いでしょう。 仕事や趣味など、打ち込めるものを探す時間をつくるのもおすすめです。

相手が二股だった場合の辛い別れ

相手に裏切られたと感じるような形で終わってしまった恋は、どうしても苦しいもの。 しかし、こういうときこそ自分を否定しない考え方が大切です。

相手が二股をしたのはあくまで相手の都合によるもの。 自分に魅力がないからとか、自分が悪かったからとか、そういう考えに持っていかないことです。

そのうえで、もし彼が浮気をしてしまっていた原因に心当たりがあるのなら、そこを埋めるような恋愛を次からは心がけていきましょう。

※表示価格は記事公開時点の価格です。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (0件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー