復縁のための冷却期間が必要な理由と別れたあとどう連絡すべきか

復縁のための冷却期間が必要な理由と別れたあとどう連絡すべきか

恋活

彼氏と別れてしまったけど、復縁したい場合冷却期間が必要と言われています。冷却期間があった方が復縁できる可能性が高まるという理由は、いったいどんな理由があるのでしょうか。

彼氏と別れたけど、まだ好きでたまらないということってありますよね。 しかし元カレとよりを戻したいと思うものの、どうやって彼に連絡をしたらいいのかわからないと悩んでしまう人も多いでしょう。

復縁を成功させるためには、冷却期間が必要な場合があります。 別れたあとにどう行動するか、それによって復縁が成功するか否か大きく変わってくるため注意が必要です。

ちょっとした行動の違いで、復縁成功率が高かったものまで台無しにしてしまうこともありえます。 別れた彼氏と復縁するために必要な冷却期間は、どのくらい必要なのか、どんな場合に必要なのかなど解説していきます。

復縁のための冷却期間ってなぜ必要なの?

口元をニットで隠す女性

元カレと復縁するなら、なるべく早めに行動した方がいいと思っていませんか。 なぜ冷却期間が必要だと言われるのか、そこには理由があります。

元カレと復縁をするために冷却期間が必要な理由について、みていきましょう。

  • 冷静に別れた原因や反省をするための期間
  • 気持ちを整理するため期間
  • 元交際相手への悪い印象や嫌な気持ちを消すための期間

 

冷静に別れた原因や反省をするための期間

別れたあとしばらくは、感情的になりやすく冷静になることができない場合が多いです。 そのため、別れてすぐに復縁したいと言っても、男性側が受け入れることができないこともあります。

冷却期間をおくべき大事な理由は、冷静に別れた原因を考えて反省することです。 別れたときは感情的になっていることが多いので、冷静になって考えればみえてくることがあります。

冷静に考えることで、別れたことが正解なのかという答えを導き出すことができるでしょう。

気持ちを整理するための期間

女性よりも男性の方が冷却期間が必要な場合が、多いと言えます。 男性にもよりますが、真面目な男性ほど別れたことをあれこれ考えてしまう傾向があり、後悔や自分の不甲斐なさなどで落ち込んでしまうケースもあるのです。

すぐに復縁を望むような行動を取ってしまうと、男性を追い込んでしまうこともあります。 男性が自分の気持ちとしっかり向き合い、整理する時間を持つために冷却期間が必要です。

気持ちを整理することができれば、きっと次のステップに向かうことができるでしょう。

元交際相手への悪い印象や嫌な気持ちを消すための期間

冷却期間が必要な理由は、相手への嫌悪感や嫌な印象を薄めるという効果もあります。 何らかのトラブルがあって別れたときというのは、嫌な印象が残っているものです。 そのため、別れてすぐ復縁したいと願っても受け入れる可能性は低くなってしまうでしょう。

人の記憶は時間の経過とともに薄れていくもの。元交際相手とのいざこざで嫌な印象を受けたとしても、時間の経過とともに薄れていくので、そのためにも冷却期間が必要となるわけです。

この冷却期間で嫌な印象が薄まっていくとともに、「別れてしまった」という事実から良かった思い出が浮かぶようになっていく傾向があります。

復縁のために必要な冷却期間の長さ

険悪なカップル

復縁を成功させるためには、冷却期間をどれくらい持つのがよいのでしょうか。 別れた理由や状況によって、冷却期間の適正な長さは異なります。

復縁するために必要な冷却期間の長さについて、みていきましょう。

  • 喧嘩や勢いで別れた場合は1週間程度でOK
  • 話し合いの末別れることになった場合は3ヵ月~半年程度

 

喧嘩や勢いで別れた場合は1週間程度でOK

一時的な感情で喧嘩をしてしまったなど勢いで別れてしまった場合の冷却期間は、1週間程度でよいでしょう。 このケースは、わずかな期間を空けるだけでお互いに歩み寄ることができます。

自分から謝罪をしてもいいですし、相手から連絡がくる可能性も高いです。 些細な喧嘩で別れた場合は、長期間の冷却期間は必要ないと言えます。

ただし、何回も繰り返している場合や彼に依存しているなど、問題がある場合は、冷却期間を長めにおいて考えるべきかもしれません。

話し合いの末別れることになった場合は3ヵ月~半年程度

元カレと冷静に話し合った末、別れることになった場合の冷却期間は3ヶ月~半年が目安です。 勢いや一時的な感情ではなく、冷静になり話し合って考えた上での決断ということになります。

お互いに話し合って決めた別れは、簡単に復縁するということはあまり考えられません。 2人の間で問題があり、その問題が解決しない限り復縁したとしても同じことの繰り返しになってしまう可能性があります。

そのため冷却期間は慎重に、長めに取ることが必要です。

復縁のための冷却期間中に連絡するのはアリ?

スマホをいじる女性

冷却期間が長いと、彼がどんな状態なのか気になってしまいますよね。 そんな冷却期間の間に、元カレに連絡をするのはアリなのでしょうか。

少しでいいからと冷却期間中に元カレに連絡することはどうなのか、みていきましょう。

  • 冷却期間中の連絡はNG
  • どうしても我慢できない場合は友人に相談してみる

 

冷却期間中の連絡はNG

冷却期間中に元カレに連絡をするのは、避けましょう。 そもそも冷却期間というのは、距離を置く期間なので元カノの存在を感じさせないことが重要です。

冷静に考える時間を作るためには、気配を消すことが必要となります。 そのため、寂しいからといって元カレに連絡をしてしまうとせっかくの冷却期間がリセットされてしまいます。

復縁したいと焦る気持ちはわかりますが、慌てて下手に動かず、冷静に我慢して時間が経つのを待ちましょう。

どうしても我慢できない場合は友人に相談してみる

冷却期間中どうしても元カレに連絡したいと思った場合は、信頼できる友人に相談してみましょう。 1人で悶々と考えてしまうと、精神バランスを壊してしまう可能性もあります。

そのため、暴走してしまい突然元カレに会いに行くなど悪い方向に進んでしまうことも。 冷却期間中にどうしても元カレに連絡したくなったら、まず友人に相談して気持ちを共有してもらうことをおすすめします。

徐々に冷静さを取り戻すことができれば、気持ちを抑えることができるでしょう。

冷却期間後にどう連絡すべきか

スマホを持つ女性

復縁を成功させる連絡方法は、どんな方法があるのでしょうか。 せっかく冷却期間を持ったのに、連絡方法を誤ってしまうと台無しになってしまう可能性があります。

冷却期間後にどうやって連絡すべきかについて、みていきましょう。

  • いきなり復縁を迫らない
  • なるべく短文でシンプルに
  • 相手を責めるような発言は控える

 

いきなり復縁を迫らない

冷却期間が終わったからと言って、いきなり復縁を迫るのはNGです。 まずは、軽い挨拶などの内容にしておきましょう。

いきなり復縁を迫る内容のメッセージを受け取ったら、元カレは困惑してしまうはずです。 相手の状況や心理状態がわからない時点では、復縁の話題はせずに近況を探ることからはじめると良いでしょう。

はやる気持ちはわかりますが、相手のことを考えることが重要で、急ぎすぎる行動は失敗を招くので注意が必要です。

なるべく短文でシンプルに

長い冷却期間を終えたことで、元カレに伝えたいことが山程あるとは思いますが、長文メッセージをいきなり送ることは避けた方が良いです。 あれこれ考えすぎて、長文になってしまうと受け取った元カレは重く感じてしまいマイナス効果になってしまうことも。

冷却期間が明けたときの連絡は、なるべく短文でシンプルにすることがおすすめです。 別れた理由にもよりますが、自分に非がある場合は、謝罪の言葉も含めてシンプルな内容にしましょう。

相手を責めるような発言は控える

別れたことを責めるような発言をしてしまえば、相手からのあなたへの印象が悪くなるだけです。 冷却期間が終わってようやく元カレと話せるようになったのに、相手をまた怒らせたら身も蓋もありません。

元カレに伝えたいことがたくさんあることはわかりますが、元カレに対して恨みつらみを並べることは賢いやり方とは言えませんね。 攻撃的な態度ではなく友好的な態度で、まずは元カレとの関係性を戻すことからはじめましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。