復縁のための冷却期間が必要な理由と別れたあとどう連絡すべきか

復縁のための冷却期間が必要な理由と別れたあとどう連絡すべきか

恋活

少しでも復縁の可能性を上げるために冷却期間中すべきこと

ストレッチする女性

復縁できる可能性を上げるために、冷却期間中にできることがあります。 もう一度やり直したいと思わせるために、冷却期間中を無駄にしないようにすることが大事です。

復縁を成功させるために冷却期間中すべきことについて、みていきましょう。

  • 別れた原因を反省して、改善する
  • 自分磨きをする

 

別れた原因を反省して、改善する

冷却期間中必ずやっておきたいことは、元カレと別れた原因を反省して改善することです。 なぜ別れることになってしまったのか、原因をはっきりさせて冷静に分析することで、今後目指す方向がわかってきます。

自分がダメだったところはどこだったのか、素直に反省して改善することで、復縁できる可能性は高まります。 相手を責めるようなことばかり考えるのではなく、まず第一に自分の反省点を探し、受け入れることをしましょう。

自分磨きをする

別れたあとの冷却期間は人によって、3ヶ月~半年以上と長い期間になることもあります。 先が見えない状態で長い期間ただ復縁を待っていると、心が疲れてきてしまうでしょう。

もやもやしているよりも冷却期間の間に自分磨きをしておくと、気持ちも前向きになり、自分も素敵に変わることができるので一石二鳥です。 元カレと会うときに、より磨きがかかった自分になっていれば元カレの心を揺り動かすことができるかもしれません。

ケースごとの冷却期間の長さと復縁の可能性

喧嘩するカップル

別れた理由や状況によって、冷却期間に必要な期間や復縁の可能性は異なってきます。 自分の状況を照らし合わせれば、冷却期間の目安となります。

ケースごとの冷却期間の長さと復縁の可能性について、みていきましょう。

  • 同棲していた相手と復縁したい場合の冷却期間
  • 浮気が原因で別れた相手と復縁したい場合の冷却期間
  • マンネリが原因で別れた彼氏と復縁したい場合の冷却期間

 

同棲していた相手と復縁したい場合の冷却期間

同棲していた相手と復縁したい場合の冷却期間は、3ヶ月が目安です。 一緒に暮らしていたということは、関係性が深かっただけにじっくり別れた原因について考えるべきでしょう。

別れた原因についてしっかり考え、反省することによって復縁への道がようやく開けます。 同棲していたケースは、お互いに反省して改善できれば復縁できる可能性が高いです。

冷却期間中に反省して、なにがどう問題だったのか、これからどう改善していくのか、歩み寄ることが重要なポイントとなります。

浮気が原因で別れた相手と復縁したい場合の冷却期間

どちらかの浮気が原因で別れたケースは、相手の浮気が原因なら2ヶ月、自分の浮気なら半年から1年の冷却期間を持つようにしましょう。 相手の浮気が原因だった場合、彼の気持ちが落ち着くまで待つことが大事です。

彼は浮気をしたことの罪悪感で、申し訳ない気持ちになっている可能性があるためです。 自分が浮気をした場合は、彼からの印象が悪くなっているので長い冷却期間が必要となります。

浮気の場合は、状況によっては復縁が難しい場合もあります。

マンネリが原因で別れた彼氏と復縁したい場合の冷却期間

元カレと別れた原因がマンネリだった場合は、だいたい3ヶ月くらいの冷却期間が目安です。 少しの間距離を置くことで、お互いにスッキリして復縁できることもあります。

付き合いが長くなりマンネリ化してしまうと、ちょっとしたことでもイライラしてしまい些細なことで喧嘩になって別れてしまうことも。 冷却期間でお互いに距離を置き、冷静になることでお互いの良さを実感すれば、今まで以上に良い関係になる可能性もあります。

復縁するのに冷却期間が必要ないケース

引き止める男性

別れた彼と復縁するためには冷却期間が必要ですが、中には冷却期間が必要ないケースもあります。 なかには冷却期間を置いてしまうと、復縁できないケースもあるので注意が必要です。

冷却期間の必要がないケースについて、みていきましょう。

  • 自分から別れを切り出した場合
  • 別れた後すぐに元彼から連絡が来た場合
  • 相手を嫌いになって別れたわけではない場合
  • 喧嘩の勢いで別れてしまった場合

 

自分から別れを切り出した場合

自分から元カレに別れを切り出した場合は、冷却期間の必要がありません。 あなたに振られてしまった相手は、あなたのことを思いつつ振られて落ち込んでいるはずです。

自分から相手を振ってしまった場合は、冷却期間を置かずに自分から連絡をすることで復縁できる可能性があります。 逆に冷却期間を置いてしまうと、振られた彼は新しい出会いを求めて動き出してしまう可能性があるので、冷却期間を持つことは逆効果になってしまうでしょう。

別れたあとすぐに元彼から連絡が来た場合

別れた元カレからすぐに連絡が来た場合は、冷却期間の必要がありません。 元カレからの連絡を素直に受けて、話をすることで復縁できる可能性があります。

もし、冷却期間が必要と元カレからの連絡を無視していると、彼女は自分に気がないと思われて復縁することができなくなってしまうかもしれません。 元カレからすぐに連絡があるということは、あなたとの距離を縮めたい気持ちがある証拠です。

素直に彼の連絡を受けてあげましょう。

相手を嫌いになって別れたわけではない場合

別れた理由が相手を嫌いになったわけではない場合、冷却期間を持つ必要はないと言えます。 たとえば、遠距離になったとか親の反対にあったなど、自分たちの気持ちとは別の理由で別れたケースです。

お互いに好きなまま物理的な理由などで別れた場合、未練が残っている可能性が高いため、自分が復縁したいと思っているなら素直に伝えてみてよいでしょう。 冷却期間を置いてしまうと、お互いの環境の中で心が離れてしまう可能性があります。

喧嘩の勢いで別れてしまった場合

一時的な感情で喧嘩してしまい勢いで別れてしまった場合は、冷却期間を置かない方が良いです。 些細な喧嘩のケースは、思ってもないようなことまで言ってしまっただけで、冷静になれば後悔します。

長くても1週間までには、連絡をしてみることがおすすめです。 素直に喧嘩になってしまったことを謝れば、お互いに簡単に許し合える可能性が高いでしょう。

冷却期間を置いてしまうと、仲直りをするきっかけを失うので早めに連絡してみることをおすすめします。

復縁が成功するか、未来がわかる電話占いに聞いてみよう

別れた相手と冷却期間を置いて復縁を待つ期間というのは、実際の時間よりも長く感じます。 もやもやとしてしまい、無駄に時間を使ってしまうことも多いでしょう。

復縁が成功するか気になる人は、**未来がわかる電話占いで相談してみる**のがおすすめです。 元カレとの復縁に向けてアドバイスをもらえれば、新たな未来が開けるかもしれません。

まとめ

草原に座る女性

別れた元カレと復縁するための冷却期間について解説しました。 どうしても元カレとよりを戻したいなら、安易動かず慎重に行動していくことが成功のカギです。

自分の気持ちばかりではなく、相手の気持ちや状況も大事にしましょう。 自分で努力することももちろん大切ですが、不確定な未来に前向きになりたいのであれば電話占いを試してみることもおすすめします。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事