元彼を復縁したいと思わせる方法!男性心理で知るLINEやSNSのコツ

元彼を復縁したいと思わせる方法!男性心理で知るLINEやSNSのコツ

カップル

元彼と復縁したいと思わせるおまじない

水晶と女性

元彼との復縁を叶えたいとき、おまじないをしてみるのもおすすめです。 別れたことへの悲しみを癒やしつつ、新たな一歩を踏み出すためのゲン担ぎをしてみましょう。

  • 復縁や恋愛成就のアイテムを持つ
  • パワースポットを巡る
  • 風水を使ったおまじないをする
  • 人気のおまじないをやってみる

 

復縁や恋愛成就のアイテムを持つ

復縁や恋愛成就に効果があるとされるグッズを持って、復縁への道が開けたという人もいます。 復縁に効果があるパワーストーンやお守りなどを所持して、復縁への道を切り開きましょう。

復縁に効果があるとされる待ち受け画像を取り入れるのもおすすめです。 幸せの象徴といわれる「ハミングバード」や、恋愛運をアップさせるパワーストーンの「ローズクォーツ」の画像を待ち受けに設定してみてください。 いくつかある画像の中から、ピンときたものを選びましょう。

パワースポットを巡る

パワースポットは、その土地にあるパワーをもらうことができます。 ちょっとした旅行もできるので、気分転換にも最適!

友人や家族を誘って、パワースポットをめぐる小旅行をするのもおすすめです。 恋愛にとくに効果が高いとされるパワースポットは、以下の場所になります。

・出雲大社…鳥取県にある、全国的に有名な神社。 縁結びの神様としても名をはせており、復縁の願掛けも可能。 周辺には観光スポットもあるため、出雲大社にお参りしたあとも存分に楽しめ、英気が養える。

・神田明神…東京にある神社で、正式名称は神田神社。 ウサギの形をした「おねがい兎守」が添えられた短冊に願いを書くと、叶うとされている。 復縁にも効果があり、人気のパワースポット。

風水を使ったおまじないをする

風水は、家の中で気軽に試せるのが最大のメリットです。 運気をアップさせたいと思ったときにすぐに実践できるのも、風水のよいところといえます。

まずは、運気を低下させていないかをチェック! 部屋の中が汚れている場所は陰気がこもりやすいため、できるだけ家をきれいな状態に保つことが風水学では重要なポイントになります。

恋愛運や復縁の運気をあげたいときは、部屋の南東方向にペアのものを置くのがおすすめです。

人気のおまじないをやってみる

おまじないは、誰にも知られずに試めせます。 効果が高いおまじないを試して、彼を振り向かせましょう。

おまじないだけに頼るのは、よくありません。 改善点をみつけ、より魅力的になるための努力を行いつつ、おまじないを試して復縁の効果を高めましょう。

おすすめのおまじないは、以下の通りです。

・デジタルキッチンタイマーを使うおまじない 一人になれる環境の中で平常心を保ち、タイマーを3分にセット。 3分間目を閉じて、アラームが鳴るまで彼のことを想い、タイマーが鳴ったあとで「あなたの気持ちが嬉しかった。また思ってほしいの」と唱える。 これを毎日繰り返す。

・元彼と連絡が取り合える状態が条件のおまじない LINEなどのやり取りのときに送信ボタンを押す前に深呼吸し、復縁した姿を思い浮かべる。 「私の心は決まっている。必要なのはあなたの一歩だけ」と心で唱えて送信ボタンを押す。

元彼の気持ちがわからなくて不安になったら占いで調べてみよう

占い師

元彼との復縁を望んでいるけれど、元彼の気持ちが全くわからない状態なのは不安なものです。 不安を抱えたまま復縁できるかを模索するのは、心身ともに疲弊してしまう原因にもつながります。

元彼の気持ちがみえなくなったら、占いを頼ってみましょう。 プロの占い師に占ってもらうことで、自分では気がつかなかった情報を得られるかもしれません。

復縁への近道をみつけ出すきっかけも得られる可能性があるので、困ったときにはぜひ活用してみてください。

元彼に復縁したいと思わせるにはSNSを上手に使いこなして

スマホを操作する手

元彼に復縁をアピールしたいときは、直接言葉をかけるよりもSNSを上手に活用する方が効果がある可能性があります。

別れたあとに変わった自分の姿や充実した日々をSNSに投稿することで、元彼の気持ちが揺らぐかもしれません。 元彼を意識しすぎると投稿内容が大きく偏ってしまうかもしれないので、バランスよく投稿内容を決めましょう。

LINEを使って元彼と距離を縮めることも可能です。 焦ってしまうと距離を置かれることがあるため、直接やり取りするときは適度な距離を保ちつつ、時間をかけてお互いの距離をつめるようにしましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)