彼氏に不満があるときの対処法とは?不満の伝え方とストレス解消法を解説

彼氏に不満があるときの対処法とは?不満の伝え方とストレス解消法を解説

カップル

付き合っていくうちに、なんらかの彼氏への不満を感じてくるものです。彼氏への不満に対してどう対処していくべきなのか、上手に解決する方法やストレス解消方法などを解説していきます。

彼氏への不満に対して、どうやって対処するのが正解なのでしょうか。 好きだからと自分が我慢をする方がいいのか、ストレートに伝える方がいいのか迷うポイントです。

彼氏との関係が悪くなることは避けたいけど、ずっと心に不満を抱えているのは辛いですよね。 上手に不満を彼氏に伝える方法について、チェックしていきましょう。

彼氏への不満あるある7つ

怒っている女性

女性がよく感じる彼氏への不満あるあるは、自分への愛情不足や対応の雑さなどに共通されます。 多くは、相手の気持ちが伝わらないことが原因です。

彼氏への不満あるあるについては、以下のようなケースがあります。

  • 会いたいときに会えない
  • リードしてくれない
  • 子どもっぽい
  • 愛情表現が少なすぎる
  • 見た目がだらしない
  • 結婚の話をしてくれない
  • 連絡がまめじゃない

 

会いたいときに会えない

彼氏と会いたいのに、会えないことが多いと不満に思うのは当然といえば当然です。 仕事が忙しいなら仕方ありませんが、友人との用事や趣味にばかり時間を割いているのであれば不満に感じます。

あまりにも会う回数が少ない場合や、会いたいときに会ってくれないことが続けば彼氏の愛情も疑ってしまうのは仕方ないことです。

リードしてくれない

女性は頼りになる男性を好む傾向がありますが、男性の中には女性を頼りたい人も増えています。 そんなタイプだと、デート中にリードしてくれないため女性は疲れてしまいますよね。

何をするにも女性を頼るような彼氏では、女性は不満です。 リードしない彼氏は、頼りにならないためデートの度に女性が疲労を感じることになります。

子どもっぽい

少年ぽさがよくて付き合ったものの、蓋を開けたらただ子どもっぽい男性だったケースはあるあるです。

ニュースを見ているのにゲームばかりしていることや、子どもっぽいわがままばかり言うなどはまるで子どもと言えます。

最初はかわいく見えても、母親の気分になってくるためストレスがたまってくることになるわけです。

愛情表現が少なすぎる

ハートとバラの花と鍵

付き合っていくうちに愛情表現が減ることは、不満あるあるの1つです。 頭ではわかっていても彼氏の愛情表現が少なすぎると、だんだん不安になってくることもあります。

とくに付き合いたての頃は愛情表現がたくさんあった彼氏だと、女性は寂しさや孤独感を感じやすいです。 寂しさや不安がたまり、最終的には怒りに発展することもあります。

見た目がだらしない

付き合いたての頃は清潔感があってオシャレをしていたのに、付き合いが長くなったらだらしない格好でも平気で現れるようになったようなケースです。

彼氏が髪の毛がボサボサでも、シャワーを浴びてこなくても平気でデートに現れるようになると、女性は不満に感じます。

自分は着飾っているのにと思うと、女性にとって不満となる原因です。

結婚の話をしてくれない

付き合いが長くなり結婚について考えたいと思っても、一向に結婚の話をしない彼氏には不満です。 結婚の話を持ち出すとはぐらかして避けられたら、不安な気持ちになります。

言葉では好きだと言ってくれていたとしても、将来の話を避けられれば当然不満です。 いつまで経っても結婚について話さない彼氏は、女性を不満にさせます。

連絡がまめじゃない

女性は彼氏からの連絡が少ないと不安になってしまいます。 用事もないのにメッセージがあるくらいがちょうどよく、連絡があることで愛されていると感じるのです。

そのため、連絡がまめじゃない彼氏には不満を持ちます。 連絡がまめじゃない彼氏の場合は、愛情不足だと感じ寂しさや孤独感を感じるのです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。