彼氏に不満があるときの対処法とは?不満の伝え方とストレス解消法を解説

彼氏に不満があるときの対処法とは?不満の伝え方とストレス解消法を解説

カップル

彼氏への不満の上手な伝え方

メッセージカードを書く

彼氏への不満をどうやって伝えるべきか、頭を悩ませる女性も多いでしょう。 言い方によっては喧嘩になる可能性もあるので、できれば穏便に済ませたいですよね。

彼氏に間違った伝え方をして、別れることになるのはできるだけ避けたいはずです。 彼氏への不満の上手な伝え方は、以下のような方法があります。

  • 冷静に伝える
  • タイミングを見計らう
  • 前向きな意見として伝える
  • 伝える内容は短くまとめる
  • 自分への不満も話してもらう
  • 彼氏に不満を手紙で伝える

 

冷静に伝える

彼氏への不満がたまってしまうと、怒りが爆発してしまうこともあります。 感情的に彼氏に不満を伝えてしまうと、売り言葉に買い言葉となり喧嘩に発展するだけで解決につながらない可能性があります。

彼氏への不満を伝えるときは、感情を抑えて冷静になることが重要です。 冷静になって彼氏に不満を伝えることで、彼氏も受け入れやすくなります。

彼氏が感情的になったとしても、冷静に対応することでお互いに話し合うことができるのです。

タイミングを見計らう

彼氏への不満を伝えるタイミングも、選ぶ必要があります。 自分の都合で伝えるのではなく、彼氏の機嫌がよいときや落ち着いているときがベターです。

不満を伝えるというのはネガティブなことなので、疲れているときや機嫌が悪いときは避ける方がよいでしょう。 冷静に話し合いができる状態のときを見計らって、不満を伝えることがコツです。

間違っても、彼氏が仕事で疲れているようなときに伝えないように注意しましょう。

前向きな意見として伝える

彼氏に不満を伝えることを前向きな意見として伝えれば、彼氏も話を受け入れやすい状況となります。

ただただ文句を並べるように伝えると、彼氏もイライラしてしまい文句の言い合いになってしまうことになりかねません。

2人が付き合っていくための前向きな意見として彼氏に提案すれば、同じ内容でも彼氏が真剣に考えてくれる可能性が高くなります。 彼氏への不満を文句にせず、2人のための前向きな意見として伝えましょう。

伝える内容は短くまとめる

彼氏への不満を伝えるときは、簡潔に短めに伝えることがコツです。 言いたいことがありすぎてまとまりがない長い話になると、彼氏も何が言いたいのかわからずイライラさせてしまいます。

そして、言いづらい気持ちから遠回しに話すのも要点が見えず、彼氏を混乱させてしまいかねません。 彼氏に不満を伝える前に、何をどう伝えるのか内容を短くまとめておくとよいです。

スムーズに彼氏に伝えることは、話し合いを上手くいかせる秘訣となります。

自分への不満も話してもらう

相手に対する不満を抱いているのは、自分だけではない可能性も考える必要があります。 彼氏が自分に対して不満を持っているのであれば、彼氏にも不満を話してもらいましょう。

自分だけ一方的に彼氏への不満を言うよりも、お互いの不満を言う方がフェアで話しやすくなります。 2人が持つそれぞれの不満を出し合うことは、お互いの関係性をよりよくすることも可能です。

お互いに改善点を理解し合うことで、彼氏が改善を受け入れやすくすることにつながります。

彼氏に不満を手紙で伝える

どうしても彼氏への不満を言いづらい人は、文章にして伝えることもおすすめです。 口下手でうまく伝える自信がない人や、感情的になりやすい人は文章にしておくことで冷静な内容を伝えることができます。

ダイレクトに言葉にするよりも、冷静な状態で内容を伝えられるので失敗を防ぐことが可能です。 受け取った彼氏も内容を冷静に読むことができ、直接伝えられるよりも落ち着いて考えられる余裕ができます。

直接不満を伝えることが難しい人は、文章にして伝えてみるとよいでしょう。

彼氏に不満を伝える時のNGな言い方

険悪なカップル

彼氏に不満を伝える場合、NGな言い方もあるので注意が必要です。

相手への不満はネガティブな感情を引き出すことになるため、言い方によっては喧嘩になってしまうこともあります。

彼氏への不満を伝えるのは、2人にとって関係性がよくなることが前提です。 彼氏に不満を伝えるときのNGな言い方について、みていきましょう。

  • 過去の不満をあれこれ蒸し返す
  • 正論・一般論で責める
  • 一方的に責める
  • 他の人と比較する
  • 知人などがいる前で伝える
  • 感情的になる

 

過去の不満をあれこれ蒸し返す

彼氏に不満を伝えるとき、あれこれと過去の不満を蒸し返すのはNGです。 あのときこうだったなどと、過去のできごとをたくさん持ち出して相手を責めれば、彼氏はうんざりしてしまいます。

また何度も繰り返し蒸し返すような言い方をすると、彼氏と喧嘩に発展してしまう可能性もあります。 不満を伝えるときは、*要点を絞って一番伝えたいことだけを話す*ようにしましょう。

たくさんありすぎてどうしたらいいのかわからない場合は、まず冷静になって言いたいことをリストアップするのがおすすめです。

正論・一般論で責める

彼氏の不満に対して、一般論や正論をぶつけて責めることもNGです。 たとえば、一般的にはこうだ常識的にはこうだというような責め方をすると、彼氏のプライドを傷つけることになります。

まるで常識がない人間だと言われているように感じるので、イラッとなり、喧嘩になってしまう可能性があります。 不満を伝えるときは、あくまでも自分自身の意見として話すことが大事です。

私はこう思うというように、自分の意見として伝えるようにしましょう。

一方的に責める

いくら不満がたまっているからと言って、一方的に彼氏を責めることはよくありません。 なぜなら、誰でも一方的に責められると反発したくなるものだからです。

同じことを伝える場合でも、言い方や伝える方法で受け取り方が違います。 彼氏への不満を一方的に責めるのではなく、彼の言い分も言える機会を与えて、聞いてあげることが大事です。

お互いの意見を言い合うことで、お互いに歩み寄ることができることを覚えておきましょう。

他の人と比較する

他人と比較して彼氏に不満を伝えることは、やるべきではありません。 彼氏は、比較された相手よりも人として劣っていると言われていると感じるからです。

関係ない相手を持ち出して比較するのは、*彼氏のプライドを傷つける*ことになり、逆ギレされる可能性もあります。 しかも2人の問題に対して関係ない人を比較対象とするのは、あまり意味を持ちません。

彼氏に不満を伝えるときは、関係のない他人と比較することはやめましょう。

知人などがいる前で伝える

彼氏に不満を伝える場合は、2人きりのときにしましょう。 間違っても知人など人がいる場所で、彼氏への不満を話すことは厳禁です。

知人などに不満を聞かれたら、彼氏は恥をかいてしまうことになります。 周りからからかわれて嫌な思いをすることもあるので、不満を人前で言ったあなたに怒りの感情を持つことになりかねません。

最悪のケースとなると、人前で恥をかかされた怒りがきっかけで、別れてしまうこともあるので注意しましょう。

感情的になる

不満がありすぎるからといって、感情的になってしまうことは避けるべきです。 男性は基本的に、冷静な話し合いを好みます。

それに対して、女性は感情的になってしまうことがよくあるので、喧嘩になってしまうわけです。 感情的になる女性をどう扱って良いかわからないため、話し合うこともできなくなります。

彼氏に不満を伝えるときは、感情的にならずに冷静に話し合うようにしましょう。 感情的になっていると、言わなくてもいいことまで言ってしまう危険性もあります。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。