シングルマザーが彼氏を作るには?恋人の気持ちや付き合い方の注意点

シングルマザーが彼氏を作るには?恋人の気持ちや付き合い方の注意点

恋活

シングルマザーも1人の女性です。子どもがいても、恋はしたいもの。ここでは、シングルマザーがモテる理由と、恋愛がうまくいかない理由、恋愛中の子どもへの対応など紹介していきます。

シングルマザーだからといって、恋愛を我慢する必要はありません。 「子どものことは、どうすればいいの?」「彼氏と子どもがうまくいくか心配…。」といった意見もあるでしょう。

しかし、ママが幸せに過ごしている姿を、1番近くで子どもは見ています。 恋も子育ても一生懸命頑張る女性はとても素敵です。

シングルマザーが彼氏とうまくいく方法に加え、シングルマザーと付き合う彼氏の気持ちを理解し、子どものことも考えながらどのように2人の距離を保つことがベストなのか?など余すことなく紹介していきます。 ぜひ、自身の恋愛に役立てていきましょう。

 

シングルマザーが考えたい彼氏との付き合い方のポイント

見つめ合う親子

まずは、シングルマザーの彼氏と付き合い方がどのようなものか理解しなければなりません。 シングルマザーの彼氏との付き合い方には、下記のようなポイントがあげられます。 それでは、1つずつ解説していきましょう。

  • シングルマザーが彼氏を家に呼ぶのはアリ?
  • シングルマザーが彼氏に会う頻度は?
  • シングルマザーは彼氏とのお金問題にも悩みがち
  • シングルマザーは彼氏とお泊まりしてもいい?

 

シングルマザーが彼氏を家に呼ぶのはアリ?

まずは子どもの状況を考え、子どもの気持ちを最優先することが大切です。 そして、彼氏を家に呼ぶときは、子どもがいない時間帯にしましょう。

また、子どもが彼氏と仲良くできているなら問題はありませんが、無理やり子どもと彼氏を仲良くさせようとするのはやめておきましょう。

子どもはママが大好きです。 そのため、お母さんの顔色をうかがい、無理に彼氏を受け入れようとしてしまうことがあります。

こちらが何も言わずとも、子どもの方から彼氏と会ってもいいといった内容を言うまで待つことが大切です。 子どもが彼氏のことを受け入れたと感じれば、3人でのお家デートもアリでしょう。

シングルマザーが彼氏に会う頻度は?

それぞれの状況に応じて、会う頻度は異なります。 たとえば、若いシングルマザーであれば「毎日でも会いたい。」といった意見もあるものの、20〜30代であれば「週に1〜2回程度」が理想的のようです。

さらに、年齢層が高くなるほど「頻繁に会わなくても大丈夫。」といった意見もあることから、1ヶ月に2〜3回のペースで会っているといったカップルも少なくありません。 また、平日勤務で週末にお休みといったカップルも多いのではないでしょうか? このようなカップルも、月に2〜3回といったペースで会っているといった意見が多い傾向にあります。

シングルマザーは彼氏とのお金問題にも悩みがち

シングルマザーはある程度稼ぎがあっても、子どもを養っていることから金銭的に裕福とは言えません。 また、彼氏に会いたい気持ちがあっても、デート代がかさみ生活費がピンチになることも。

さらに、彼氏が家に泊まりに来たときには、食費や光熱費などを請求できないなど、お金のことを言いにくい状況も。 しかし、彼氏は生活費や高熱水道費、食費にどれくらいかかっているのか理解していないことがあります。

言いにくいことでもきちんと彼氏に伝え、金銭的な問題もお互いに話し合って決めていくべきでしょう。 それが、彼氏との信頼関係を築いていく第1歩となるのです。

シングルマザーは彼氏とお泊まりしてもいい?

これは、非常にデリケートな問題になります。

子どもを預けて彼氏とお泊りデートに出かけるのか。 それとも、子ども連れでお泊りデートに行くのか。 そのときの状態や、子どもと彼氏との関係にもよりますよね。 ここで必ず気を付けるべきことは、子どもがいるときに彼氏とのセックスは控えるべきということ。

完全に子どもが寝たからといって、子どもの寝ているそばでセックスをしてしまえば、子どもも敏感になっていることから目が覚めてしまうことも。 母親のそんな姿を見てしまうことで、心に大きなショックを受ける子どもも少なくありません。 子どもの年齢も考え、女としての自分より母親としての自分を優先させることがポイントです。

彼氏が欲しいシングルマザーがするべきこと

綿毛を飛ばす親子

今現在、恋人のいないシングルマザーが、彼氏が欲しいときに心がけることをまとめました。 1つずつ解説していきますね。

  • 女性らしさを忘れない
  • シンママであることをオープンにする
  • いざというときの子どもの預け先を確保する
  • 出会いのチャンスに積極的になる
  • 子どもへのケアを手厚くする

 

女性らしさを忘れない

当たり前のことですが、女性らしさのないシングルマザーは、男性から見て女性として見ることができません。

いつも外見には気を使い、若々しく、美しく整えることが大切です。 また、話し方や振る舞いなどにも気を付けるべきでしょう。 子どもがいることで、「余裕のないお母さんの姿」に見えてしまうと、女性より母親感が強くなってしまいます。

たしかに子どもにとっては母親らしいことが1番ですが、綺麗なお母さんも魅力的です。 彼氏が欲しいと思うなら、まずは外見から磨いていきましょう。

シンママであることをオープンにする

出会ったときに、シングルマザーであることを話しておきましょう。 シングルマザーであることに引いてしまう男性がいるかもしれませんが、気になる男性といい感じになってからでは後々トラブルになってしまうことが考えられます。 相手の気持ちを思うなら、シングルマザーである今のあなたの姿を隠すべきではないのです。 もし、それで離れていくような男性なら、あなたのことを幸せにすることのできない男性なのかもしれません。

いざというときの子どもの預け先を確保する

いつも実家に子どもを預けているなら、おじいちゃんやおばあちゃんも、孫の顔が見れて「嬉しい。」と感じていることでしょう。 しかし、子どもの預け先がいつもあなたの実家なら、たまには違うところへ預けることを考えてみましょう。

たとえば、元夫に預けることも視野に入れてみるのはいかがでしょう? あなたにとっては、2度と会いたくない元夫だったとしても、子どもにとってはたった1人の父親です。 そんな子どもの気持ちを考えると、夫に預けてもいいのではないでしょうか?

しかし、元夫がDVや子どもを虐待するようなら、元夫とは会わせない方がいいので、状況により考えることをおすすめします。

出会いのチャンスに積極的になる

シングルマザーでも、1人の女性として生きていくことはとても大切なことです。 もし、あなたが彼氏を欲しいと思っているなら、子どものことも大切にしつつ恋愛に積極的になることもポイントです。

1度母親になった女性は、なかなか積極的になれないもの。 しかし、母親としても女性としてもがんばりたい気持ちがあるなら、積極的になることが近道でしょう。

合コンや友達からの紹介、マッチングアプリなどさまざまな出会いがあるのです。 あなたに合った出会いから、チャンスをつかんでいきましょう。

子どもへのケアを手厚くする

片親の子どもの場合、空気を読むことや人の顔色をうかがうような性格になりがちです。 ただでさえ、不安になりやすく気持ちも不安定で敏感になりやすいことから、子どもを安心させてあげることも考えましょう。

なんとなくお互いに気持ちがわかり合っていても、相手はまだまだ子どもです。 スキンシップやわかりやすい言葉で、子どもを愛していることを伝えるべきでしょう。

子どもが恥ずかしがっていても、母親から愛されていることを実感することで、安心感につながるのです。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。