別れた元カレとよりを戻したい!よりを戻すおすすめの方法・LINEの送り方

別れた元カレとよりを戻したい!よりを戻すおすすめの方法・LINEの送り方

カップル

別れた彼とよりを戻したいと願う女性は少なくありません。復縁は難しいものと思われがちですが、適切にアプローチすれば成功率を上げることができます。この記事ではよりを戻すためのポイントをご紹介します。

大好きな彼とお別れしてしまった…あるいは、一度は別れを決めたものの後悔している…そんなこともありますよね。 別れた彼と復縁するには、どんなことに気を付けてアプローチしていけば良いのでしょうか。

この記事では、男性がよりを戻したいと思っている心理がどんな行動にあらわれるのか、女性からコンタクトをとるときに気を付けるべきこととは何かなどをご紹介していきます。

よりを戻したい男性の行動とその心理は?

あやまる男性

男性は別れた女性のことを、なかなか嫌いにはなれません。 別れたものの未練があるということは十分にありえます。

別れた元カノとよりを戻したいと思っている男性は、どんな行動をとりやすいものなのでしょうか。

用もなく連絡してくる

別れた彼女の様子を探りたいときに、多くの男性がとるのがこのパターン。 大した用事もないのに「元気にしてる?」といった様子伺いの連絡を入れるなどして、リアクションを見ます。

着信拒否やブロックをされていないか確かめる意味で、こうした連絡をすることも。 男性は「かっこ悪い思いをしたくない」という気持ちが強いのですが、こちらから未練があることをストレートに伝えて玉砕することをかっこ悪いと感じている場合が多いのです。

もしここで拒否をされる場合やそっけない態度をされる場合には、その後は連絡を控えるでしょう。

思い出話をしてくる

「女性の恋愛は上書き保存ですが、男性の恋愛はフォルダ分け」…という表現を聞いたことがある女性も多いのではないでしょうか。

男性は一度好きになった女性のことは、生理的に無理となることはほとんどありません。 そのため、楽しかった思い出が美化されやすいのです。

女性に思い出話をしてくるときは、元カノにもその時の気持ちを思い出してほしいからかもしれません。

食事に誘ってくる・会いたいと言ってくる

元カノに未練が残っている男性の中には、「もう一度会って楽しい時間を過ごすことができれば、前のように戻れるかもしれない」と期待する男性も少なくありません。

一度気持ちが離れてしまっても、会って挽回することで彼女のマイナスイメージを払しょくしようとする男性もいます。

また、実際に会って元カノの感触を確かめることで、よりを戻せるかどうか確かめたいというねらいも。

SNSに反応がくる(いいねやコメントがくる)

直接的なアプローチをするには抵抗があっても、SNSを通して少し間接的なアプローチを試みる男性もいます。

SNSというふたりきりの空間ではない場でコミュニケーションをとることによって、重さを感じさせないアプローチができると考えているのです。

もちろん、公の場なのでコメント返信もあたりさわりのないものになるでしょうが、その雰囲気によっても今後どう接するかを見極めようとするねらいもあります。

ボディタッチが多い

別れたとはいえ顔を合わせる機会がある場合には、ボディタッチをして様子を見る男性もいるでしょう。

女性は生理的に無理だと感じる男性には、触れられることを嫌がる傾向もあります。 そのため、距離感を見て自分が近づけるかどうかを確かめようとしているのです。

ボディタッチをされてもまんざらでもない様子であれば、その後積極的にアプローチをしてくることでしょう。

モテていることをアピールしてくる

元カノに未練がある場合、自分がモテていることをアピールして、元カノにやきもちを妬かせようとする男性もいます。

やきもちを妬かせることで、元カノが彼のもとに戻ってくることを期待しているのでしょう。

ただし実際のところ、このようなシチュエーションでよりを戻したとしても、女性の所有欲を刺激しているだけの状態なので、気を付けないと長続きは難しいでしょう。

最近どう?などこちらの近況を聞いてくる

男性が元カノにやたらと近況を聞いてくる場合は、元カノに男性の影があるかどうか、よりを戻せるかどうかを確認したい可能性が高いといえます。

元カノが別れてから現状に不満を抱えているようなら、よりも戻しやすいと考えているのです。

逆に近況が充実している場合でも、こちらからの連絡に好意的に反応してくれるようなら、じっくりアプローチするつもりの男性もいるでしょう。

新しい彼女の話をしてくる

女性からふられた男性が、新しい彼女の話をしてくる場合、元カノへ幸せアピールをしてマウントをとろうとしている可能性があります。

また、新しい彼女ができたことで元カノにやきもちを妬かせ、元サヤを狙っている可能性も。

逆に男性の方から「好きな女性ができた」という理由で別れたのに、元カノに自ら連絡をとって新しい彼女の存在をアピールする場合は、*男性自身が現状に不満がある*のかもしれません。

気遣うような発言が多い

別れてから顔を合わせたときや連絡をとりあうときに、やたらと元カノを気遣う発言が多い場合は、優しさをアピールしている可能性も。 もしくは、罪悪感からそのようにしているケースもあります。

特に男性がふった場合には、元カノがつらそうにしている姿を見ると「自分のせいでつらい思いをしているのでは」「自分が悪者のよう」と感じてしまうため、そういった気遣いにつながることもあります。

やたらと褒めたり優しく接したりする

元カノに好意的に接することで、自分のマイナスイメージを払しょくさせたい男性は少なくありません。

これは、男性特有の「別れた女性相手でさえも悪者になりたくない」という気質が関係しています。

また、現状に不満を抱えており、今後よりを戻したいと考えている男性の場合はなおさら別れた時のネガティブなイメージを書き換えたいと思っているでしょう。

絶対復縁したい!よりを戻したいと思わせる方法

企む女性

彼がどんな気持ちでいるかはわからなくても、自分自身が復縁したくて仕方ないということもあるでしょう。

一度別れた男性とよりを戻すには、冷静にアプローチする必要があります。 具体的にどんな方法があるのか、一例をご紹介します。

誕生日に連絡をする

誕生日や記念日を重視していない男性は多いものの、誕生日を祝われて嫌な気持ちになる男性はいないでしょう。 「別れても大切な日は覚えていてくれる」というのは、好印象を与えます。

この場合は重たくならない連絡を送る方が効果的。 やたらと感傷的な内容を送ってしまうと、かえって誕生日なのに元カノの都合を押し付けられたような気持ちになり逆効果です。

適度にSNSで反応をする

よりを戻したいなら、さわやかさを大切にすることがポイント。 執着が激しいとどうしてもメールやLINEも重たくなってしまいがちなので、執着があるなと感じる場合は直接的なアプローチは避ける方が無難です。

その分、SNSで繋がっているなら、そこで適度な距離感を演出しましょう。 ことあるごとにコメントをすることは、かえって気を遣わせてしまうため逆効果ですが、適度な頻度でいいねを押すなどするのは、むしろ好意的にとらえる男性も少なくありません。

相手を刺激する言葉をかけてみる

ここでいう刺激とは、彼を心地よくさせる刺激のこと。 男性が「この女性といると、やっぱり自分が気持ちよくいられるな」と感じられる言葉を伝えることです。

元カレと話すことができる距離感でいるなら、会話のときにそういったフレーズをちょくちょくはさむのが大切。 たとえば「やっぱりあなたは〇〇だね!」「あなたの〇〇なところってやっぱり尊敬するな」と相手をほめること。

また、彼から愚痴を聞かされた時などは、どんな状況であっても彼の味方でいる発言をすることです。 この場合、彼にアドバイスをすることや「それは違うんじゃない?」と否定するような発言は一切せず、「あなたはそう考えているんだね」とただ寄り添うようにしましょう。

心理テクニックを利用する

  • ザイオンス効果を活用する
  • 好意の返報性を活用する
  • ドア・イン・ザ・フェイスを活用する

 

元カレと復縁したいと思うなら、ほどよく心理テクニックを活用するのも効果的。

たとえば、「ザイオンス効果」。 これは接触回数が多いほど、その対象に好意的になるというものです。 なるべく顔を合わせる頻度を増やすことで、復縁へ近づける工夫をしましょう。

また、「好意の返報性」は、好意的なアプローチをされると同じく好意で返したくなる心理。 笑顔でいる、前向きな言葉がけをする、優しくするなど、プラスの行動を増やしましょう。

「ドア・イン・ザ・フェイス」は本来の目的よりも大きなお願いごとをしてから、最初よりもハードルの低いお願いごとをする方法です。 たとえば、ふたりきりでのディナーに誘ってみて、断られたら1時間だけのお茶を提案するなど。

誘い方を工夫することで、接触回数を増やすことにも繋がります。

距離を置いてみる

これは復縁したいと考えるときに大切なポイントなのですが、男性にふられてしまった場合は特に、付き合っていた頃とははっきりした変化をつけることが求められます。 そのためには、離れている間に彼が「嫌だな」と感じたポイントを改善することは必須。

また、男性は時間が経つと思い出を美化する傾向にありますから、頃合いを見計らってアプローチすることで復縁の成功率が上がります。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。