結婚しない彼氏にいつ見切りをつける?年代別の男性心理も解説

結婚しない彼氏にいつ見切りをつける?年代別の男性心理も解説

カップル

【年代別】彼氏に見切りをつけるべき?結婚しない彼氏の心理は?

不穏な男女

なかなかプロポーズしてくれない男性の心理とはいったいどういったものなのでしょうか? 男性が結婚に踏み切れないのには、どうやら年代ごとに異なる背景があるようです。

そこで続いては、年代別に結婚しない(彼女にプロポーズしない)男性心理をみていきます。

  • 20代前半の彼氏の場合
  • 20代後半の彼氏の場合
  • 30代前半の彼氏の場合
  • 30代後半の彼氏の場合
  • 40代の彼氏の場合
  • 50代の彼氏の場合

 

20代前半の彼氏の場合

20代前半〜半ばくらいの男性は、このタイミングでの結婚を「早すぎる」と考えている可能性が高そうです。

結婚をすれば、独身のときのように自由気ままな生活はできなくなります。 時間や使えるお金もかなり制限されてしまうので、**まだまだ自由でいたいのが本音**でしょう。

また、社会に出てからもまだ日が浅いため、まだまだ自分のことで精一杯なタイミングとも言えるでしょう。 そういった面でも「結婚する」「家庭を持つ」という発想に至っていないのかもしれませんね。

20代後半の彼氏の場合

20代半ば〜後半になっても、まだ早いと感じている男性は多いでしょう。

ただ、同級生でもちらほら結婚する人が出てくる時期ではあるので、少しずつ結婚をリアルに考え始める年代ではあるかもしれません。 「結婚したくないわけでないけど、せめて30代に入ってから」なんて考えている人もいるはず。

この年代ではまだ「自分に家族が養えるのかな」といった不安から「結婚する自信がない」というタイプも。 中には「まだまだ遊びたい!」などといった理由で結婚を考えない男性もいるでしょうが、このタイプの場合は早々に見切りをつけた方が良いでしょう。

30代前半の彼氏の場合

30代に入ると、より周りに結婚する人が増えてくるので、今後はかえって結婚のリアル・夫婦生活のリアルを見聞きして、結婚に全くメリットを感じなくなっている可能性があります。

また、「もちろん結婚はしたいけど、結婚資金が足りてない」「自分の稼ぎだけでやっていけるのか」など金銭面の不安がぬぐえていないということも考えられます。

そうした男性に対しては、「私もしっかり働いて稼いでくるよ!」という意思をしっかりみせることが大事。 養ってもらう気満々な姿勢だと、男性は結婚に尻込みしてしまうでしょう。

30代後半の彼氏の場合

30代後半になっても結婚に向かう話が出てこない場合、もしかするとあなたに対してなにか思うところがある可能性があります。

たとえば、金銭感覚の面や一緒にいて安心できるかどうかなど、付き合う分には目をつぶれても、結婚する相手としては許容できないという部分があるのかもしれません。

彼氏の根本的な結婚相手に対する価値観や求めることというのは、そう簡単には変わらないでしょう。 あなた自身もいくら彼氏と結婚したいと言えど、それまでの習慣や自分の価値観を変えるのは、簡単ではないと思います。

価値観などの部分で、決定的に結婚に踏み切れない理由があるのだとしたら、早めに見切りをつけた方が良さそうです。

40代の彼氏の場合

40代の彼氏がなかなか結婚してくれない背景には、そもそも結婚に興味がない、あなたとは遊び目的で付き合っている、といったことが考えられます。 あるいは、バツイチで「もう結婚はこりごり」なんて思っている人もいるかもしれません。

40代の彼氏がなかなかプロポーズしてくれないときには、思い切って結婚への価値観を聞いてみることをオススメします。 そこで「結婚する気がない」ということがはっきりわかる、あるいは回答が曖昧でモヤモヤする、という場合にはすぐに別れて新しい出会いを探す方にシフトチェンジした方が良さそうです。

50代の彼氏の場合

50代になると、それまでの結婚への考え方からまた少し変わってきます。 老後を考え「やっぱり一人では寂しいかも」と思う反面、「この年で結婚してもなあ…」と消極的な考えも同時に浮かんでくるようになるのです。

若い頃とは異なり、時間にもお金にも余裕が生まれた分、「余生を一緒に楽しく過ごしてくれる人」という観点で、結婚相手を選ぶようになるでしょう。

この年まで一人だったために、逆に慎重になっているということも考えられるので、すぐに見切りをつけるのはオススメできません。 相手が結婚についてどう思っているのかを聞きつつ、じっくり話し合って結論を出していく方が良さそうです。

結婚してくれない彼氏に疲れてしまった場合の対処方法

頭を抱える女性

いつまでも結婚しようと言ってくれない彼氏にいい加減もう疲れてしまった…。 そんなときには最後の望みをかけて、彼にいくつかの対処法を試してみましょう。

オススメは以下の3つ。 それぞれ、詳しくご紹介します!

  • 結婚までの期限を決めて交際する
  • 1度諦めてプレッシャーをかけるのを一切やめる
  • 自分からプロポーズする

 

結婚までの期限を決めて交際する

自分自身の中で、あるいは彼氏と話し合ったうえで、交際の期限を決める方法です。 「いつまでにプロポーズされなかったら別れる」「何年後までにあなたが結婚する決心がつかないのなら別れる」など、区切りをつけるタイミングを自分自身、あるいは二人で決めるのです。

人は先がみえないことにストレスを感じたり、不安を感じたりします。 あるいは、締め切りがないと問題を先送りにしてしまう側面もあるでしょう。 具体的な最終ラインを決めることで、いずれの道にせよ後悔なく進むことができるはずです。

1度諦めてプレッシャーをかけるのを一切やめる

人間とはあまのじゃくなもので、あなたから「結婚したいオーラ」がなくなると、とたんに結婚する気が湧いてくる男性もいます。

そういった男性は、「結婚」に対するプレッシャーが強い状況だとなかなか言い出せないのですが、プレッシャーから解放されると自然にプロポーズをすることも。 「結婚したいとは思ってるけど、そんなにグイグイこられると気が引ける」という男性もいます。

結婚してくれない彼氏に疲れてしまったら、1度なにもかも考えるのをやめて、ただ仲の良いカップルに戻ってみるのも1つの手です。

自分からプロポーズする

最終手段は「自分からプロポーズ」です。

かなり勇気がいりますし、「本当はプロポーズされたい」という気持ちもあるでしょう。 しかし、いつまでも煮え切らない関係に終止符を打つには、この方法が効果的。

そして、意外にもこの逆プロポーズで幸せを勝ち取っている女性も少なくありません。 「あんなに毎日悩んでいたけど、ダメ元でプロポーズしてみて本当によかった」なんて声もあります。

あれこれと彼を結婚する気にさせる方法を試してもダメだったという人は、ぜひ自分からプロポーズしてみましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。