好きな人からLINEの返信が来ない理由!脈ナシかどうかを見分ける方法

好きな人からLINEの返信が来ない理由!脈ナシかどうかを見分ける方法

恋活

LINEの返信が来ない男性が脈アリか脈ナシか見分ける方法

男性が携帯を見ている

気になる男性からLINEの返信が来ないと、脈があるのかないのかどうしても気になりますよね。 そんなときは、次のような方法で見分けることができます。

では、具体的にどのようなことを判断基準にすれば良いのか、脈アリ・脈ナシを見分ける方法をご紹介しましょう。

  • 基本的に返信がない=脈ナシではない
  • 相手の仕事と趣味をチェック
  • LINEの内容を振り返る
  • 返信の態度をチェック

 

基本的に返信がない=脈ナシではない

脈アリ・脈ナシを判断する前に、1つだけ理解しておくべきポイントが、「返信がないからといって脈ナシではない」ということです。

先ほど「好きな人からLINEの返信が来ない理由」でご紹介したとおり、男性が返信をしない理由は脈ナシだからだとは限りません。 男性側のさまざまな事情を理解したうえで判断しないと、せっかく脈アリだったのに対応を間違えてしまい、残念な結果になることもあります。

返信がないからといって、短絡的に脈ナシと捉えるのは危険です。 返信できない理由を1つ1つ確認し、そのうえで判断するようにしましょう。

相手の仕事と趣味をチェック

相手がどのような仕事をしているか、どんな趣味があるのかをチェックして、脈アリか脈ナシかを見分けることもできます。

もともと忙しい仕事をしていたり、趣味でスケジュールが詰まったりする人は、LINEの返信がなくても不思議ではありません。

もう少し正確に言うと、仕事や趣味で忙しい状態だとゆっくりLINEを確認している余裕がなく、「気がついたら返信していなかった」というケースが多いのです。

これは脈のアリ・ナシに関係なく、どんな人が相手でも返事が来ない可能性があります。 相手の仕事や趣味が忙しそうなら、必ずしも脈ナシとは言えないでしょう。

LINEの内容を振り返る

相手がとくに忙しそうではなく、それでもLINEの返信が来ないようなら、自分が送ったLINEの内容を振り返ってみましょう。

返事がしにくいようなメッセージだったり、独り言で完結していたりする内容だと、相手も返信のしようがなく困っている可能性があります。 何かを尋ねるような疑問形のメッセージや意見が言いやすい内容だと、男性にもスムーズな返信が可能です。

脈がないわけではなくても、返しにくいメッセージは女性でも悩みますよね。 過去のLINEの内容を振り返ったとき、少しでも「相手が返しにくかったかな」と感じたら、メッセージの内容を変えて送ってみましょう。

返信の態度をチェック

相手からのLINEの返信履歴をチェックして、返信の態度から脈アリ・脈ナシを確認してみましょう。 脈がない場合は、「うん」「そうだね」「ふーん」といった簡潔な返信が多く、あまりあなたへ関心を持ってないように感じるはずです。

逆に、少しでも興味があるような返信が届く、相手の方から質問が返ってくるようなら、脈アリの可能性が高まります。

過去の返信態度をチェックすると、そのとき気付けなかった相手の気持ちや雰囲気に気付けるかもしれません。 LINEの履歴をチェックして、相手の返信態度を確認してみましょう。

LINEの返信が来ないとき、嫌われたかどうか見極める方法

枕を抱きしめる女性

好きな人からLINEの返信が来ないと、「もしかしたら嫌われたかも」と不安になりますよね。 とくに次のような場合、返信が来ないことで不安になる女性も少なくありません。

もしこのような状態になったら、どのような態度を取れば良いのでしょうか。 嫌われたかどうかの見極め方法と、具体的な対応策をご紹介しましょう。

  • デートのあとから返信が来ない
  • 追撃LINEに返信が来ない
  • 返信がときどきだったり既読スルーされたりする

 

デートのあとから返信がない

相手とデートしたあとからLINEに返信が来なくなったときは、相手の返信頻度や態度をよくチェックしてみましょう。

1度デートしたうえで「ナシだな」と判断された場合は、極端に返信頻度が落ちたり態度が冷たくなったりするはずです。 とくにデート直後にこのような態度を取るようなら、返信しないことで自然なフェードアウトを狙っている可能性も大。

逆に、返信こそ来ないものの、たまにくるメッセージがいつも通りだったり態度が良かったりした場合は、嫌われている可能性は低くなります。 デートのあとから返信が来ない場合は、来なくなったタイミングと返信内容をよくチェックしてみましょう。

何通か追撃LINEをしているが返信がない

LINEの返信が来ず、何通か追撃LINEをしてそれでも返事がない場合は、相手に嫌われている可能性も考えておきましょう。

最初のLINEが忙しくて返信できなかっただけだとしても、あとから何通も追撃LINEされてしまうとそれだけで気持ちが冷めたり、返信する気がなくなったりする男性は多いものです。

相手の様子をうかがうためにLINEを送るのは良いのですが、返事がないからといってさらに追撃LINEするのは逆効果となり、嫌われる可能性が高くなります。 返信がないとどうしても気になりますが、1〜2通おうかがいのLINEを送ったあとは様子をみて、返信がくるのを待ちましょう。

ときどき返ってくるもすぐに既読スルー状態になる

まったく返信が来ないわけではないけれど、頻度が少なくときどき既読スルー状態になる場合は、思い切って数日LINEを送らず様子をみてみましょう。 返信がないからといって焦ってしまうと、お互いにストレスがかかり疎遠になる可能性もあります。

忙しかったりうっかり忘れたりなどして、既読スルーになってしまうのはよくあることです。 なのに返信の頻度だけで変な疑いを掛けられるのは、お互い嫌な気分になりますよね。

頻度が低くても返信があるなら、あまり相手を追い詰めるのはよくありません。 思い切ってLINEのやり取りから離れ、数日様子をみる心の余裕を持ちましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事