30代からの恋愛は難しい?恋愛の仕方と恋ができない理由

30代からの恋愛は難しい?恋愛の仕方と恋ができない理由

オトナの恋愛

30代後半の独身女性の恋愛の仕方

鏡を見ている女性

30代後半を迎えた独身女性の場合、次のようなポイントをふまえて恋愛をすることが大切です。 30代後半の独身女性は自立しているイメージがあるので、それを意識した恋愛の心構えが鍵になります。

それぞれのポイントに対する具体的な内容について、以下でくわしく解説しましょう。

  • キレイでいる努力をする
  • 包容力など人間性も磨く
  • 仕事も頑張る

 

キレイでいる努力をする

30代後半を迎えた女性が恋愛するときは、身だしなみをキレイに保つ努力をしましょう。

年齢による肌や髪の衰えも、毎日のケアをすることで年齢相応以上に美しくなります。 年齢にふさわしい美しさを保つことは、そのままあなたの品位が高くなることに繋がるのです。

決して若作りをするわけではありません。 社会的な立場や現在の生活水準に見合った身だしなみを整えることは、それだけあなたの価値を高めます。 キレイでいる努力を怠らず、あなたにふさわしい恋愛をしましょう。

包容力など人間性も磨く

30代後半の独身女性は、恋愛で「大人の女性」を求められることも多いので、包容力といった人間性を磨くのもおすすめです。

社会人としても自立している30代後半の独身女性には、思慮深く感情をコントロールする能力に長けている人も多く、その人間性が大きな魅力となって男性を惹きつけます。

結婚まで視野に入れるなら、人間性も重要なポイントの1つです。 客観的に自分のアピールポイントを探して、内面も美しく磨いてみましょう。

仕事も頑張る

社会人としてキャリアがある30代後半の独身女性は、社会人としての魅力を大切にして仕事を頑張ってみましょう。 自立した女性は社会的信頼度も高く、結婚を前提にした相手を探している男性にはとても魅力的です。

さらに、しっかりとしたライフプランまで考えているのなら、具体的な結婚後のイメージを男性とも共有しやすく、かなり現実的なビジョンで恋愛を進展できます。 社会人として自立した女性をアピールして、将来に繋がる恋愛を探しましょう。

30代で恋愛できない理由

頭を抱えている女性

30代になって恋愛ができない人の場合、次のような理由で恋愛から遠ざかっている可能性があります。 自分では意識していなくても、もしかしたらこのような理由で恋愛ができないのかもしれません。

ではなぜ恋愛ができないのか、それぞれの理由を具体的に解説しましょう。

  • 自分から恋愛を遠ざけている
  • 結婚を意識しすぎている
  • ちやほやされるのが当然と思っている

 

自分から恋愛を遠ざけている

自分から恋愛を遠ざけるような生活をしている場合、たとえ望んでいたとしても恋愛することができません。 「自分は遠ざけているつもりはない」と思っていても、物理的に遠ざかるような生活を選んでいるのなら、それは自分から遠ざけているのと一緒なのです。

たとえば、仕事を生活パターンの中心に考えている場合、行動範囲は通勤と日常の買い出し程度になってしまうため、結果として出会うチャンスは生まれません。

「仕事が好きだから」と割り切っているなら仕方ないですが、そうでないなら意識してプライベートな時間を作り、自分の行動範囲を広げてみましょう。

結婚を意識しすぎている

30代だとどうしても恋愛の先に結婚を考えがちですが、あまりに結婚を意識しすぎるのもかえって恋愛ができなくなります。

結婚というと、どうしても「適齢期」「市場価値」といった年齢を気にしてしまうため、30代だと望みが薄いのでは…と消極的になってしまい、その結果恋愛ができなくなるのです。

恋愛が進展すれば結婚ももちろんありえますが、まずは恋愛することで相手を見極めるのも大切ですよね。 結婚を意識しすぎて消極的にならず、「まずは恋愛、結婚はそのあとに考える」くらいの余裕を持ってみましょう。

ちやほやされるのが当然と思っている

10代・20代のの頃と同じように、男性にちやほやされるのが当然だと思っている人は、30代で新しい恋愛を探そうとしてもうまくいきません。

若い頃には恋愛でちやほやされていても、30代になってくると年齢相応の身だしなみや立ち居振る舞いが求められるようになるため、以前と同じような恋愛ではうまくいかなくなるのです。

ちやほやされるのが当然と思っていると、相手が求める恋愛像と食い違ってしまい、好きな人ができても振り向いてもらえません。 若い頃の経験はその年齢だったからだと割り切って、30代らしい振る舞いで出会いを求めてみましょう。

30代の恋愛が進展しない理由

携帯を見ている女性

30代の恋愛になってくると、なかなか次に進展しないといった悩みを耳にすることも少なくありません。 30代で恋愛ができても、次のようなケースの場合進展しない可能性があります。

もし1つでも当てはまるようなら、進展できるよう改善しなければなりません。 ここでは、進展しない理由を掘り下げて解説しますので、自分の例に当てはめて改善点を探ってみましょう。

  • 気を使いすぎている
  • 臆病になりすぎている
  • 大人の恋のムードを作れていない

 

気を使いすぎている

30代の恋愛では、相手に気を使いすぎてしまうと恋愛が進展しません。 お互いに社会人として立場がありますから、相手の仕事のことを考えてしまうのは当然なのですが、進展させようと思って相手に気を使いすぎると結局無理が生じてしまい、その結果進展しなくなるのです。

相手を思うがゆえの優しさではありますが、無理を続けて恋愛が成就しないのはもったいないですよね。

恋愛が進展した先にあるのは、2人で協力して作り上げる生活のはず。 お互いを大切に思う気持ちは持ったまま、気を使わず妥協点を探して将来へ繋げてみましょう。

臆病になりすぎている

30代の恋愛では、過去の経験から失敗しないよう慎重に行動して、その結果臆病になりすぎていることもあります。

若い頃の恋愛と同じように突っ走るよりは大人の対応なのですが、あまりに臆病な行動はともすれば「自分に自信がない」とも取られてしまい、相手との意見をすり合わせるのも難しくなるかもしれません。

「振られるのが怖い」「かっこ悪い」と感じることも多いかと思いますが、臆病になりすぎるとせっかくのチャンスも活かせなくなります。 進展を望むのであれば臆病になりすぎず、自分の意見や考えも伝えられるよう努力しましょう。

大人の恋のムードを作れていない

30代の恋愛を進展させたいのなら、大人の恋のムードを作ることも大切です。 30代はすでに社会人としても数年が立っており、お互いに大人のお付き合いも経験していることでしょう。

若者らしい元気さや無邪気さだけでは、落ち着いた雰囲気で将来を考えることができません。 楽しいときには無邪気に明るく振る舞い、真面目なときには大人の恋のムードでギャップを作るのも、恋愛を進展させる方法の1つです。

30代だからこそ似合う恋のムードを大切にして、お互いの思いを育んでみましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事