結婚がめんどくさい!結婚したいけど恋愛がめんどうな場合の対処法を解説

結婚がめんどくさい!結婚したいけど恋愛がめんどうな場合の対処法を解説

カップル

結婚はしたいけど恋愛はめんどくさいと思ったときの対処法

ノートを持つ女性

恋愛がめんどくさいけどいつかは結婚したいと考えている人も少なくありません。 確かに、結婚の前には恋愛のプロセスがありますが、何かと忙しいと恋愛に回す時間がないのもわかります。

恋愛がめんどくさいなら

  • 「恋愛したい」と思う気持ちを育てる
  • 計画的に婚活を進める
  • 結婚相談所に登録する
  • 交際ゼロ日婚を目指すのもあり

 

この4点に意識を絞りましょう。

「恋愛したい」と思う気持ちを育てる

まずは恋愛に対するネガティブな感情を手放しましょう。 過去の恋愛で傷ついたがゆえに恋愛がめんどくさいなら、リハビリが大切。

ハッピーエンドの恋愛ドラマや映画を見たり、男性と会話する機会を徐々に設けたりしていきましょう。 そして、少しでも「いいな」と感じた相手がいたら、デートをして感覚を取り戻していきます。 恋愛から遠ざかっていると、恋愛しなくても満たされていくので注意が必要。

少しずつ彼氏がいる感覚を取り戻すことで、恋愛は楽しいものであったと想い出すことができるのです。

計画的に婚活を進める

結婚だけに焦点を合わせて、計画どおりに婚活を進めましょう。 恋愛ありきの婚活だと、結婚には向いていない相手でも彼氏として合格であれば付き合いに発展します。 しかし、時間の経過とともに「結婚に向いていない」事実が浮き彫りとなり、結果別れるはめに。 結婚に向かいない人との恋愛を続けることは、言葉は悪いですが、時間をダラダラと無駄使いすることになるのです。 結婚に焦点を定めて、婚活を期間・条件などを明確に計画を立て、淡々と遂行しましょう。

結婚相談所に登録する

婚活で街コンやマッチングアプリを利用する人は多いのですが、結果的に結婚に結びつかない人も少なくありません。 せっかく出会えたとしても、結婚に結びつかつかないのであれば婚活は失敗。 その点、結婚相談所には結婚がしたい人が登録するため話が早く進みます。 登録する時点であなたがお相手に希望する条件を伝えておくことができるので、ミスマッチが少なくて済むのも利点です。 双方のニーズが結婚なので、時間を端的に使って婚活ができます。

交際ゼロ日婚を目指すのもあり

芸能界の話題で交際ゼロ日婚を聞いたことがある人も多いでしょう。 交際ゼロ日婚とは、全く文字そのまま、恋愛期間をゼロで結婚する方法です。 もしも、出会いの場で少しでも「いいな」と感じた人がいて、相手の結婚願望が強い方なら結婚という選択肢もありかも。恋愛の期間でお互いじっくり知り合う期間をすっ飛ばしているので、結婚してから新鮮な生活が待っています。 お互いを良く知らないリスクもありますが、結婚は勢いだとも言いますので、機会があれば交際ゼロ日婚もありかもしれません。

一人が好きで結婚に向いていない女性の特徴とは?

PCをする女性

一人好き女性の特徴は以下の4つです。

  • 気を遣い過ぎてしまう人
  • キャリアウーマン
  • 自分の軸を持っている
  • 大人数での集まりが苦手

 

これらの特徴に当てはまるなら、結婚には向いていないかも? それぞれを詳しくみていきましょう。

気を遣い過ぎてしまう人

自分よりも他人を優先して、誰にでも気を遣い過ぎてしまう人は、結婚に向きません。 常に周りを気にしてしまうため、自分に精神的な負荷がかかるため疲れてしまう。 そのため、一人でいることが心地よく感じます。 結婚すれば、当然ですが常に人と生活をするわけです。 自分のペースを崩して相手のペースで生活をすることが、自分の精神状態にとって大きな負担となります。 ほっとする場所である家庭が、逆に精神的にストレスになる場所になりかねないのです。

キャリアウーマン

バリバリ働いていて経済的にも自立している女性は、経済的な背景を理由に結婚する必要がなくなります。 むしろ、結婚した相手が家庭における男女の立場に平等な思考ではない場合、家事の負担や子育てで負担が多くなり、キャリアにとっては足枷になる場合も。 今まで培ってきたキャリアと将来性とを棒に振るのか、それとも結婚して夫のために生きるのかと選択を考えてしまうでしょう。 キャリアと家庭の問題は、現代社会においても未だ女性にとって大きな問題なのです。

自分の軸を持っている

確固たる自分の軸を持っている女性は一人を好む傾向にあります。 他人に流されないタイプなので、社会の常識や時間の流れを気にしません。 一般的に「婚期」とされる時期も、別に自分には関係のないことなので気にならないのです。 それよりも、人生で大切なことはやりたいことを楽しむこと、そして明確な目標に向かうことだと考えます。 マイペースという言い方もできますが、自分の世界観をしっかり持っているのですね。 ですので、魅力的な人であることも特徴です。

大人数での集まりが苦手

一人が好きな人は、個別でコミュニケーションを取るのは好きでも、大人数を苦手とする傾向にあります。 忘年会や趣味の集まりの飲み会など、いろんな人が集まる場所は面倒に感じてしまうことも。 多くの人が集まる場で、何をどう話せばいいのか悩んでしまうためできるだけ行きたくないのですね。 だからと言って、人間関係を築くのが嫌なわけでも、会話が嫌いなのではありません。 コミュニケ-ションは、一対一で深い話をして良く知ることを好む傾向にあるため、雑多な会話は無意味とも感じていることも。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事