元彼が連絡してくる本当の理由は?男性心理と復縁希望の場合の正しい対応

元彼が連絡してくる本当の理由は?男性心理と復縁希望の場合の正しい対応

カップル

連絡してくる元彼と復縁したいときの対処法

電話で話す女性

元彼に対して未練があったなら、久々の彼からの連絡はとても嬉しいことでしょう。 でも、嬉しいからといって焦って行動するのはNG!

  • 返信は一呼吸おいてから冷静にする
  • 別れた原因を解決してから復縁を進める
  • 自分の前向きな変化について話してみる
  • 時々好意をさりげなく見せる

 

この4点が復縁へのコツとなるので、参考にして行動してくださいね。

返信は一呼吸おいてから冷静にする

元彼への未練があるなら、連絡が来て嬉しい気持ちはとてもよくわかります。 ですがここで、早く会話をしたいからといってすぐ返信してしまうと、相手が優位になってしまうので要注意。 現時点では、相手にひとまず未練を悟られないようにするのがポイント。 付き合う前であれば、すぐに返信をすることでお互いの興味を示すことができます。

ですが、復縁したい気持ちを見せると元彼が優位な関係性になってしまい、最悪の場合身体だけの関係に陥ってしまう危険性も。 簡単には応じず、一呼吸おいて返信するようにしましょう。

別れた原因を解決してから復縁を進める

復縁で最も気を付けないといけないのは、同じことを繰り返さないということ。 なぜ別れたのか、お互いに原因を解決して乗り越えておかなければ、結果として同じ理由で同じ結果を繰り返すことになります。 何がお互いにダメだったのか、ちゃんとお互いに理解をして対策を取るようにしましょう。 中途半端な状態で会ってしまうと、同じ事を繰り返すどころか、その場限りになる恐れもあります。 失敗から学んで、今度はよりよい恋愛になるように互いの努力が必要なのです。

自分の前向きな変化について話してみる

久々の彼から連絡で、復縁したいなら暗い話題はNG。 明るい話題で前向きな姿勢を見せましょう。 間違っても、電話で泣いてしまうとか、寂しかったといった内容をくどくど語るなんてしてはいけません。 泣かれてしまっては、彼は罪悪感ばかりが大きくなって会いたい気持ちが遠のいてしまいます。 明るい話題で前向きに楽しく時間を過ごしましょう。 また、別れたときとは変わったあなた自身をアピールするのもポイント。 同じ相手との恋愛ですが、彼の知らないあなたの一面を見せることで、新しい恋愛になる期待ができるのです。

時々好意をさりげなく見せる

あからさまな好意は未練たらたらに見えますが、さりげない好意は相手の気を引くコツになります。 たとえば、元彼の好きな食べ物を覚えていたり、付き合っていたときにしてくれて嬉しかったエピソードを時折盛り込めば、彼はいろいろ覚えてくれていたことに感激するはず。 その感激は「まだ好きなのかな?」とちょっと相手に意識させることができるのです。 ちょっと高度なテクニックではありますが、さりげなく相手を褒めて気を引くようにしてみましょう。

元彼からの連絡が迷惑な場合の対処法

断る女性

まだ気持ちのある元彼からの連絡は嬉しいですが、正直、迷惑な場合もありますよね。 優しさで返信をしてしまうと、余計に面倒なことになりかねません。 元彼からの連絡が面倒と感じたときは

  • ラインは未読無視する
  • のらりくらりとやり過ごす
  • 忙しいから連絡できないと伝える

 

この3点を徹底しましょう。 同情で返信してしまうと長々連絡が来ることになるので注意が必要です。

ラインは未読無視する

元彼からの連絡を面倒に感じたら、未読無視をしましょう。 もう全く元彼に対して未練もなく、あるいは今彼がいる場合や新しく好きな男性がいるのであれば、過去を振り返る必要もありません。 「連絡がきたから返信しないと可哀想…」と1度返信すると、そこから元彼からの連絡がしつこくなる可能性があるのです。 元彼が粘着質な場合だと、既読になったことで返信をしていないことを責めてくるかも。 余計な面倒事を増やさないために、ラインは未読無視をしましょう。

のらりくらりとやり過ごす

返信するくらいならいいか、と感じるなら、あなたの近況を細かく伝えないことが大切です。 近況を報告すると、連絡に興味を持ってくれたと勘違いして連絡の頻度が上がりかねません。 ポイントは、さりげなく興味がないと伝えることです。 返信はそっけなく、当たり障りなくしてください。 直接的に「連絡しないで」と伝えてしまうと、いらない傷を相手に付けることになります。 それに、もしも彼の性格が攻撃的だと逆上されかねません。 元彼に対して関心がないことが伝われば、穏便に距離を置くことができます。

忙しいから連絡できないと伝える

さりげなく興味がないことを伝えているのに、彼に真意が届かないこともあるでしょう。 鈍感力のある元彼が頻繁に連絡してくるのであれば、伝家の宝刀「仕事」を持ちだしてください。 「仕事が忙しい」と言えば、彼もあなたを責めることができません。 それに、仕事を理由に数日未読無視して、その未読無視の期間を長くしていくことも可能。 一応「返信できなくてごめんね」と一言つけると信憑性が増します。 未読無視の時間を徐々に長くし、元彼が諦めて返信してこなくなるのを待ちましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事