元鞘に戻るの意味や使い方とは?元鞘カップルの恋の行方と結婚の可能性

元鞘に戻るの意味や使い方とは?元鞘カップルの恋の行方と結婚の可能性

カップル

元鞘(サヤ)に戻るとは主に男女の仲について使われます。「元鞘に戻る」の意味や正しい使い方を知っていきましょう。また元鞘に戻ったカップルのリアルな体験談をお伝えします。

「元鞘(サヤ)に戻る」という言い回しを聞いたことがある人も多いはず。 なんとなく意味はイメージできても、ちゃんと説明してください、と言われるとちょっと難しいかも。 そこで、元鞘とは何なのか、その意味や使い方をご紹介していきますのでこの機会に皆で学んでみましょう。 また実際に元鞘カップルの恋の行方や結婚の可能性をお伝えしていきます。

 

「元鞘」の意味は?「元の鞘に戻る」の正しい使い方

明け方に波打ち際を歩くカップル

まずは元鞘の意味からです。 そもそも鞘って何だ?って感じですよね。 元サヤの「サヤ」の漢字が「鞘」だと初めて見た人もいるのではないでしょうか。 ここでは

  • 元鞘に戻るの意味
  • 元鞘の使い方・例文
  • 元の鞘に収まるの類語
  • 元鞘に戻るの英語での言い方

 

についてお伝えしていきます。

元鞘に戻るの意味

「元鞘に戻る」の意味は「いったん仲違いしていた者が、再び元の親しい間柄に戻ること」を指します。 ですので、必ずしも恋愛とは限らないのですが、現在では恋愛としての要素が強いと言えるでしょう。 わかりやすく言えば復縁ですよね。 刀を納めておく筒の部分を「鞘」と呼び、そこに必ず刀が戻ってくる様を、人に対して用いた言葉です。 「必ず戻る」というのは、少しロマンティックにも感じますね。

元鞘の使い方・例文

元鞘の使い方としては、主に男女の関係が復縁したときに使います。 「あの2人は復縁したんだって!」というのを「あの2人は元鞘に戻ったって!」と言い換えることができるのです。 また、元に戻った2人として名詞として使うことも可能。 たとえば「あの2人は元鞘だよ」として使うことができるのです。 元鞘は状態にのみ使うので、できる、できないと合わせては使いません。 「復縁できない」というのは自然でも「元鞘できない」は不自然な使い方です。

元の鞘に収まるの類語

元の鞘に収まるの類語としては、まずは復縁があげられます。 他にも「元に戻る」「仲直りする」も類語として相応しいでしょう。 より男女の関係として特定された元鞘としての使い方であれば「焼け木杭(ぼっくい)に火がつく」という言い方があります。

一度焼けた木の杭は燃えやすいことから男女の再びの恋愛を比喩する言葉として用いられるようになりました。 焼け木杭に火が付いた結果、元鞘に収まったということです。

元鞘に戻るの英語での言い方

英語で元鞘を伝えたいなら「get back together」となります。 通常、getとともに使いますがそこには時勢があるのでどう使うかは状態によって変わります。 back together自体は恋愛以外にも使いますので、この表現が出たからといって、全てが恋愛とは限りませんので前後の文脈から意味を拾ってくださいね。

元鞘カップルの結婚はうまくいくか

新郎新婦

元鞘カップルの結婚はうまくいくかどうか、とても気になるところでしょう。 一度恋愛を終わらせているので、本当にうまくいくかの疑問は残るはず。 実は元鞘カップルには

  • 悪いことも知っているからうまくいく
  • 失敗を教訓にできるからうまくいく
  • そもそもご縁があるのかも?

 

元に戻ることで関係性にこういった期待ができるのです。

悪いことも知っているからうまくいく

元鞘に戻るということは、一旦別れるまでの原因となったお互いの悪い部分も踏まえて戻るこということ。 結婚後の生活において、このありのままのお互いを受け入れられるのは、とても強い結びつきを生みます。 と言うのも、付き合いが浅いカップルであれば、結婚まで良い面しか見えていません。 ですので、結婚して生活を共にすることで徐々に反りの合わない面が見えてくるのです。 しかし元鞘カップルはすでにどの面も知っています。 破局を乗り越えただけに、ちょっとやそっとの悪い面も今更動じない強さがあるのです。

失敗を教訓にできるからうまくいく

誰だって同じ失敗は繰り返したくありません。 とくに恋愛となると、別れは体力を奪うものです。

一旦別れを経験した元鞘カップルは、また同じ理由で別れることを避けたいため、必死に努力することでしょう。 相手が何をされたら怒るか、自分の何が至らないのか、2人の折り合い点はどこかなど、初めて同士のカップルよりも気を使って相手との距離を保ちます。 まさに失敗から学んだ経験を役立たせることができるのです。 また、万が一衝突したとしても、折り合いの付け方を分かっているのも強みですね。

そもそもご縁があるのかも?

結婚は縁だと言います。 縁のある人と惹かれ合って、落ち着くべき場所に落ち着くため、刀は鞘に戻りました。 元鞘カップルが結婚するのは、そもそも2人は切っても切れない縁で結ばれていたのでしょう。 運命や宿命、などと言うこともありますが、不思議な縁で2人が結ばれていたのだとすると、結婚しない方が不思議です。 そもそも、別れを選択した2人がまた元に戻ったのは、お互いにとって必要な存在であったから。 ほかの鞘では居心地が悪く、元の鞘に落ち着いただけのことなのですね。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事