元鞘に戻るの意味や使い方とは?元鞘カップルの恋の行方と結婚の可能性

元鞘に戻るの意味や使い方とは?元鞘カップルの恋の行方と結婚の可能性

カップル

元鞘に戻って結婚する人の確率は?

プロポーズ直前の男女

今、想いを寄せる元彼がいるあなたは、元鞘に戻って幸せな結婚を迎えたいと感じていることでしょう。 確かに、元鞘で結婚して幸せになる人はいますが、実は元鞘で結婚する人の割合は多くないのが現実。 某結婚情報誌が行ったアンケートによると、元鞘から結婚まで至ったカップルは3割を切る確率でした。 3割と聞くと確かに低い確率ですが、ポジティブに捉えればゼロではありません。 あなたが元彼と縁があると感じていれば、あなたがその3割に入る可能性はあるのです。

元鞘に戻る主なきっかけ

笑顔で電話する女性

元鞘に戻るにも、きっかけがなければ元鞘に戻ることができません。 元鞘カップルは、どのようなきっかけがあったのかを詳しくみていきましょう。 きっかけとして声にあがったのは

  • 偶然の再会
  • 元カレ・元カノから連絡が来た
  • 後悔して自分から連絡した

 

自ら動くことも、ときには必要のようですね。 それぞれどのようにチャンスを掴んだのかをみていきましょう。

偶然の再会

偶然に街で再会したのをきっかけに元鞘に戻ったカップルは少なくありません。 住んでいる地域が近かったり、職場が近かったり、あるいはお気に入りのカフェやバーが同じだと、偶然に再会することは充分にありえます。 別れてすぐは再会を避けたとしても、時間が経って冷静になっていれば元鞘のきっかけとなりやすいもの。

また、共通の友達の結婚式で再会して元鞘に戻るパターンも。 結婚式という幸せムードの中で再会するので、なんとなく元鞘に戻りやすいのだとか。

元カレ・元カノから連絡が来た

相手から連絡があって元鞘に戻るのもよくあることです。 もちろん、相手からの連絡のすべてが復縁希望とはなりませんが、なんとなく気になるから連絡した→連絡が増えた→会うことになった→元鞘、という構図は王道でしょう。 ですので、気になる元彼から連絡が来たら、焦らずに会話を楽しむようにしてください。 疑うばかりでそっけない態度を取ってしまえば、せっかくの機会を逃しかねません。 ただし、下心だけで元カノに連絡をしてくる男性もいるので、そのあたりは見極めるようにしましょう。

後悔して自分から連絡した

相手からの連絡ではなく、自分から連絡して復縁を勝ち取ったパターンもあります。 これが、振られて別れたよりも、振って別れた方が元鞘に戻りやすい方法です。 相手を振って別れたけど復縁したいと感じたら、後悔したことをちゃんと伝えてください。 そして、傷つけて反省していること、一緒にいた時間に感謝をしていることも伝えられればなお良いですね。 ただしはじめの連絡から復縁ばかりに意識をするのはNG。 相手の心は傷付いていますから、適度な距離を保って焦らずにコミュニケーションを取っていきましょう。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事