元鞘に戻るの意味や使い方とは?元鞘カップルの恋の行方と結婚の可能性

元鞘に戻るの意味や使い方とは?元鞘カップルの恋の行方と結婚の可能性

カップル

元鞘に戻ることを期待している男の行動とは

イヤフォンをつけて通話する男性

元鞘に戻ることを期待している男性は、その行動でわかります。 具体的には

  • メールやLINEが多い
  • 自分の話をしてくる
  • こちらを気遣う

 

など、改めて口説いてくる感じの行動が増加します。 簡単に言えば、自己アピールして良い印象を与えたいのですね。 あなたに久々に元彼から連絡がきたら、これらの行動がないかチェックしてみてくださいね。

メールやLINEが多い

あなたに忘れてほしくないため、メールやLINEといった連絡が増えます。 他愛のない会話から、付き合っている人がいるのかどうかといった核心に触れるまで、とにかく連絡をとっていたいのが復縁したい男性の心。 もちろん、中にはただ寂しさを埋めるだけに頻繁に連絡してくる人もいますが、あなたに対して恋愛の状況を聞いてきたなら元鞘に戻りたい気持ちが高まっていると考えて良いでしょう。 逆に、深い質問ではなくてただ「会いたい」とか「今暇?」とかだと、下心で連絡してきている可能性がありますので注意してください。

自分の話をしてくる

あなたに良いところをアピールしたいので、彼自身の話が増えます。 たとえば、会社で昇進した話や、最近買った車や時計といった高価な物の話、自己啓発してきた話など、とにかく「良い男」として見てもらえそうな話をしてくるのが特徴です。 また、元鞘に戻りたい場合、比較的早い時点でまだ彼女がいないことを伝えてくるでしょう。 自分をまた彼氏候補にしてほしい本音が見え隠れします。 あなたも元鞘に戻ることを考えているなら、真剣に彼の話を聞いてあげてくださいね。

こちらを気遣う

あなたの性格を理解しているため、事あるごとにあなたを気遣うでしょう。 これは、あなたを理解しているよというアピール。 仕事で頑張りすぎていないかとか、ちゃんと食べているのかとか、ちゃんと睡眠とっているのかとか、付き合っているときにその気遣いほしかったです!といった内容の気遣いをしてきます。 彼にすれば、再びあなたと連絡が取れているのが嬉しいのです。 気遣いと感じてしまうことも、彼からすればあなたを想う優しさなのでしょう。

元鞘がうまくいかない理由・注意点

険悪な雰囲気の男女

元鞘カップルには利点が多数ありますが、全ての元鞘カップルがうまくいくとも限りません。 先ほどの3割が示すとおり、うまくいかない場合も多いのです。 その理由として

  • 元鞘は基本的に難しい
  • 別れた理由を改善しないと続かない
  • 過去を蒸し返すと揉める可能性が
  • 夫婦は別居が長引くと危険

 

これらの理由が指摘されます。

元鞘は基本的に難しい

やはり1度ダメになった関係性は、修復が難しいのが現実です。 元鞘に戻ったとしても、初めのうちはお互い努力しても徐々に同じ問題が見え隠れし始めます。 2度目の破局は「やはりダメか」と結論を急ぎがちになる心理的特徴もあるので、なかなかかうまくいきません。 別れを経験した人なら、別れることは体力を消耗するのを感じたはずです。 そんなつらい想いを2度目は経験したくないため、元鞘には戻らないカップルが多いのが現実でしょう。

別れた理由を改善しないと続かない

お互いに成長せずに元鞘に戻ったとしても、必ずと言っていい程、同じ理由で破局を迎えます。 自分に非はない、相手が悪いといったスタンスでいては、別れの根本原因は改善されません。

たとえ相手が悪いと認識していたとしても、自分に非はなかったのか今一度考えることは大切です。 元鞘に戻るなら、お互いどのように前回の失敗を活かすのかは話し合った方が良いでしょう。 腹を割って話ができる関係性であれば、元鞘に戻っても上手くいきます。

過去を蒸し返すと揉める可能性が

男女の喧嘩で多いのが、今揉めていることから逸脱して、過去にまで遡ることで火に油が注がれる事象です。 一般的には女性に多い行動とされていますが、元鞘に戻るなら過去は全部流してしまいましょう。 「あのときこうだった」と言ったところで、あのときは戻ってきませんので蒸し返すことは無意味なのです。 蒸し返していらぬ争いを生んでしまっては、せっかく戻った鞘からまた刀は飛び出してしまいます。 お互いに過去は責めずに、新しい関係性だと認識して進むことを心掛けてくださいね。

夫婦は別居が長引くと危険

夫婦で今、戻るのか別の道を歩むのかを悩んでいるなら、別居は期間を決めて行うようにしてください。 というのも、1人になったことが心地良くなりすぎると、戻る選択肢がなくなっていきます。 別居はお互いの気持ちを取り戻すために始めたはずなのに、お互いに心が離れていくことが多いのです。 もちろん、お互いにとって別々の道を歩むことが真の幸せになることもあります。 ですが、あくまでも2人の関係性を修復したいのであれば、2人で問題を乗り越えるように努力をしてみてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

おすすめ記事